小沢 一郎「9条は残すべきだ。少なくても,その理念は」on Abema TV 2020/06/21 (簡単なメモ)

2020/07/05 hibiscus orange
20200705 hibiscus orange  .JPG

2020/07/06 hibiscus orange
20200706 hibiscus orange .JPG

❑ COVID-19 検査の徹底・治療体制の拡充と,医療,介護現場への支援は,会議で擦り合わせることではなく,政府が大車輪でやるべきことじゃないか

2020/07/03(金)曇りときどき雨。夜,大雨。最高気温28.7℃ 最低気温20.3℃

2020/07/04(土)曇りときどき雨。最高気温27.7℃ 最低気温20.0℃

2020/07/05(日)曇りときどき雨。最高気温28.1℃ 最低気温23.2℃。

 都知事選。午後4時過ぎ,少しだけ晴れ間がのぞいていて,私は投票所に行った。
 夜8時に,いきなり開票速報が出る。ソーシャル・ディスタンスで並んでいるのだから,8時きっかりにすべての人の投票が済んでいるわけはないのに。

 これまで一度も棄権したことのなかったJ君が,どうせ結果は見えていると,投票に行かなかったそうだ。
 そりゃあ気持ちは分かる。毎日混雑した電車で通勤して,まともな感染対策もしてこなかった小池百合子都知事が再選されるだろうって,腹に据えかねることだから

2020/07/06(月)雨ときどき曇り。最高気温26.9℃ 最低気温22.8℃。平均湿度92%。

 1日に西村経済再生担当が政府の専門家会議を廃止すると発表した。その後,政府は新型インフルエンザ等対策有識者会議の下に「新型コロナウイルス感染症対策分科会」いわゆる分科会を設けた。分科会は6日午後に初会合をもったという。
 政府に都合のいい集まりにしたかっただけじゃないのか。
 感染防止対策と言っても,原発事故の被曝対策とおなじく,科学的知見は軽視し,言い訳づくりをしたいんじゃないのか。

 検査の徹底,そして,治療体制の拡充と医療現場,介護現場への充分な支援は,会議でゴチャゴチャ擦り合わせるべきことではなく,本来,科学者たちの知見に基づいて政府が先頭に立ってやるべきことじゃないか


❑ 小沢 一郎「9条は残すべきだ。少なくても,その理念は」
 on Abema TV 2020/06/21 ~ 文字起こしではなく簡単なメモ

6月21日 Abema TV
カンニング竹山の土曜 The NIGHT
#106 ~小沢一郎氏 登場 ~


憲法9条
9条は残すべきだ。少なくても,その理念は。
安倍改憲「9条で軍隊強化」という発想がダメ。


憲法改正
憲法修正をNOではない。 憲法は,逐条で不備な点もある。そこを直したり加えたりする。
衆参のあり方。 参議院のチェック機能としての役目を明確にする。
憲法で禁止されている私学助成。 憲法を変える必要がある。


「安倍・安保法制」
この法は,廃棄すべきだ。
軍備の強化,軍国主義的傾向になるという心配を言う人は多い。
ところが憲法を骨抜きにした法「安倍・安保法制」は,自衛隊海外派兵を内閣の決定で一般法で,できる。 安倍さんも真っ正面からは言わない。 国民もマスコミも言わない。
国民と真っ正面から論じるべき。


自衛隊の海外派遣
国際紛争に関して自衛権の発動はダメというのが,憲法9条。
集団的自衛権であれ個別的自衛権であれ,自衛権の発動はいけない。
これは,本当に遵守すべき原理だ。
これまでは,それぞれの国が自分たちの利害で勝手に海外へ軍隊を出し戦争が起きていた。
日本もそうだった。 中国大陸に派兵したのも「邦人の利益が侵される」とか,「日本人の生命が危ない」とか。
2度の大戦 ― 日本と人類の反省に基づいて憲法ができている。
国際紛争に,勝手にそれぞれの国が軍隊を出してはいけない。
アメリカも駄目だ。勝手に軍隊を出している。

日本が独自で海外派兵するのは,絶対だめだ。
憲法の理念と世界の歴史に逆行する。
国際の平和は,個々の国が勝手にやるのではなく,国際社会によらなければならない。


国連
国連が機能していないから,日本が積極的に機能させるべきだ。

日本は国連加盟に際して「国連のためなら何でもします」という誓約書を提出して加盟を認められた。
人のことには無関心ではなくて,国連が決めたことには全面協力する。自衛隊を預ける。
戦力を出すのではなく,国連の要請によって国連に預ける。
この議論は,安倍さんの諮問会議でも9条に反しないという結論になった。ところが,安倍さんはそこをネグった。都合が悪いから。

国連軍という常備軍はないから各国が出す以外ない。国際平和のために出せと言われたら,出すべきだ。
結果的に現地で武力行使を行うのは,日本の行動ではない,自衛隊の行動ではない。国連の行動だから,憲法9条に反しない。


自衛隊は軍隊ではなく自衛の組織か?
それは詭弁だ。軍隊であり,戦力である。

たとえば,警察は武装している。それを行使するのは,自分のためではない。社会の役目として,任務として,行使する。
自分の正当防衛ではない。
たとえ殺人犯であっても,リンチしてはいけない。裁判にかける。
9条は,リンチはダメという意味。


中国の大国化に対する抑止力と,東アジアの防衛に9条改憲は必要か?
それは,戦力の増強の問題。武力行使するかとは別問題である。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


"小沢 一郎「9条は残すべきだ。少なくても,その理念は」on Abema TV 2020/06/21 (簡単なメモ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。