小沢 一郎「9条は残すべきだ。少なくても,その理念は」on Abema TV 2020/06/21 (簡単なメモ)

2020/07/05 hibiscus orange
20200705 hibiscus orange  .JPG

2020/07/06 hibiscus orange
20200706 hibiscus orange .JPG

❑ COVID-19 検査の徹底・治療体制の拡充と,医療,介護現場への支援は,会議で擦り合わせることではなく,政府が大車輪でやるべきことじゃないか

2020/07/03(金)曇りときどき雨。夜,大雨。最高気温28.7℃ 最低気温20.3℃

2020/07/04(土)曇りときどき雨。最高気温27.7℃ 最低気温20.0℃

2020/07/05(日)曇りときどき雨。最高気温28.1℃ 最低気温23.2℃。

 都知事選。午後4時過ぎ,少しだけ晴れ間がのぞいていて,私は投票所に行った。
 夜8時に,いきなり開票速報が出る。ソーシャル・ディスタンスで並んでいるのだから,8時きっかりにすべての人の投票が済んでいるわけはないのに。

 これまで一度も棄権したことのなかったJ君が,どうせ結果は見えていると,投票に行かなかったそうだ。
 そりゃあ気持ちは分かる。毎日混雑した電車で通勤して,まともな感染対策もしてこなかった小池百合子都知事が再選されるだろうって,腹に据えかねることだから

2020/07/06(月)雨ときどき曇り。最高気温26.9℃ 最低気温22.8℃。平均湿度92%。

 1日に西村経済再生担当が政府の専門家会議を廃止すると発表した。その後,政府は新型インフルエンザ等対策有識者会議の下に「新型コロナウイルス感染症対策分科会」いわゆる分科会を設けた。分科会は6日午後に初会合をもったという。
 政府に都合のいい集まりにしたかっただけじゃないのか。
 感染防止対策と言っても,原発事故の被曝対策とおなじく,科学的知見は軽視し,言い訳づくりをしたいんじゃないのか。

 検査の徹底,そして,治療体制の拡充と医療現場,介護現場への充分な支援は,会議でゴチャゴチャ擦り合わせるべきことではなく,本来,科学者たちの知見に基づいて政府が先頭に立ってやるべきことじゃないか


❑ 小沢 一郎「9条は残すべきだ。少なくても,その理念は」
 on Abema TV 2020/06/21 ~ 文字起こしではなく簡単なメモ

6月21日 Abema TV
カンニング竹山の土曜 The NIGHT
#106 ~小沢一郎氏 登場 ~


憲法9条
9条は残すべきだ。少なくても,その理念は。
安倍改憲「9条で軍隊強化」という発想がダメ。


憲法改正
憲法修正をNOではない。 憲法は,逐条で不備な点もある。そこを直したり加えたりする。
衆参のあり方。 参議院のチェック機能としての役目を明確にする。
憲法で禁止されている私学助成。 憲法を変える必要がある。


「安倍・安保法制」
この法は,廃棄すべきだ。
軍備の強化,軍国主義的傾向になるという心配を言う人は多い。
ところが憲法を骨抜きにした法「安倍・安保法制」は,自衛隊海外派兵を内閣の決定で一般法で,できる。 安倍さんも真っ正面からは言わない。 国民もマスコミも言わない。
国民と真っ正面から論じるべき。


自衛隊の海外派遣
国際紛争に関して自衛権の発動はダメというのが,憲法9条。
集団的自衛権であれ個別的自衛権であれ,自衛権の発動はいけない。
これは,本当に遵守すべき原理だ。
これまでは,それぞれの国が自分たちの利害で勝手に海外へ軍隊を出し戦争が起きていた。
日本もそうだった。 中国大陸に派兵したのも「邦人の利益が侵される」とか,「日本人の生命が危ない」とか。
2度の大戦 ― 日本と人類の反省に基づいて憲法ができている。
国際紛争に,勝手にそれぞれの国が軍隊を出してはいけない。
アメリカも駄目だ。勝手に軍隊を出している。

日本が独自で海外派兵するのは,絶対だめだ。
憲法の理念と世界の歴史に逆行する。
国際の平和は,個々の国が勝手にやるのではなく,国際社会によらなければならない。


国連
国連が機能していないから,日本が積極的に機能させるべきだ。

日本は国連加盟に際して「国連のためなら何でもします」という誓約書を提出して加盟を認められた。
人のことには無関心ではなくて,国連が決めたことには全面協力する。自衛隊を預ける。
戦力を出すのではなく,国連の要請によって国連に預ける。
この議論は,安倍さんの諮問会議でも9条に反しないという結論になった。ところが,安倍さんはそこをネグった。都合が悪いから。

国連軍という常備軍はないから各国が出す以外ない。国際平和のために出せと言われたら,出すべきだ。
結果的に現地で武力行使を行うのは,日本の行動ではない,自衛隊の行動ではない。国連の行動だから,憲法9条に反しない。


自衛隊は軍隊ではなく自衛の組織か?
それは詭弁だ。軍隊であり,戦力である。

たとえば,警察は武装している。それを行使するのは,自分のためではない。社会の役目として,任務として,行使する。
自分の正当防衛ではない。
たとえ殺人犯であっても,リンチしてはいけない。裁判にかける。
9条は,リンチはダメという意味。


中国の大国化に対する抑止力と,東アジアの防衛に9条改憲は必要か?
それは,戦力の増強の問題。武力行使するかとは別問題である。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


小沢 一郎「世界で中央銀行が国内株を買っているのは日本だけ。株式市場が突然死したら、日本の経済産業はどうなるのか / 嘘がうまく、黒を白と言いくるめ、平然としていられる人間だけが官邸の手先として省庁の最高幹部に登用される。倫理観など求められていない。だからみんな辞めていく。時に死に追いやられる。行政は国民のためのもの。総理の私物でない」

小沢 一郎(事務所)on twitter 2020/07/06 & 07/07
https://twitter.com/ozawa_jimusho

2020/07/06
日銀は年間最大12兆円の国内株を買う方針。 このままいけば、近く市場の最大株主となり、企業の実質的な筆頭株主になるケースも急増。 世界で中央銀行が国内株を買っているのは日本だけ。 株式市場が壊れた体温計では、投資家の感覚も麻痺する。 株式市場が突然死したら、日本の経済産業はどうなるのか。
KYODO this.kiji.is
東証終値407円高

https://this.kiji.is/652752413873013857?c=39550187727945729
20200706 小沢 一郎(事務所)「日銀は年間最大12兆円の国内株を買う・・・.PNG


2020/07/06
「昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)が 広島県議のスタッフに 現金を渡した後の 昨年5月、安倍晋三首相の秘書がこの県議を訪ね、前法相の妻の参院議員案里容疑者(46)への支援を求めていたことが6日、関係者への取材で分かった」
KYODO  this.kiji.is
現金提供先を首相秘書が訪問 案里容疑者支援で 前法相差配か
昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)が広島県議のスタッフに現金を渡した後の昨年5月、安倍晋三首相の秘書がこの県議を訪ね、前法相の妻の参院議員案里容疑者(46)への支援を求めていた・・・

20200706 小沢 一郎(事務所)「参院選広島選挙区を巡る買収事件・・・.PNG


2020/07/07
いまこの国で起きていること。 嘘がうまく黒を白と言いくるめられる、それでいて平然としていられる、そういう人間だけが官邸の手先として省庁の最高幹部に登用される。 そもそも倫理観など求められていない。 だからみんな辞めていく。 時に死に追いやられる。 行政は国民のためのもの。 総理の私物でない。
20200707 小沢 一郎(事務所)「いまこの国で起きていること・・・.PNG


小沢一郎(事務所)さんがリツイート
共同通信公式 @kyodo_official 2020/07/06
https://twitter.com/kyodo_official
20200706 共同通信公式.PNG
森友問題で自殺の近畿財務局職員妻が提訴
https://this.kiji.is/652745495559095393?c=39550187727945729

毎日新聞 @mainichi 2020/07/07
https://twitter.com/mainichi
202007 毎日新聞「安倍首相 真っ赤な嘘をつく・・・.PNG
安倍首相は「必要があればちゅうちょなく」真っ赤な噓をつく?

日経新聞 電子版 @nikkei 2020/07/07
20200707 日経新聞電子版.PNG
感染症専門家グループが新型コロナウイルスの空気感染リスクを指摘するリポートを公開。換気の悪い室内では地上1.5メートルから数十メートル先まで浮遊する可能性があるとし予防策を勧告しています。

#新型コロナ #COVID19


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ



◇ 報 道
KYODO

https://this.kiji.is/652745495559095393?c=39550187727945729
森友問題で自殺の近畿財務局職員妻が提訴
2020/7/6 14:37 (JST)7/6 14:41 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し自殺した財務省近畿財務局職員の妻が6日、公務災害補償に関する文書を情報公開請求したのに、ほとんどの文書について開示するかどうかの期限を翌年とされたことの違法確認を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

KYODO
https://this.kiji.is/652752413873013857?c=39550187727945729
東証終値407円高
2020/7/6 15:04 (JST)7/6 16:36 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 週明け6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)終値は、前週末終値比407円96銭高の2万2714円44銭だった。

KYODO
https://this.kiji.is/652765503132009569?c=39550187727945729
現金提供先を首相秘書が訪問
案里容疑者支援で 前法相差配か

2020/7/6 16:38 (JST)7/6 19:49 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)が広島県議のスタッフに現金を渡した後の昨年5月、安倍晋三首相の秘書がこの県議を訪ね、前法相の妻の参院議員案里容疑者(46)への支援を求めていたことが6日、関係者への取材で分かった。
 案里議員は自民党本部の後押しで昨年3月に公認された。その後、複数の首相秘書が案里議員の陣営スタッフと一緒に地元議員を回っており、この県議も訪ねたとみられる。克行前法相は案里議員の陣営が立ち上げたLINEのグループで首相秘書の回り先を細かく指示しており、現金の提供先を意識し、選定した可能性がある。

毎日新聞
https://mainichi.jp/sunday/articles/20200706/org/00m/040/003000d
牧田郎の青い空白い雲
/774 安倍首相は「必要があればちゅうちょなく」真っ赤な噓をつく?

会員限定有料記事 2020年7月7日 05時00分(最終更新 7月7日 05時00分)
サンデー毎日
 安倍さん(晋三首相)の「お詫(わ)び」には慣れてしまった。「大変遺憾。かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感しております。国民の皆さまに深くお詫び申し上げます」

 側近の前法相の河井克行容疑者、参院議員・河井案里容疑者のご夫婦が公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕されても〝原稿読み〟で他人事(ひとごと)のように済まそうとする。

 しかし、その民主主義を蔑(ないがし)ろにした「巨悪」の中心にいたのは安倍さんではあるまいか?・・・

YAHOO! JAPAN ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/9eb605c5386edcfe2c8be883f6aebea98a427ba8
【独自】財務次官に太田主計局長、月内にも発令
7/7(火) 5:02配信 読売新聞オンライン
 政府は6日、財務省の岡本薫明次官(59)が退任し、後任に太田充主計局長(60)を充てる人事を固めた。月内にも発令する予定だ。  太田氏は、消費税増税による景気減速を避けるための経済対策や、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する緊急経済対策を盛り込んだ2020年度の2度の補正予算の編成などで主導的な役割を果たした。
20200706 YAHOO News 読売新聞オンライン.PNG

日経新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61226660X00C20A7000000/?n_cid=SNSTW005
「エアロゾル」で数十メートルに感染リスク 専門家が警告
2020/7/7 4:49 (2020/7/7 8:55更新)
【ニューヨーク=西邨紘子】世界32カ国の感染症専門家239人が、新型コロナウイルスの患者と濃厚接触しなくても感染するリスクを指摘した報告書を公開した。換気の悪い屋内などで微細な飛沫(エアロゾル)に含まれたウイルスが数十メートル浮遊し、感染する可能性があると指摘。高精度の空調フィルターや換気などの予防策を勧告し、世界保健機関(WHO)に対策の見直しを求めた。

専門家グループが6日、米感染症学会の学術誌「医療感染症(CID)」のサイトで公開した。豪クイーンズランド工科大学と米メリーランド大学の研究者が中心となり、各国の研究者の報告をまとめた。
報告書は、換気の悪い室内では地上1.5メートルの高さで感染者から放出されたウイルスを含んだ微細飛沫が空気の循環で数十メートル先まで移動する可能性があると指摘した。防止策として(1)効果の高い換気(2)高機能の空調フィルターや紫外線殺菌の導入(3)公共交通機関や公共スペースでの過密防止――といった対応を例示している。
WHOはこれまで、せきやくしゃみによる飛沫を吸い込む「飛沫感染」や、ウイルスが付いた手で口や鼻を触ることにより粘膜から感染する「接触感染」を新型コロナの主な感染経路とし、他人と距離をとる「ソーシャル・ディスタンシング」や手洗いを主な予防策として推進してきた。
飛沫は比較的重いため1~2メートル程度で落下するが、エアロゾルはより広い範囲を漂う。報告書をまとめた専門家は豪メディアで「1~2メートルを超えてウイルスが拡散するリスクがある」と述べ、対策の見直しを求めた。ロイター通信によると、WHOの報道官は「専門家と精査している」と述べた。