COVID-19 布マスクの配布もろくにできない自公政権。小池都知事「3密」がもたらした誤解。同調圧力を平等と誤認するコメンテータ

 2020/05/03 追記
 こういうことを,してはいけない。
 サージカルマスクを再利用するしかないときは,そのまま,手や顔の降れない場所でできれば紫外線(日光)を当てて1週間くらいつるしておいて,使うほうがマシ。


20200428 アイロン .JPG

2020/04/26(日)薄曇りときどき晴れ。最高気温24.2℃ 最低気温11.5℃。

地震 午前9時49分ころ 震源 茨城県南部 深さ70km M.4.8


2020/04/27(月)曇り,午後から降り始めた雨は深夜にやむ。 最高気温17.8℃ 最低気温8.5℃。
 ダメなのかもしれないが,私は使い捨てマスクを,再利用している。
 帰宅したらまず,石鹸の泡をめっさ泡立てて押し洗い,そして2~3回すすぐ。乾いたタオルに包んで水気を切り,少し乾かしてから,アイロンをかける。けば立ってこないうちは,こうやって使っている。
2020/05/03 追記
 こういうことを,してはいけない。
 サージカルマスクを再利用するしかないときは,そのまま,手や顔の降れない場所でできれば紫外線(日光)を当てて1週間くらいつるしておいて,使うほうがマシ。


§ 静岡4区補選の結果は安倍・自公政権の評価には当たらない
 たかが布マスクの配布もろくにできない自公政権が「評価」されたわけはない。
 26日投開票の静岡4区補選。投票率34・10%で,深澤氏(自民新人・公明推薦)が当選。
 有権者数 324.793人。21万4千人以上の有権者が棄権した。

 27日朝,選挙結果が出たあとになって,TBSテレビがチラッと報道していた。3月15日に安倍昭恵・首相夫人がマスクなしで熊本観光していたことや,首相がこれを「観光はしていない。3密にはあたらない」と発言したことなんかを。

 COVID-19 対策で,これまで政権がやってきたことは,「飲食店などなどは営業するな。国民大衆は,ただ我慢しろ。出て歩くな」
 これだけ。
 10万円一律給付も,遅すぎる。さっさとやっていれば,失業して万引きだとか,傷害事件だとか起こらなかったんじゃないの。

 医療従事者,介護従事者はもちろん,ゴミの収集をする人にも,危険手当は出せないの?

§§ COVID-19 小池都知事「3密」がもたらした誤解
 経路不明の感染とは,すなわち市中感染が拡大していることだとおもう。
 では,休業を要請されているパチンコ屋さんに人が集まるのも,業務継続をお願いされているスーパーに人が集まるのも,変わりないんじゃないの? 通勤電車はしかたないの?
 東京都ほか人口密集地では,とりわけ検査を拡充する施策が急務なんじゃないの。

 体力づくりの散歩は推奨されるが「3密」に注意して・・・とか,多くの人に「密集,密接,密閉」のベン図の真ん中にあたらなければ OK みたいな誤解を生ませた。
 SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)はエアロゾル感染をするのであれば,どの1つも感染リスクがあるということは,私の素人考えでも直感できたのに。

 キャパシティの問題だったそうだが「検査の抑制」によって医療現場には院内感染という大きな負担を押し付け,「軽症者は自宅療養」によって国民には家庭内感染という恐怖を押し付け,そして通勤電車を放置したまま「東京都はアブナイ」「日本の今の法律では外出制限を強化できない」というまやかし。

§§§ 平等とは,「みんながおなじく我慢していること」という同調圧力のことではない
 27日のテレ朝モーニングショーで,山口真由・弁護士が「みんな平等に我慢しているのだから,みんなで自粛を続けましょう」とコメントをしていた。ハーバード・ロースクールも泣き出すのではないか。 
 そもそも「我慢は美徳」なる価値観は問題なのは言わずもがな。
「みんなで同じ我慢をすること」は同調圧力であって,平等とは違う。

§§§§ ユヴァル・ノア・ハラリ「ウイルスは連帯したり協同したりはできないが,人間は連帯し協同することができる。持てる者は,出し惜しみをすべきではない」
 ポスト・コロナでは格差がもっと大きくなるという予測は後を絶たないが,日本では,すでにある経済的不平等や社会的不平等が,一気に噴出している。
 先週放送された,NHKのETV特集「緊急対談 パンデミックが変える世界 ~海外の知性が語る展望~」道傳愛子氏によるインタヴュ。私の記憶では,ややカットされている部分があるような気がするが,NEXTA PARTNER!S というサイトで文字起こしされている。

 とりあえず,強く私の記憶に残ったところのメモ。

イアン・ブレマー
1969年~ アメリカ 政治学者
・ コロナ以後の世界は,格差が大きく広がる。ほんとうに大きな格差,持てる者と持たざる者との差が大きくなる
・ 強く豊かな国は持ちこたえるだろうが,貧しい国は大きな打撃を受ける

ユヴァル・ノア・ハラリ
1976年~ イスラエル 歴史学者
・ 民主主義は,通常,平時には崩壊しない。崩壊するのは緊急事態のとき
・ ウイルスが決断するわけではない。政治的選択は政治家の仕事であり,政治家を監視するのが市民の仕事
・ ウイルスは連帯したり協同したりはできないが,人間は連帯し協同することができる
・ 持てる者は,出し惜しみをすべきではない

ジャック・アタリ
1943年~ フランス 経済学者
・ バランスのとれた連帯
・ 利他主義は合理的利己主義である



にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ




◇ 参 考
NEXTA PARTNER!S
「Eテレ:パンデミックが変える世界 ◆ イアン・ブレマー」

https://nexta.info/2020/04/21/%ef%bd%85%e3%83%86%e3%83%ac%ef%bc%9a%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%81%88%e3%82%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%80%e2%97%86%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb/

「Eテレ:パンデミックが変える世界 ◆ ユバル・ノア・ハラリ」
https://nexta.info/2020/04/21/%ef%bd%85%e3%83%86%e3%83%ac%ef%bc%9a%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%81%88%e3%82%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%80%e2%97%86%e3%83%a6%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%bb/

「Eテレ:パンデミックが変える世界 ◆ ジャック・アタリ」
https://nexta.info/2020/04/21/%ef%bd%85%e3%83%86%e3%83%ac%ef%bc%9a%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%81%88%e3%82%8b%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%80%e2%97%86%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af/

この記事へのコメント