COVID-19 政府は一刻も早く検査体制の確立とその健康保険適用を決めるべき

2020/02/17(月)曇りのちやや晴れ。最高気温が16.8℃だったというが,日差しが無かったので暖かく感じなかった。

日本国憲法
第5章 内閣
第68条
 2 内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。


 6日の新型コロナ対策本部の会議を3閣僚が欠席していた。
 お~い! 安倍首相や~い!!
 危機管理能力ゼロだとして,この3人を罷免できるんだけど,憲法は「詳らかにしない」んだろうかなあ!!


森雅子・法相 地元 書道展の表彰式に出ていた
小泉進次郎・環境相地元後援会の新年会に出ていた
萩生田光一・文科相 地元の消防団関係者の叙勲祝賀会に出ていた

2020/02/18(火)晴れ。最高気温は12.5℃でも,晴れて日差しが暖かい。

 安倍政権は,COVID-19 の検査治療体制の確立すらやる気はないのだろうか?
 危機管理能力がほぼゼロであることが毎日毎日明らかになる日本の安倍政権だから,推して知るべしなのだろうが。

 「WHOのテドロス事務局長が,COVID-19 では,SARSやMERSほど致命的ではないと記者会見で述べた」という報道があるが,感染力の強いこの新型コロナウイルスは,中国の症例データから致死率が2%と発表されているとしても,重症化する人の絶対数は多いわけで,これは気休めにもならない。
 たとえば10万人の感染者がいるとすれば,死亡は2千人にも上ることになる。

 政府の仕事は,正確な情報を発表して,検査体制や治療体制,そして休業補償も含めて国民の生命を守る施策を即断することである。そういう自覚はまったくないのが,安倍政権だ。
 このままでオリ・パラ開催するというのもふざけた話だ。


2月18日段階での報道
〔中国の公表〕
・中国本土での 死者1868人 感染者7万2436人
・4万4000人以上のデータ
 軽 症       約80%
 重 症(肺炎など) 約14%
 重 体(呼吸困難,多臓器不全など)約5%
 致死率   約2%

〔アメリカ・ロスアラモス研究所の論文〕
 2・4日ごとに感染者は2倍になるとみられる
感染力は当初の予想よりも強い
 一人の感染者から4・7人~6・6人の可能性

2020/02/19(水)雨水。最高気温は13.3℃。

 岩田健太郎教授は動画で,クルーズ船内での COVID-19 感染対策の不備を指摘した。
 ところが,橋本岳厚生労働副大臣は,クルーズ船内の画像「清潔ルート」「不潔ルート」をもって“反論”した。
20200220」橋本岳 「清潔ルート」「不潔ルート.PNG

 こうした厚労省の対応は,行政に対する不信感を増幅させると,気がついていないのだろうか。
 その後,岩田健太郎教授が「ゾーニングの問題を共有していただけて嬉しいです」として自身の動画を削除したそうだが,あらゆる専門家の具体的提言をただ否定して「私たちは一生懸命ガンバッてるんだ」と主張することに意味はない。
 ひとつひとつ問題点を検証して,改めるべきところ,変更するところ,あるいは現状のほうが優れているところ,という,まともな議論に持っていくべきであって,科学としての医療行為に私たちが求めることは,〈どっちがより正しいか〉ではなく,議論の過程でより有効な対策を発見し続けてもらうことに尽きる。


2020/02/20(木)薄曇り。最高気温13.1℃。
 とうとうダイヤモンド・プリンセスに乗船していて COVID-19 に感染した人が,二人も亡くなってしまった。実に痛ましい。

 そして,日々,全国で新型コロナウイルスの感染症例が報告されている。
 この新型コロナウイルスは,Airborne infection(エアボーン感染),いわゆる空気感染は,疑われないのか?
 ウイルスという人類にとって古くからある〈脅威〉は,東京地方のように人口密集した場所で,これからもまたヒトを試し続けるのだから,政府はせめて一刻も早く検査体制の確立とその健康保険適用を決めるべきではないか。


◇ REUTERS
https://jp.reuters.com/article/idJP2020021801001179
致死率SARSより低い2%
2020年2月18日
共同通信
 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は17日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎について、致死率が約2%で比較的低いとの見解を示し、「重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ほど致命的ではないとみられる」と述べた。
 中国が17日に提供した感染者約4万4千人の詳細なデータを基に分析した。約8割が軽症で、約14%が肺炎や息切れが起きる重症、約5%が呼吸困難や多臓器不全を起こし重体となった。子どもの感染例は比較的少ない。
 ともにコロナウイルスが原因のMERSは致死率が3割以上、SARSは約1割とされる。【共同通信】

この記事へのコメント