小沢一郎「国立私立問わず全学生を対象にして学費を減免する策などいくらでもある」

明石 昇二郎
「非正規雇用」 の割合を減らす有効策が見当たらないというなら、いっそのこと、「非正規雇用」システムの権化ともいえる労働者派遣業を 「違法行為である」 と定義し直すところから始めてみては

画像


1) 「非正規雇用」制度に対する規制強化を!!
 経済政策は,現実に起きている問題をより単純化することから始めるといい。
 では,何が起きているか。
 それは,労働者の権利を破壊しつくす「非正規雇用」なるシステムによる雇用の破壊であることは疑いない。
 だから,消費税の問題だけで衆参同日選を戦えるのか?
 消費税の増税だけに焦点をあてるのではなく,より大胆な「非正規雇用」制度に対する規制強化を実現しなければならない。

 そして,全国一律1500円の最低賃金を法制化すること。
 この2点だけでも,高齢化対策,少子化対策,地方活性化対策,また,たとえばブラック企業,サービス残業,パワハラ,セクハラ,保育環境がない,など,労働者が抱える個別の喫緊の問題への対策は,自ずと方向性を持つことができる。

2) 中小企業支援,救済で全国一律最低賃金1500円を実現!!
 3月には「業種別最低賃金の導入」 というまったくもってバカげた社会主義国の政策?! と驚くような発想が厚労省幹部から出てきていた。 「業種別」だからねえ。
 それでも,その案を必死に否定したのが菅官房長官だった。 賃上げはダメだという考えで,それは選挙を控えて,地方の中小企業の反発を恐れたからということだった。

 全国一律1500円の最低賃金で中小企業の人件費が高騰するなら,それに対する支援,救済策を採ればいい。
 かつて銀行が破綻しかけたとき,巨額の税を投入して救済できた日本だ。
 労働所得だけしかない層をいわば〈保全〉している中小企業を支援,救済する政策だって実現できるだろ。

3) ますます教育の不平等を亢進させる「大学等修学支援法」
 なお,「大学無償化法」という詐欺的名称により,これまで実施されていた減免措置も新制度の対象からはずれることになる。 「財務省は今までの減免措置が 『やり過ぎだった』 との立場だ」 とさえ報道されている。
 しかも、成績がどうのとか,取得単位がどうのとか,出席日数がどうのとか,まるで進学塾の安っぽいチラシに書いてある授業料免除のくだらない条件のようなのが満載で,辟易する。

 所得の不平等,地域間の不平等を解決もしないまま,ますます教育の不平等を亢進させる施策に怒りの声はまだ大きく上がっていない。 在京大メディアの責任は重い。


小沢 一郎 (事務所) 20190年5月13日
高等教育無償化。 全く無償化ではない。 極めて厳しい所得制限をかけ、本当の無償化対象は全学生のわずか5%、3分の1 支援で、やっと全学生の1割。 でも安倍政権が無償化といえば無償化になる。 国立私立問わず全学生を対象にして学費を減免する策などいくらでもある。 看板に偽りありをいつまで続けるのか。
画像


4) 改善しない労働者の賃金。 東京都の転職相談がパソナ。
 世耕広成・経産相が閣議後記者会見で 「中国経済の減速の影響から日本の輸出や鉱工業生産に弱さがみられるが,日本経済全体をみれば雇用や所得環境の改善が続いていて,企業の設備投資も底堅く推移する見込みだ」 と述べたと報道されている。

 「雇用や所得環境の改善が続いていて」?!
 これは,経営者とっては「改善」が続いているわけなんだろな。
 労働者の賃金が改善したり堅調であったりはしていない。
 かつて日本経済は「アメリカが風邪を引くと...」と言われていた。
 現在は中国経済の影響で,ということは,グローバリズムが庶民大衆の生活を破砕し,世界を滅ぼす道の真っただ中に私たちが放り込まれている状況のことか。

 経済を支える主体は,労働者だということを忘れてはならない。
 最近流行りの 「オマエのやってる単純労働は 近々 AI がやるんだ,今あるのをアリガタイと思え」 という嘘っぱちに騙されないようにしようね。
 AIが得意そうなのは,司法関係とか官僚なんかのやってる仕事なんだからね。

 さて,「非正規雇用」されている労働者,その典型であるロス・ジェネ,就職氷河期世代を安倍政権が「人生再設計第一世代」と言い換えたことも記憶に新しい。
 しかも東京都は「転職支援」だとして相談事業などやっているが,けっきょく税金の行方はパソナなんだよ。


◇ Business Journal
https://biz-journal.jp/2019/05/post_27776.html
2019.05.06
竹中平蔵パソナ現会長の “改革” で、4割が非正規雇用で働く日本に ・・・人に値する生活を営めず
文 = 明石昇二郎/ルポライター
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

◇ 東京しごとセンター 就活エクスプレス
https://shu-katu-express.com/interview/
当サイトは東京しごとセンター事業として公益財団法人東京しごと財団が株式会社パソナに運営を委託しています。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ




"小沢一郎「国立私立問わず全学生を対象にして学費を減免する策などいくらでもある」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント