消費税増税10%の「買い控え」効果は食品り場におよんでいた。野党,結集! 山本太郎の勢いを味方につけろ!

20191001 成城石井レシート.JPG

❑ 消費税増税10%の「買い控え」効果は食品売り場におよんでいた

 消費税10%になってから,あれこれ問題を指摘されてもアホらしいだけじゃね? 今朝のNHK日曜討論は,なんかゴミだったね。

 10月1日 昼過ぎ,某ファッションビルに行った。増税初日のこともあってか,ブランド・ショップは軒並み,店員の数よりお客の数が,かなり少ない。例年より暑い日が続いていたので,私は半袖Tシャツが欲しかった。でも,店頭は,これでもかってほど秋冬物だけで飾られている。ま,そんなもんか。あるわけないよねえ...なんてぶらついていたら,昼食の時間が少なくなっちゃった。じゃあパンと紅茶にしようと1階にある成城石井ってスーパーに寄った。
 そこも,めっちゃ空いてた。
 おまけに,なんとなんと!! 閉店間際ならともかくも,普段の日中にはほとんどあり得ない割引き,菓子パン系の30%オフ商品が山積みだったのね。

 ようするに消費税10%による「買い控え」効果は,表面的には税率8%のままの食品売り場にまでおよんでいたってことよ。

 発酵バターのミニスイートパンは,デニッシュ風のパン,クランベリー入り2個、チョコレート入り2個,アップルパイ風2個で,ミニと言いつつ1人で計6個食べると,かなり満足感のある量。359円の30%オフで 251円+20円(税8%)=271円。
 紅茶は20パック入り。湯沸かしの手間はかかるけど2杯40円+3・2円(税8%)≒43円。
 昼食代314円。


❑ 野党,結集!!! 山本太郎の勢いを味方につけろ!!! 安倍・自公政権を倒せ!!

 ところで,政治家の皆さんはもちろん,経済学者の方々や,知識溢れる方々は,理論的に消費税を問題にしても,庶民の生活そのものをご覧になったことはあるのだろうか。理論はだいじだとしても,けっきょく増税効果で食事まできっちりと節約志向が波及しているって現実を。

 いずれにしても,安倍・自公政権と経産官僚,財務官僚の詐欺的政策の言い分の数々にだまされちゃあ,いけないよね。

 野党,本気で結集!!! 山本太郎の勢いを味方につけろ!!! 安倍・自公政権を倒せ!!

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ