小沢一郎「4月解散否定できず。このままなら野党惨敗」

小沢 一郎(事務所)on twitter 2020/02/10 & 02/11
https://twitter.com/ozawa_jimusho
20200210 小沢一郎(事務所)政治塾最終日.PNG
本日は政治塾の最終日。塾長講義を行いました。テーマは「自由と平等について」。特に若い方々が現状維持に甘んずることなく、絶えず高い「理想」を掲げ、具体的に「行動」することの大切さについてお話しさせていただきました。

20200210 小沢一郎(事務所)「嘘つく安倍さん、万死に値する・・・.PNG
小沢一郎氏「平気で嘘つく安倍さんの罪、万死に値」(日刊スポーツ)
国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で開いた自身の政治塾で講演し、安倍晋三首相の政治姿勢を「万死に値する」と、強い口調で批判し・・・



20200210 小沢一郎(事務所)「今、この国では・・・.PNG
今この国では、統計は政権に都合よく簡単に偽装される。これなどもその典型例。オオカミ少年と同じ。総理を先頭に国がいつも嘘ばかりついているから誰からも信用されない。小学校の道徳の教科書には、きちんとこうある。「うそばかりついていると どうなるか 考えてみよう」
headlines.yahoo.co.jp
農産物輸出連続増の実態 大半は海外原料加工品? 経済効果検証できず(日本農業新聞)
農水省は、2019年の農林水産物・食品輸出額が「7年連続して増えた」と発表した。牛肉や乳製品、米が前年に比べて2割以上伸びたと胸を張るが、農産物輸出入という収支で見れば、輸出額は輸入額の1割に満たない・・・



20200210 小沢一郎(事務所)「このままなら・・・.PNG
小沢一郎氏「このままなら野党惨敗」合流協議破談で sannkei.com/politics/news/_... @Sankei news から
国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で講演し、同党と立憲民主党の合流協議が破談となったことについて「このままの状況でいけば(次期衆院選で)野党は自民党に勝てないどころか惨敗に終わる・・・



20200210 小沢一郎(事務所)4月解散・・・.PNG
KYODO
「4月の衆院解散否定できず」


朝日新聞(asahi shimbun)
20200210 朝日新聞.PNG
https://twitter.com/asahi
志位氏、小沢氏の政治塾に登場「一緒に政権奪おう」(朝日新聞DIGITAL)
 共産党の志位和夫委員長は9日夜、東京都内で開かれた国民民主党の小沢一郎衆院議員が主宰する政治塾で講演した。共産を含む「野党連合政権」構想に・・・



2020/02/11
20200211 小沢一郎(事務所)「総理とその手下・・・.PNG
総理とその手下の日銀総裁による意味不明な政策で全弾を撃ち尽くし、本当の経済危機が到来した時、やれることがほとんど残っていないという悪夢。初めからわかっていたこと。一体どう責任をとるつもりか。総理のこれまでから推察すれば、最後は全て日銀のせいにするだろう。
nhk.or.jp|NHKニュース
1月の企業倒産 5か月連続で前年同月上回る
企業の倒産が増加しています。先月の倒産件数は713件で5か月連続で前の年の同じ月を上回り・・・


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 報 道
YAHOO! JAPAN ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-02100255-nksports-soci
小沢一郎氏「平気で嘘つく安倍さんの罪、万死に値」
2/10(月) 11:39配信 日刊スポーツ
国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で開いた自身の政治塾で講演し、安倍晋三首相の政治姿勢を「万死に値する」と、強い口調で批判した。
首相の「桜を見る会」問題をめぐる発言などを念頭に「(安倍首相は)平気でうそをつく。子どもの悪ガキと同じで、悪いことをしているのに思わないのがいちばんの問題だ」と指摘。「『総理がうそをついているので、ぼくもついていいだろう』という空気を生んだことが、安倍総理の最大の罪悪だ。精神的なゆがみ、崩壊は、そう簡単には直らない」と述べた。
その上で「日本、日本民族に大きな弊害を与えた安倍さんの罪は、万死に値すると思う」と述べた。「経済格差(を生んだこと)もひどいが、日本人が長年美徳としている正直さやまじめさ、一生懸命というたぐいの倫理観が、まったく喪失している」とも評した。
一方、小沢氏は、野党結集の流れがこのまま進まなければ「次の選挙で野党は、どの党を問わず自民党に勝てないどころか惨敗の結果になる」と最大級の懸念を表明。「野党が団結できなければ(次の衆院選は)惨敗の結果に終わることは、特に、私が所属する国民民主党の皆さんはたぶん、それぞれの心の中では自覚していることだろうと思う」とした上で「それにもかかわらず、ああそれなのに、それなのに、ということだ」と、かつての流行歌のフレーズを引用しながら、野党結集の遅滞を嘆いた。
また「3月に予算が成立すれば、いつ解散総選挙があってもおかしくない」と、4月以降の衆院解散・総選挙の可能性に触れた上で「今、解散する理由はないが、総理大臣の経験者に聞くと、衆院解散は総理にとって快感らしい。全員のクビを切ることに引っ張られる、という傾向があるらしい」と言及。「安倍某という総理は、感情のおもむくがままにいく傾向がある。4月以降の解散は否定できない」との見通しを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010001-agrinews-bus_all
農産物輸出連続増の実態 大半は海外原料加工品? 経済効果検証できず
2/9(日) 7:07配信 日本農業新聞
 農水省は、2019年の農林水産物・食品輸出額が「7年連続して増えた」と発表した。牛肉や乳製品、米が前年に比べて2割以上伸びたと胸を張るが、農産物輸出入という収支で見れば、輸出額は輸入額の1割に満たない。首をかしげたくなるような品目も農産物に含まれている。農産物の輸出が増えたことで、農業経営にどの程度のプラスとマイナスがあるのかを説明するべきだろう。
 同省が7日に発表した輸出資料には、登場しない農産物の品目がある。「各種の調製食品のその他のその他」と呼ばれる関税コードに含まれる食品だ。896億円で、単一品目としては最大額。牛肉の297億円やリンゴの145億円を大きく上回る。前年に比べ約100億円伸びていることから、農産物全体の増加額216億円の半分は、この品目に属する食品の伸びが稼いだ計算だ。
 農産物輸出額増加の最大の功労者とも言えるが、実態は謎だ。
 「さまざまな食品類の寄せ集めで中身は分からない」というのが、7日の記者会見での同省の説明だ。こうした謎の「食品」が含まれている農産物輸出額を、政策目標とすることにどのような意味があるのか。
 農林中金総合研究所の清水徹朗理事研究員は「19年の農産物輸出額5877億円の中で、国産農産物やそれを原料にした日本酒などの加工食品は1000億円に満たないのではないか。多くは海外原料に依存した加工食品だ」と指摘する。
 農産物輸出によって、日本の農業にどの程度の経済効果が出るのだろうか。同省は「産地に聞き取りしたら、市場拡大に役立ったなどの声が寄せられた」と説明するものの、数字による影響評価は行っていない。経済連携協定を結ぶ時には、輸入増加でどの程度の影響があるかを示してきたのとは対照的だ。
 4月から施行される農林水産物・食品輸出促進法は、第1条で輸出によって「農林水産業及び食品産業の持続的な発展に寄与する」ことが目的だと明記してある。政府は近年、「証拠に基づく政策立案」を掲げてきた。政策は目的を明確にして数値による合理的な根拠で推進するべきだという内容だ。政府の農林水産物輸出政策は、具体的な効果が検証できない点で自らの方針に反している。
 欧州や米国では農産物貿易の分析で輸出と輸入のバランスが重視される。「牛肉や米の輸出が増えたと言っても日本の農産物は圧倒的に輸入が多い。輸出額だけを取り上げ過大評価するべきではない」と清水研究員は指摘する。
(特別編集委員・山田優)日本農業新聞

産経新聞 THE SANKEI NEWS
https://www.sankei.com/politics/news/200210/plt2002100003-n1.html
小沢一郎氏「このままなら野党惨敗」合流協議破談で
2020.2.10 11:21
 国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で講演し、同党と立憲民主党の合流協議が破談となったことについて「このままの状況でいけば(次期衆院選で)野党は自民党に勝てないどころか惨敗に終わる。国民民主党の皆さんはたぶん、心の中で自覚しているだろう」と述べた。自身が主宰する政治塾で語った。
 小沢氏は「(予算成立後の)4月以降は衆院解散・総選挙がいつあってもおかしくない。野党の結集を何としても図りたいが、今日ではまだ全く見通せない」とも語った。

KYODO
https://this.kiji.is/599530975707317345?c=39550187727945729
「4月の衆院解散否定できず」
小沢氏、野党共闘へ融和訴え
2020/2/10 18:21 (JST)2/10 18:33 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、東京都内で開かれた自身の政治塾で講演し「4月以降の衆院解散・総選挙は否定できない」と述べ、早期の野党勢力結集を呼び掛けた。9日には共産党の志位和夫委員長を初めて講師に招いた。元自民党の小沢氏が共産トップを招くのは異例。国民と立憲民主党の合流が実現しない中、次期衆院選での野党共闘に向けて融和を訴える狙いがある。
 講演で小沢氏は、衆院選について「このままでは野党は自民党に勝てないどころか惨敗に終わる。特に国民民主党の人は自覚していると思う」と指摘した。

朝日新聞 DIGITAL
https://www.asahi.com/articles/ASN2B65T2N2BUTFK00J.html?ref=tw_asahi
志位氏、小沢氏の政治塾に登場 「一緒に政権奪おう」
寺本大蔵、小林豪
2020年2月10日 19時18分
 共産党の志位和夫委員長は9日夜、東京都内で開かれた国民民主党の小沢一郎衆院議員が主宰する政治塾で講演した。共産を含む「野党連合政権」構想について、野党間で合意できるかどうかが今後の選挙協力のあり方にも関わると主張。「もうそろそろ決断してもいいのでは」と各党首に呼びかけた。
 志位氏が小沢氏の政治塾で講演するのは初めて。塾生ら約100人の前で志位氏は、小沢氏との関係について「二十数年間は立場が異なり、お互いに批判をし合う関係にあった」と説明。「この5年間は野党共闘を進めるうえで、小沢さんを信頼し、さまざまな協力をしてきた」と語った。
 志位氏は昨夏に打ち出した「野党連合政権」構想について、「政権をともにする政治的合意が大事だ。そろそろ我々と一緒に政権を奪っていく決断をしようではないか」と訴えた。
 小沢氏は志位氏の講演後、記者団に「共産党になんやかんや言う人もいるが、そんなことを言いながら、共産の票だけが欲しいというのはとんでもない」と述べ、志位氏と歩調を合わせた。小沢氏は10日は自ら講演し、「(新年度予算成立後の)4月以降はいつ衆院解散があってもおかしくない」と、早期の野党結集の必要性を強調した。(寺本大蔵、小林豪)

YAHOO! JAPAN ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-02100770-nksports-soci
小沢氏「歴代で最悪の内閣」安倍首相を厳しく批判
2/10(月) 20:06配信 日刊スポーツ
国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、東京都内で開いた自身の政治塾で講演し、安倍晋三首相の政治姿勢を厳しく批判した。「日本、日本民族に大きな弊害を与えた安倍さんは、万死に値すると思う」と、糾弾する場面もあった。
背景として「桜を見る会」などをめぐる発言を念頭に「安倍さんは平気でうそをつく。悪ガキと同じで、悪いことをしているのに思わないのが一番の問題だ」と指摘。「『総理がうそをついているので、ついていいだろう』という空気を国民の間に生んだことが、最大の罪悪。精神的なゆがみや崩壊はそう簡単に直らない」と指摘し「今までで最悪の内閣。子どもじみた総理を日本国民はトップに頂いている」と嘆いた。
一方で「3月に予算が成立すれば、いつ解散総選挙になってもおかしくない。安倍氏は感情のおもむくがままに動く傾向がある」と述べ、4月以降の衆院解散・総選挙の可能性に言及。本来、この日は「野党団結の経過と政権獲得の青写真」を話すはずが、国民と立憲民主党の合流は見送りに。「いったんご破算になりました」と無念さをにじませた小沢氏は「衆院解散になれば野党は自民党に勝てないどころか惨敗だ。特に、私が所属する国民民主党の皆さんは自覚しているだろう」と危機感を訴えた。
「桜」問題などスキャンダルが続いても、野党が安倍政権の脅威になれていない現実を踏まえて、早期結集の必要性を強調。9日の政治塾20周年記念講演の講師を、共産党の志位和夫委員長に託す異例の対応を取るなど、長年政局に関わってきた「剛腕」の、孤軍奮闘のアプローチが続いている。【中山知子】

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200210/k10012280061000.html
1月の企業倒産 5か月連続で前年同月上回る
2020年2月10日 16時38分
企業の倒産が増加しています。先月の倒産件数は713件で5か月連続で前の年の同じ月を上回り、調査した会社は消費税率引き上げ後の販売不振などに加え、新型コロナウイルスの感染拡大が製造業や観光業に及ぼす影響に注意が必要だとしています。
民間の信用調査会社、帝国データバンクによりますと、先月1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業の数は713件で、5か月連続で前の年の同じ月を上回りました。
去年10月の消費税率の引き上げ後の販売不振や、人手不足による人件費の高騰などを原因に、小売業の倒産が9.5%増えて173件。卸売り業が19.6%増えて122件になりました。
また今後については新型コロナウイルスの感染拡大が中国向けの輸出に依存する部品メーカーや、中国人観光客の利用が多い宿泊施設や飲食店などに及ぼす影響に注意が必要だとしています。
調査会社では「2003年に感染が広がったSARSのときは、旅行業などで倒産がみられた。新型ウイルスの感染拡大が事業の新たなリスクになっている」と指摘しています。

この記事へのコメント