小沢一郎「COVID-19 政府はひたすら『流行』という二文字を避けているようだが『重症化してから初めて検査』はあり得ず、救える命も救えない」

小沢 一郎(事務所)on twitter 2020/02/17
https://twitter.com/ozawa_jimusho
このウイルスが風邪やインフルエンザとどう違い、どれくらい危険なのか、政府は明確に説明していない。それで手を洗え、人ごみを避けろ、外出するな、これだけ。重症化しないと検査しないのだから、実際どれくらい広まっているかわからない。それでいて「流行はない」と言い切る。隠蔽は許されない。

政府はこの期に及んで「国内発生の早期段階」と言っているが、現状認識が甘すぎる。専門家を集めるのも遅すぎる。危機管理の最悪の例。もはや水際対策は失敗、人から人への感染が相次いでいる。一刻も早く警戒レベルを引き上げ、感染者の早期発見・治療体制の強化を徹底しなければ手遅れになる。

総理日程を見ると、対策本部に数分間、形だけ出て、すぐお友達との会食に出かけてしまう。どれだけ危機意識をもっているのか疑問。「先手先手」とは口だけで、これまでは全て「後手後手」。まず、もはや患者がどれだけいるか不明の「緊急事態」であることをまず認めるべきである。

「重症化してから初めて検査」はあり得ず、救える命も救えない。政府はひたすら「流行」という二文字を避けているようだが、既に海外の報道を見る限り日本は感染拡大国と見られている。各自治体に相談窓口を増やし、検査を望む人が速やかに検査を受けられる体制を一刻も早く整備する必要がある。
20200217 小沢一郎(事務所)covid19 その1.PNG
20200217 小沢一郎(事務所)covid19 その2.PNG
20200217 小沢一郎(事務所)covid19 その3.PNG
20200217 小沢一郎(事務所)covid19 その4.PNG

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント