小沢 一郎「一番悪いのは誰だろう。1億5千万円もの大金を出したのは誰だろう。一体何のためだろう。総理は自分とは無縁の人物とでも言うつもりだろうか。総理はどこまで権力のやりたい放題が通じるか日々試している。試されているのは国民。国民の常識が試されている」

小沢 一郎(事務所)on twitter 2020/06/17 & 06/18
https://twitter.com/ozawa_jimusho

2020/06/17
平然と嘘をつく。 何も驚くことはない。 今や国会は、政権主催の嘘の品評会。 誰が一番うまく平然と嘘をつけるか、それこそが大臣や官僚の出世の条件。 総理が品評会の名誉委員長である。 ただし、嘘がばれれば、すぐ切られる。 頭が腐れば全部腐る。 国民は毎日、馬鹿にされている。
news.yahoo.co.jp
「前田ハウス」国会答弁に疑義 「250万 振り込んだ」音声を入手(文春オンライン)
  経産省・中小企業庁長官の前田泰宏氏(56)のテキサス“癒着”旅行問題 が国会にも波紋を広げる中、「週刊文春」は、前田長官が「前田ハウス」運営に直接かかわっていた・・・


20200617 小沢 一郎(事務所)「平然と嘘をつく・・・.PNG
202006 小沢 一郎(事務所)「前田ハウス」疑義・・・.PNG

朝日新聞
20200618 朝日新聞 河井夫妻逮捕へ .PNG
毎日新聞
20200618 毎日新聞 河井夫妻強制捜査 .PNG

2020/06/18
一番悪いのは誰だろう。 数千万円を地元の有力者にばらまいた、その原資と見られる1億5千万円もの大金を出したのは誰だろう。 一体何のためだろう。 総理は自分とは無縁の人物とでも言うつもりだろうか。 では、そんな人物、こんな無法者を法務大臣にしたのは誰だろう。 醜すぎる。
nhk.or.jp
河井前法相と案里参院議員 きょうにも逮捕へ 参院選買収の疑い|NHKニュース
【NHK】河井案里参議院議員が初当選した去年の参議院選挙をめぐり、夫の河井克行前法務大臣と案里議員が、票の取りまとめを依頼する目的で地元議員らに現金を配った・・・

20200618 小沢 一郎(事務所)「一番悪いのは誰だ・・・.PNG
202006 小沢 一郎(事務所)「河井前法相夫妻、今日逮捕・・・.PNG

毎日新聞
20200617 毎日新聞 国会閉会.PNG
20200617 毎日新聞 「首相隠し」 .PNG


2020/06/18
余人を以て代えがたい。 適材適所。 適正な人事。 皆うんざりだろう。 絶対に登用してはいけない人物をあえてその職につける。 大臣でも検事長でも国税庁長官でも。 総理はいわば常識に挑戦している。 どこまで権力のやりたい放題が通じるか日々試している。 試されているのは国民。 国民の常識が試されている。
共同通信公式 @kyodo_official
河井前法相夫妻を逮捕、検察当局 - 昨夏参院選で買収容疑
https://this.kiji.is/646225405585228897?c=39550187727945729

20200618小沢 一郎(事務所)「余人を以て代えがたい・・・.PNG


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ




◇ 報 道
YAHOO! JAPAN ニュース  

https://news.yahoo.co.jp/articles/44227da7385916e553e7ff7c43463fc10fd0167b
「前田ハウス」国会答弁に疑義 「250万振り込んだ」音声を入手
6/17(水)16:00配信 文春オンライン
  経産省・中小企業庁長官の前田泰宏氏(56)のテキサス“癒着”旅行問題 が国会にも波紋を広げる中、「週刊文春」は、前田長官が「前田ハウス」運営に直接かかわっていたことを示す音声やメールを入手した。その音声によれば、旅行直前の 2017年2月、前田氏は民間業者との会合の場で、「前田ハウス」の賃料として「250万振り込んだ」と明言している。

 前田氏は、2017年3月8日 から 12日、アメリカ・テキサス州オースティンで開かれる 大規模イベント「サウス・バイ・サウスウエスト」に参加。
現地アパートの一室を借り上げ、「前田ハウス」と称して 100人規模のパーティを毎晩のように行なっていた。

 国会で疑惑を追及されると、前田氏は「知人の一人がシェアハウスを借りて宿泊しようとしていたので、自分も参加することにした」などと述べ、自分はあくまで参加者の一人にすぎないと主張。またテキサス旅行の目的について前田氏は国会で「企業との意見交換や最新技術の動向に関する視察。旅行ではない」と断言している。

 ところが音声データでは前田氏自身が、〈泊まるとこなかったんでね、アパート貸し切ったんです〉と自ら場所を借りたことを告白。さらに民間業者の一人にアパートの賃料について問われると、
〈高い高い! え~っとね、6連泊でね、2500万振り込んだ。俺、離婚されるかなぁ思った〉と答え、
〈定期預金、一個崩したからね〉と嘯いている。

 前田ハウスは宿泊の定員を15名に設定し、「宿泊費+パーティ代」の名目で一人21万円を徴収していたが、前田氏は、別の民間業者に宿泊するようメールで勧誘していた。

〈いかがでしょうか。宿泊が一番いいですが、パーティなどでもいいと思います。

 ちなみに、宿泊の空きは3枠あります。 経産省 前田〉

 これらの音声やメールが指し示すのは、前田氏がアパートを自ら借り上げ、民間業者から参加費21万円を集金する実態にほかならない。

 さらに次の音声を聞くと、別の目的が浮かび上がってくる。
〈1人ダンサー連れて行こうかと……ダンサーアカンかったな(笑)こんなもんあれでしょ、もうなんか遊んでるか仕事してるか分かんないようにしとけっちゅうことなんでしょ〉(前田氏)

 公務員の倫理に詳しい国際基督教大学特任教授の西尾隆氏が指摘する。

「国家公務員法の第99条は『職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない』として、公務員の信用失墜行為を禁止している。前田氏の一連の行動はこれに当たると考えられる。疑惑や不信感を持つ国民に対して、納得のいく説明をしなくてはなりません」

経産省によると、前田氏のテキサス旅行には、経産省から交通費約69万円、滞在費8万6000円が前田氏に支出されている。前田ハウスが定員15名を満たしていた場合、利益が生じる可能性もあり、このテキサス旅行を巡る経費処理がどのようになっていたのか、前田氏はさらなる説明を求められそうだ。

 6月18日(木)発売の「週刊文春」では、前田氏の発言の詳細、民間業者に送った前田ハウス勧誘メールの他、電通下請け企業による博報堂への“妨害工作メール”についても詳報している。
「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年6月25日号


NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200618/k10012474431000.html
河井前法相と案里参院議員 きょうにも逮捕へ 参院選買収の疑い
2020年6月18日 5時02分 河井前法相夫妻 公選法違反事件
河井案里参議院議員が初当選した去年の参議院選挙をめぐり、夫の河井克行前法務大臣と案里議員が、票の取りまとめを依頼する目的で地元議員らに現金を配った疑いがあるとして、検察当局が河井夫妻に出頭を要請したことが関係者への取材で分かりました。 保守分裂の激しい選挙戦のさなかに、地元議員ら 100人近くにおよそ 2500万円に上る現金を配った疑いがあり、検察当局は18日にも、公職選挙法違反の買収の疑いで河井夫妻を逮捕するものとみられます。
河井案里議員が初当選した去年7月の参議院選挙をめぐり、陣営の資金が買収に使われた疑いがあるとみて、検察当局は夫の河井克行前法務大臣や案里議員から任意で事情を聴くなどして捜査を進めてきました。

その結果、案里議員が立候補を表明した去年3月以降、河井前大臣が票の取りまとめを依頼する目的で広島県議会議員などの地元議員や後援会幹部など100人近くに、合わせて現金およそ 2400万円を配り、案里議員自身も現金 百数十万円を配っていた疑いがあることが分かったということです。

関係者によりますと、検察当局はすでに河井夫妻に出頭を要請していて、18日にも公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕するものとみられます。

案里議員は去年3月、参議院広島選挙区で、自民党本部の支援を受けて党の2人目の候補として擁立され、地元の県連組織が推す当時の現職との保守分裂の激しい選挙戦の末に初当選しました。

一方、法務副大臣や総理大臣補佐官を歴任した河井前大臣は参議院選挙の後、法務大臣に就任しましたが、去年10月に選挙違反の疑いが週刊誌に報じられ辞任しました。

検察当局は、法務行政のトップだった前法務大臣の夫妻による、地元政界を巻き込んだ前例のない選挙違反事件の全容解明を進めることにしています。

河井夫妻は17日、自民党を離党しましたが、関係者によりますと、夫妻は違法な行為はしていないなどとして議員辞職はしない意向を示しているということです。

KYODO
https://this.kiji.is/646225405585228897?c=39550187727945729
河井前法相夫妻を逮捕、検察当局
昨夏参院選で買収容疑

2020/6/18 15:37 (JST)6/18 15:46 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、票の取りまとめなどを依頼する趣旨で地元県議らに現金を配ったとして、検察当局は18日、公選法違反(買収)の疑いで前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)を逮捕した。現職国会議員夫婦の逮捕は初めてとみられる。
 克行容疑者は首相補佐官を務めるなど安倍晋三首相に近く、政権へのダメージは必至だ。夫妻は任意聴取に買収行為を否定している。
 関係者によると、克行容疑者の関係先から押収されたリストなどから、約100人に対して克行容疑者が計約2400万円、案里容疑者が計約150万円を渡した疑いが持たれている。

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200617/k00/00m/010/236000c
逃げるように国会閉会、実態は「首相隠し」 安倍政権はなぜここまで追い込まれたのか
 政府・与党は17日、新型コロナウイルス感染症対策に注力することなどを理由に、通常国会の会期を延長せず閉会した。だが、実態は内閣支持率の急落を受け、「首相隠し」で世論の追及をかわす狙いがあるとみられる。なぜ安倍政権はここまで追い込まれたのだろうか。
 17日の国会閉会後、首相官邸に戻った安倍晋三首相は、野党が会期延長を求めた中での閉会について「閉会中でも求められれば政府として説明責任を果たす」と記者団に強調した。
 与野党は同日、閉会中も新型コロナウイルスへの対応などで関係する委員会を開くことで合意した。ただ、開催は衆参両院でそれぞれ週1回、それも週替わりで別の委員会を開くため、自民党幹部は「(一つの委員会は)1カ月に1回ぐらいだ」と指摘する。さらに予算委員会を開く場合でも、「皆さんがイメージするような予算委ではない」(自民幹部)と、新型コロナ対応が担当の西村康稔経済再生担当相らが答弁に立つことを想定する。…