遅れている「持続化給付金」 政府が769億円で業務委託した法人「サービスデザイン推進協議会」はパソナ,電通,ITサービス業トランスコスモスが設立 = 安倍政権はまるで三流マフィア

2020/05/26(火)曇りのち雨。最高気温24.3℃ 最低気温18.6℃。
 外出自粛で園芸も流行していたみたいだけど,冷蔵庫で芽を出しはじめたアーリーレッド(紫玉ネギ,赤玉ネギ)を鉢植えにしてみた。タマネギの花は白い。これは紫の花が咲くのかな。楽しみだっちゃ

20200529 アーリーレッド   .JPG

2020/05/27(水)曇り一時晴れ,少しだけ雨。最高気温26.6℃ 最低気温18.4℃。蒸し暑い

2020/05/28(木)晴れ,夕方ザァーっと雨。最高気温25.2℃ 最低気温12.9℃

§ スーパーシティ法案が自公維の賛成多数で可決成立
 国家戦略特区域法の一部を改正する法律案(スーパーシティ法案)が,自民・公明・維新の賛成多数で,27日,参院本会議で可決,成立した。

 たかが一律給付金のオンライン申請でさえ,トラブルは続出した。
 申請者の入力ミスのような報道があるが,COVID-19「コロナ」禍のドサクサに紛れて不人気のマイナンバー・カード普及ありきで,簡便でありながら高いセキュリティ精度を保証するシステムの構築を怠ってきたことが透けて見える。
 それは,政府の責任であるのか,または「情報提供ネットワークシステム」の設計・開発業者であるコンソーシアム(共同事業体)にも責任はあるのか。
 2014年3月31日付け日経 XTEC によると,このコンソーシアムとは,NTTコミュニケーションズが代表で,NTTデータ,富士通,NEC,日立製作所の「大手5社連合」であるということだ。

 「IT化で快適な生活」ではなく,個人が自分の情報をコントロールできない中国のような監視社会の到来を懸念するしかない。

 本法の問題点及び危険性は,森ゆうこ議員(国民),大門実紀史議員(共産)の反対討論で指摘されている。



20200527 森ゆうこ.PNG
参議院議員 森ゆうこ @moriyukogiin・5月27日
https://twitter.com/moriyukogiin
参議院本会議 森 ゆうこ反対討論(スーパーシティ法案)
【動画】2020/05/27 「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案」
#森ゆうこ #検察官人事問題 #支持率急落 #国家戦略特区 #定年延長
https://www.youtube.com/watch?v=McrvTfeW3VU&feature=youtu.be
参議院議員 森ゆうこ
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/
令和2年5月27日 参議院本会議
国家戦略特区域法の一部を改正する法律案 反対討論
立憲・国民・新緑風会・社民
森ゆうこ



20200528 大門実紀史.PNG
大門実紀史(だいもんみきし) @mikisi_daimon1・5月28日
https://twitter.com/mikishi_daimon1
日本を中国のような監視社会にするな。 現場でつぶそうスーパーシテイ構想。 本会議反対討論・全体9分です。
https://www.youtube.com/watch?v=U4el2uFp6qM&feature=youtu.be

しんぶん赤旗
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-28/2020052802_03_0.html
スーパーシティ法が成立
個人の権利を侵害
大門議員反対討論


◇ 日経 XTEC
https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20140331/547394/
マイナンバー中枢システムはNTTコムなど「大手5社連合」が異例の落札、114億円で
玄 忠雄 日経コンピュータ  2014.03.31


§§ 遅れている「持続化給付金」 政府が769億円で業務委託した法人「サービスデザイン推進協議会」は パソナ,電通,ITサービス業トランスコスモスが設立 = 安倍政権はまるで三流マフィア

 アベノマスクも不透明な調達があったばかりだ。
 それも2割しか届いていないらしい。感染の多い地域からということだそうで,私には26日に配達されたが,調剤薬局でも2枚100円でサージカルマスクが買えるから,ホントに不必要。
 埼玉県深谷市の市立中学校で学校再開時にアベノマスク「着用を義務づけ」が記載されたプリントを配布。「安倍晋三記念中学校」を目指したかったのかな。それとも,こうした税の意味不明な使途,あるいは政府の COVID-19 対応の拙さについて,啓蒙したかったのかな。

 遅れに遅れている「持続化給付金」。
 政府が769億円で業務委託した「サービスデザイン推進協議会」なる法人は,パソナ,電通,ITサービス業トランスコスモスが設立した会社だそうで,しかも事務はほぼ丸投げで電通に再委託されているという。この法人の実態については,note 東京蒸留所 蒸留日誌で。



20200524 川内博史.PNG
川内 博史 @kawauchihirosi・5月24日
https://twitter.com/kawauchihiroshi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
持続化給付金の事務委託団体 「サービスデザイン推進協議会」 事務費を落札率99% 約780億で受注。 電通、パソナ、トランスコスモスの3社で設立。 事務は、ほぼ丸投げで電通に再委託。 団体の所在地に行ったが、リモートワークの貼紙があり誰もいない。 皆は必死で申請しているのに。

note
https://note.com/tokyodistillery/n/n6564a5ecf2a3
一般社団法人サービスデザイン推進協議会とは何者か。「持続化給付金」事務局の謎めいた正体を考える。
東京蒸留所 蒸留日誌



にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ



◇ 関連する報道
東京新聞 TOKYO Web

https://www.tokyo-np.co.jp/article/31661
給付遅れる コロナ「持続化給付金」 769億円で受託した法人の不透明な実態
2020年5月28日08時01分
 新型コロナウイルスの影響で売り上げが半減した中小企業などに・・・

東京新聞 TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31658
持続化給付金の他にも・・・経産省事業を4年で14件「実態は電通の人に聞いて」
2020年5月28日08時01分
 一般社団法人サービスデザイン推進協議会とはどんな団体か。ホームページに情報はほとんどなく、電話番号も公表されていない。・・・

5月28日発売
週刊文春 6月4日号

SCOOP!
トラブル続出 コロナ 持続化給付金」を769億円で受注したのは “幽霊法人”だった
「週刊文春」編集部

 安倍政権がコロナ不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」。約2兆3000億円の予算がついたこの事業を経産省から委託された一般社団法人が、実体のない“幽霊法人”だったことが「週刊文春」の取材で分かった。社団法人の代表理事が「週刊文春」の取材に対し、「何も活動がない」と認めた。・・・


この記事へのコメント