志位 和夫「予備費10兆円のうち5兆円は2次補正にきちんと盛り込むべきだ。残る5兆円は削り、必要ならば3次補正を組めばよい。それが財政民主主義というものです」

 政府は10兆円もの予備費を計上した。議会の議決を経ずに例外的に政府の裁量で支出を決められる金額としては多額に過ぎる。野党は見直しを求めていた。
 そして,政府は,また,説明を果たさないかもしれない。


 自民の森山裕、立憲の安住淳の両国対委員長はこの日、国会内で会談し、予備費5兆円分の「大まかな使い道」について合意を交わした。
予備費の使用について「適時適切に国会に報告する」ことも確認した。こうした内容を、政府は財政演説で説明する。 
(6月5日 朝日新聞)

志位 和夫 on twitter 2020/06/06
https://twitter.com/shiikazuo
20200606 志位和夫「予備費10兆円・・・.PNG
政府・与党、予備費10兆円のうち 5兆円を、 ① 雇用と生活支援に1兆円、② 中小企業対策に2兆円、③ 医療体制強化に2兆円あてると。 ならば5兆円は2次補正にきちんと盛り込むべきだ。 残る5兆円は削り、必要ならば3次補正を組めばよい。 それが財政民主主義というものです。


2020/06/04(木)曇りのち一時晴れ。最高気温27.6℃ 最低気温20.6℃。

 漫画家のジョージ秋山さんが5月12日(火)に亡くなったと報じられたのは6月2日だった。
 私の母は,『浮浪雲』が連載されていた『ビッグコミックオリジナル』を毎週,発売と同時に買っていた。男性向け漫画誌だそうで,いつも行く本屋さんの若い店員さんに「小母さん,この漫画誌 好きなんだ!」と,ちょっとからかわれたことが嬉しそうだったのを想い出す。
 2009年には,日テレで 1月17日~3月14日 毎週土曜日,ジョージ秋山さんの『銭ゲバ』が放映されていた。およそテレビ向きではない「問題作」をドラマ化したのは脚本家・岡田惠和(よしかず)さんだという。時代設定は原作と違って2009年当時を反映させていた。見ごたえのあるドラマだった。


2020/06/05(金)芒種。薄曇りときどき晴れ。最高気温29.9℃ 最低気温20.0℃。
 朝の空気が入れ替わる。昨日までと違う暑さがやってきている。

 日本では,総理はネトウヨのお頭,副総理はレイシストの親分。ここまでヒドイことを容認してきたのは,じつは国民大衆なのだから。情けない。

 トランプ大統領は5月末には,中国が香港に「国家安全法」を導入することを批判し,香港の優遇措置を見直ししたばかりだ。
 ところが,アメリカ国内での「警察官によるジョージ・フロイド氏殺害事件」に対する抗議のデモに対しては「国内テロ」として排除しようとしているという。 
 自らの国の国民に銃を向けようとするトランプ大統領は,「アメリカ版・天安門事件」がお望みなのだろうか。



にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント