小沢 一郎「COVID-19検査拡大をなぜ他の国でやれて日本だけやれないのか、まともな説明はなし。政権の嘘を許したら、国民の命が奪われる」

小沢 一郎(事務所)on twitter 2020/04/30 & 05/01
https://twitter.com/ozawa_jimusho

2020/04/30
不良品だらけの布マスク。 何百億円もかけ、なぜ総理はここまで意固地になるのだろう。 委員会でつかれて激昂するその姿には、うすら寒い狂気すら感じる。 しかも、知り合いに気軽に頼むような経路不明な随意発注。 このくだらない怪しい配布を即刻取り止め、全て医療体制の整備拡充にこそ回すべきである。
あらかわ @kazu10233147
アベノマスク第4社目の「株式会社ユースビオ」。 入札でなく随意契約。 政府が契約を結んだ先月時点では、定款上で「マスクの製造業務」や「輸出業務」はない。 4月に入り「貿易及び輸出入代行」を追加。 政府が契約後に定款変更。 辻褄合わせ。 森友、加計、黒川と同じことをくり返す安倍。
(画像 news23)

20200430 小沢一郎(事務所)「不良品だらけの布マスク・・・.PNG
20200430 小沢一郎(事務所)「経路不明な随意契約・・・.PNG


2020/05/01
ごくわずかの検査による感染者数だけが日々、大本営発表みたいに盛んに報道され、鈍化傾向とかやっている。 検査をまともにやらず、ああだこうだ言える訳がない。 つい最近まで検査拡大を否定。 なぜ他の国でやれて日本だけやれないのか、まともな説明はなし。 政権の嘘を許したら、国民の命が奪われる。
BBC News Japan @bbcnewsjapan
BBCニュース‐日本の新型ウイルス検査、少なさに疑問の声
20200501 小沢一郎(事務所)「ごくわずかの検査・・・.PNG


参議院議員 森 ゆうこ
https://twitter.com/moriyukogiin
予算委員会補正予算森ゆうこ質問【動画】(2020/04/29_30)
youtu.be//rAr2ZOxzP6U

補正予算質問通告
コロナウイルス感染症対策総理の認識
医療提供体制の確保
雇用維持、事業継続、生活支援
複合災害の備え
感染症拡大下における自衛隊中東派遣の現状 等
staff
20200420 0430 予算委員会補正予算森ゆうこ質問.PNG


山羽明人 生き延びよう! みんな! がんばれ!
@cIHtcCLzQtI7ZPX
https://twitter.com/cIHtcCLzQtI7ZPX
200429参議院予算委員会
森議員「そんなに検査してますか?この国の国民は一体どのくらい感染してるんですか❢」

つぎの瞬間信じられない光景が展開する。 凍りつく政府与党席。首相も副首相も加藤大臣も感染者数が分からないのだ!この間1分間。知らん顔おスガさんもごらんください。カットなし。

https://twitter.com/i/status/1255424764153298946
20200429 参議院予算委員会 首相も副首相も加藤大臣も感染者数が分からない.PNG


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
参議院議員 森 ゆうこ
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/

国民民主党
https://www.dpfp.or.jp/


◇ 報 道
BBC NEWS JAPAN

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52482946
日本の新型ウイルス検査、少なさに疑問の声
2020年04月30日
ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員
日本はなぜロックダウンをしないのか? 世界中の友人から何度、そう聞かれたことだろう。ヨーロッパやアメリカの現状を考えれば不思議ではない。ただおそらく、問いの立て方が間違っている。台湾、香港、韓国、中国本土の大部分も、これまで一度も全面的なロックダウンを実施していない。
日本で起きていることを理解したがっている人にとってより不可解なのは、なぜ新型コロナウイルスの感染症COVID-19の検査がこれほど少ないのかだ。

ドイツや韓国と比べたとき、日本の検査件数は0を1つ付け忘れているようにみえる。
日本の感染流行の中心地、人口約930万人の東京をみてみよう。2月以降、COVID-19の検査を受けた人は1万981人しかいない。うち4000人強が陽性だった。
この結果は、検査人数の少なさと、陽性の割合の高さの両方において際立っている。
ここからわかるのは、日本ではすでに病状が明らかな人だけを検査していることだ。実際、医師向けのガイドラインは、患者が肺炎にかかっている場合だけ検査を勧めるべきだとしている。
そのため、検査を受けたいと思っている人の中に、かなり異常な経験をする人が出ている。
ジョーデイン・ヘイリーさんは、日本で翻訳家として働くアメリカ人だ。彼女はスカイプを通した取材で、日本語が達者ではない友人が検査を受けようとして、何が起きたかを語った。
彼女の友人に発熱とせきがみられたのは4月10日のことだった。ガイドラインに従い、4日間様子をみた。
「そのころには彼女は呼吸がしにくくなり、酸素欠乏で目まいもしていました」とジョーデインさんは話す。「COVIDホットラインに電話しました。支援を拒まれました。友人が病気なら彼女自身が救急車を呼ぶべきだと言われました」。
翌日(4月15日)、友人はクリニックを見つけ、肺のレントゲン撮影をしてもらった。医師は、おそらくCOVID-19にかかっているだろうが、入院するほど悪くはないと言った。そして、自宅に帰って自主隔離するよう伝えた。
翌16日深夜、友人からジョーデインさんに電話があった。友人は苦しんでいた。
「背後で救急隊員の声が聞こえました。彼女は激しくせき込んで息を切らし、何を言っているかわからないほどでした。受け入れてくれる病院が見つかるまで、2時間かかりました。その間、彼女の呼吸はどんどん苦しくなっていきました」
病院に着くと改めて肺のレントゲン撮影を受け、自宅近くの保健所に連絡してPCR検査を受けるよう言われた。しかし医師は紹介状を書こうとしなかった。友人はタクシーで自宅に戻された。
「彼女は病院で、タクシーに乗ったら窓を開けなさい、よくなるでしょうと言われたんです」と、ジョーデインさんはあきれた表情で言う。
4月17日になり、ジョーデインさんは近所の保健所に電話した。2時間にわたって電話はたらい回しされた。その後、いくつもの質問に答えた。そうしてやっと、友人の予約が取れた。ただ警告を受けた。
「友人は必ず通用口から入るように」。ジョーデインさんは告げられた。「彼女はどこで検査を受けるか、絶対に誰にも言ってはならない。混乱を招きますから」
命が脅かされていると考える人が不安を覚える以外に、それがどんな影響を及ぼすというのか? 日本のCOVID-19の死者はいまだ非常に少なく、400人に満たないのだ。
ソーシャルメディアで私はよく、こう言われる。「日本は本当に支援が必要な人を識別していて、医療も一流だ、だから死者がこんなに少ない」。
英キングス・コレッジ・ロンドンの渋谷健司教授によれば、これは間違いではない。
「医師の観点からはうなずけます」と彼は言う。「軽症は気にせず、重大な症状がみられるケースに集中して命を救う。検査は症状がみられる人に重点を置く」。
しかし公衆衛生の観点からは、検査を拡大しない日本の姿勢は極めて危険だと、渋谷教授は言う。
彼は東京の慶応大学の研究を指摘する。
同大学の付属病院は先週、COVID-19と無関係の病気や治療で入院した患者への、PCR検査に関する研究を公表した。それによると、対象患者の6%が陽性と判定された。
サンプル数が少なく、「一般化できるもの」ではない。それでも渋谷教授は、「とても衝撃的だった」と述べる。
「私たちは間違いなく、症状の出ていないケースや軽症のケースを見逃しています」と彼は言う。「地域での伝染は、広い範囲で明らかに起きている。この状況をとても懸念しています」。
いったい何人くらい? 彼もはっきりはわからない。ただ、慶応大学の結果から、公式発表の人数の20~50倍になるかもしれないと、渋谷教授はみている。つまり、日本で28万~70万人が感染している可能性があることになる。
検査が増えなければ実情はわからない。しかし事例証拠からは、感染は報告されているよりずっと広がっているとの見方に真実味があることがわかる。
比較的少ない死者の中には、有名コメディアンの志村けんさんや俳優の岡江久美子さんが含まれている。注目を集めた感染者としては、相撲の力士7人やテレビ司会者、元プロ野球選手2人、有名映画脚本家などがいる。
「現在東京で新たに感染が確認されている人の70~80%は、既知のクラスター(小集団)にいた人ではありません」と、日本医師会会長の横倉義武医師は言う。「もっと速やかにPCR検査を実施し、もっと素早く結果を出す必要があります」。
公式発表によれば、東京の新たな感染者はここ1週間、減少傾向にある。いいニュース? いや、必ずしもそうではない。
「人数は本当に減っていると信じたい」と横倉医師は話す。「しかし、それを判断するには検査の数が不十分です」。
このことは、日本が緊急事態宣言を解除できるかに直接影響を及ぼす。宣言は現時点で5月6日に終了の予定だ。
「現段階で緊急事態宣言は解除できません」と横倉医師は言う。「解除には、新たな感染者の安定的な減少と、実効再生産数が1を大きく下回ることが必要です」。
日本では今週、ゴールデンウィークが始まった。沖縄県の玉城デニー知事によると、連休中の沖縄への航空便を予約した人は6万人に上るという。
玉城知事は予約者に、来ないでほしいと訴えている。
「残念ですが沖縄は緊急事態宣言の体制です」と、彼はソーシャルメディアに書き込んだ。「どうか今の沖縄への旅はキャンセルしてください」。
来週は気温が上がり、晴れると予想されている。人々は海や山に向かい、必然的に自覚なしに新型ウイルスを連れて行く人が一定数、現れるだろう。
渋谷教授は、日本は現在の戦略を放棄し、検査を増やすことが必要不可欠だと話す。
「検査をもっと広げないと、この世界的流行を終わらせるのはかなり難しくなります」

この記事へのコメント