とてもつまらなかった NHK BS1「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」

画像


 昨夜1月3日(木)21時から放送されたNHK BS1スペシャル「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」
再放送は11日(金)夕方6時から。

 安田洋祐(経済学・大阪大学准教授)がインタヴュした内容を パッチワークして構成されていた。
「日本を含め、いま世界各国で貧富の格差や不平等への関心が高まっている。」 (※) という視点からのインタヴュだったのだろうが,録画して書き起こしても,多分大した役に立つ知識はない。

 番組は1時間50分くらいなのに,出演者の人数も多すぎる。
 内容も,テクノロジーの革新と経済成長,市場経済のメカニズムの変容,仮想通貨の問題,国家を超える経済システムなどなど,論点満載で とっ散らかっていて,結局のところ何を言いたいのかよく分からない構成の番組だった。

 マルクス・ガブリエルの 「人間が使わなければパソコンもスマートフォンも〈存在〉できない」 とする,神格化された現代のテクノロジー批判を差しはさんだりはしていたが,何となくフリードリヒ・ハイエクの理論を主軸にしたいようなニュアンスが強かったように見えた。
 こんなのでほんとに「貧困と格差」の問題に迫れるのだろうかと,素朴な疑問がわいた。
 「ハイエクの語った“自由主義”は誤解されている」 という学者もいたし,「極端に不平等でも貧困層が充分に豊かな社会がいいのか。 全員が非常に貧困でも平等な社会がいいのか 」 と詭弁をいう学者もいた。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
【 出演者 】
安田洋祐,スコット・ギャロウェイ,ユヴァル・ノア・ハラリ,ロバート・スキデルスキー,ジャン・ティロール,トーマス・セドラチェク,ジョージ・セルギン,マルクス・ガブリエル,ライアン・コリンズ,グレン・ワイル,ジェフリー・ヴェルニック,フェリックス・マーティン,チャールズ・ホスキンソン
【 語り 】
やくしまる えつこ


(※)日経ビジネスONLINE
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/032900296/
ニュースを斬る
「市場で再分配が可能」という前提を疑え
格差問題の議論を通じて見えた市場の限界
安田洋祐

2016年3月30日(水)








"とてもつまらなかった NHK BS1「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント