Mr.ASO gave himself away , again. 再び馬脚を露した麻生副総理。国会日程上 安倍4選で「壊憲」と

 新聞記者の質問にすぐ答えようとはせず,「反社」のオッツアンさながらにネチネチと言葉を訂正させるまで言い掛かりをつける麻生副総理・財務相は,かつて終末医療について「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらう・・・」という発言もあった。
 記者の言葉をしつこく訂正させたわりには,合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ)を
トクシュゴウセイシュッセイリツ と言ってはばからない。少子化対策など頭の隅にもなさそうだ。加えて,「日本の家族制度」を安定させても国民生活の安定になるはずもない。
 そして,
「憲法は,ある日気づいたら,ワイマール憲法が変わって,ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね。」

https://4472752.at.webry.info/201308/article_2.html
2013年08月02日
Mr.ASO gave himself away. 麻生発言はたんなる“失言”ではない


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ テレ東NEWS
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2019/12/10/008037.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
2019.12.10 15:30
麻生氏「安倍4選」に言及ノーカット
20191210 テレ東NEWS .PNG

◆ 12月5日夕,政府は臨時閣議で事業規模26兆円程度の経済対策を決定。支出の方法として基金の活用を大規模にやると報道されている。中長期的な視野で政策を進められる利点もあるが,事後のチェックが難しくなるという指摘もある

何新聞だっけ? ( 記者「東京です」)

今回の経済対策に基金って単語は,何ページのどこにあんだか教えてごらん。基金って言葉,一切使われてないと思うけどな。

基金じゃないね。
あなたの今の言い方,気をつけろよ,これ,テレビで映ってんだから。
基金って言ったろ。
基金もあるしって言ったろ。基金って言葉,使われてないだろうが。
発表にはないわね。まずはっきりしておこうね,それだけ。
基金って言葉は今回の法案の中に。法案じゃなかった。あの,経済対策の中に基金って言葉は使われていない。
まずそれだけ,はっきりしようね。
返事は? <記者を指さす>
マイク入っとらんて。
大きな声で。
あなたの今の質問は違うわな。
基金って言葉使われてないんだよね。( 記者「先日の発表では使われておりません」)
使われてないね。( 記者「はい」)
にもかかわらず,あなたは基金と言ったけど,それは違うんだな。
はい。これぐらい質問に答えきらにゃ。なあ。代表して質問するんだから。
はい。少なくとも今,基金て言葉は示されていませんよ。
注意してやってきてましたから。
そのうえで,一般論として申しあげれば,この「基金について」ってのは,何つったっけ,この,何とか新聞の人が言ってたけども,利点ってのは確かにあるんですけども,執行管理って意味ではこれは継続しますんで,いわゆる,何て言うんだ,執行管理上の難しさもあるということから,基金方式による実施 というものに関しては,よほど必要があるとかいうことでない限りは予算処理上するというのは,よほどのもので,絞っては予算推定するという考えはしていますので。そういうことがないわけではありませんけれども,予算措置をした後においても,これはいわゆる所管している省庁が執行状況を継続的に把握すべきだと考えていますんで,我々としてはいわゆる行政改革推進会議だったかな...あすこに置けるように検証などをきちんとやっていただきます,ということで,いずれにしても財務省のほうとしては,基金方式というものに関しましては,極めて厳しい態度で臨んでいますし,また,適切な予算の執行というものは,確保されるということが重要なんで,あの基金方式であるとかないとかに係わらず,そういうものはきちんと対応していきたいと思っています。

◆ 自民税制調査会で5G導入促進を税制で支援するというが,その重要性とは

議論があるってのは知っていますよ。色々なこと前から言ってますけれども。
しかしこの,いわゆる税制改正について,これは与党での議論等色々あるんだと思いますんで。まあ,税制改正のプロセスというものの中で,まあ,検討していかれるんで,ちょっと今の段階で,どうこうコメントする段階にはありません。

◆ 寡婦控除制度の見直しの議論が進められている。現行制度では親の婚姻歴によって子どものいる世帯の支援のあり方が大きく変わってくることについて

これ,寡婦加算の控除の話してんの?
これはもう長~い話ですなあ。あなたの生まれる前からの話ですよ,こんな話は。ずうーっとやってきてるんだと思いますんで。
で,そのことに関して,色々なご意見があるんで,これをやると,いわゆる日本の家族制度の根幹が崩れると。
そういうことで,この話は,なし,という状態がずっと続いてたんだと記憶するんですね。私の記憶では。
で,傍ら,いわゆる少子高齢化にどうやって対応していくかという話の中から,子どもの話ってのは,こう,色々あるんですけども,先進国の中で最も少子化対策ってのは,上手くいってる国ってのはフランスってのあって,ここは,トクシュゴウセイシュッセイリツ は,2コンマ01かな,なんかになっているんだと記憶するんですが。
ここは,シャルル・ドゴールが大統領だった1940年代の終わりか50年代の初めか,あのころから,ここはもう60年以上長きに亘って,こういう制度をやってきている。今言われているような制度をやってきて,今の効果が出ているという事実は,そこにあるんだと思うんですね。
傍ら,結婚してねえからだとか,色んな話がよく出ますけれども。
日本で,結婚される女子の平均年齢は今,28点いくつ?
質問する人は,もっと関連して調べて来ないんだねえ。
28点2とか3になってんじゃないかなあ。
で,子どもの出産年齢は,30いくつだ? 31点...
それも知らねえのか。
31だか32だかになってるはずですよ。
ところがフランスでは,出産は28点いくつ。もうちょっと低かったかな。26点いくつだったな。結婚は,30いくつだったな。32ぐらい。
資料がおたくにはないんだろうけど,あるとこに行ったらありますから,その資料をもらってよく見て調べるといいけど。
そういう数字になってきてるという現実が,傍らあるんですよ。
だから,結婚する前に子どもが産まれて,産まれてから結婚してるって例のほうが,フランスとか,まあ日本以外,だいたいそうですなあ。
だからそこんところは,いかがなものかと言う例,話ってのはもう色々財務省なんかでやってる話じゃなくて,色々な所で色んな話がありますんで。
そういったものを考えていかないかんという話が,多分,自由民主党の中でも色々出てきているというのが,最近の流れで,そういった意見に非常に賛成だった方やら,反対だった方,女性議員に多かったんですけども。
いずれも何となくそういったものに対しては,いわゆる非嫡出子が生れたものに対してもちゃんと対応していくべきではないかっていう意見が,最近出始めてきて...うーん,まあ,税調の中でも出てきているという流れが一つあるんだというようには,理解してます。

◆『文藝春秋』インタヴュの中で「憲法改正をやるなら安倍総裁4選も覚悟してやるべきだ」という趣旨の発言をされた。安倍首相は9日の会見で「必ずや私の手で成し遂げたい」と述べた。総裁4選を支持するのか

憲法改正を,されるんでしょ?
聞いてんだよ,俺は。そういうぐあい趣旨で答えたんだから,<記者を指さしつつ>君,そう思ってんだろ? されんだろ?
憲法改正をやるということは,やられて,結果的に岸信介って人は,池田勇人がやってくれると思ったわけよ。
ね。
「寛容と忍耐」だとか,「所得倍増」とかいう話しか知らねえだろ <またしても記者を指さして> あんたの世代は。
俺たちは違うんだ。あの人は一番激しく憲法改正論者だったんだってことを知ってる世代よ,俺たちは。ねえ!
新聞だけ読んでるわけじゃないから。
その池田さんは,(総理大臣に)なった途端に,パッと変わったわけだよ。憲法改正論者じゃなくなった。
「所得倍増」「寛容と忍耐」。お坊さんみたいなこと言い始めたわけよ。
「寛容と忍耐」って,俺たち学生のとき聞いて,何だ? これ。 坊主の,坊主のあれかよ? って笑ったんだ,あの当時,学生で。それ記憶ありますけれども。
まあとにかく,それはそれとして。当時,高校生時代だったか,そんな話。高校だったか大学だったか。まあ,そんな時代がありましたから。ああ,大学だな,もうあの頃は,うーん。
そのころ終っていたんで,安倍総理が次の人に委ねた憲法改正っていうのが,やれると思ったら,岸さんの二の舞になるんじゃないの。
次の人は誰がやるんだか知らねえけど。
そういう可能性があるんだったら,自分でやらにゃあ。
当選...今,何すか...もう9回ぐらいになっておられるんだし,10回ぐらいになっておられんでしょうし。
まあ,衆議院で3回,参議院で3回,国政選挙で6回連続勝ってんだろ。
憲法改正ってのは,自由民主党の党是で書いてあるわけだからね。
そこだったら,やれるように,自分でやるっていう覚悟を決めてやられないと。
任期中にできりゃあいいですよ。
あと国会で何回ある? 3回か4回しかありませんから。その間にできるんなら,いいですよ。
だけど,できるアテがないんだったら,少なくともそこらんとこ対策を,考えにゃいかんというように考えるのが,当たりめえなんじゃないのかね。
国会日程上から言ったら,そういうことになっちゃうんだよ。誰が考えたって,そういう,日程からいくと,そういうことになる。
何回で上がるか知りませんけどね。それ次第ですよ。

この記事へのコメント