映画「宮本から君へ」助成金の交付を取り消し ~ 国家権力が表現のあらゆる分野に目を光らせ日常的に取り締まる 自民改憲草案の ‟ 発動 ”

2019/10/22(火)雨のち曇り
「神権的国体論」と不可分だった天皇制は,民主主義に合致する「象徴天皇制」へ転換したのだろうか
下線部 参照
片山杜秀 島薗進『 近代天皇論 ――「神聖」か、「象徴」か』

 私はやはり以下のような素朴な点についてだけでも,天皇制は間違っていると思う。 
1)血統主義でしかない「万世一系」
2)国民統合の象徴であるのに,女性天皇を認めていない
3)政教分離の原則をないがしろにする行事に税金を投入している
4)「天皇の被災地訪問」などで希薄化されてきた近代的救貧対策。つまり福祉の切り捨て,社会保障制度の不安定化という政治の退化現象

2019/10/23(水)久しぶりの晴天。かなり暖かい

20191023 hibiscus orange.JPG

2019/10/24(木)霜降。曇り。気温が下がり,やや寒い
◆ 映画「宮本から君へ」助成金の交付を取り消し ~ 国家権力が表現のあらゆる分野に目を光らせ日常的に取り締まる「自民改憲草案」
 「あいちトリエンナーレ 2019」に続いて,今度はピエール瀧氏が出演していることで「公益性を損なう」と理屈を付けて,3月に内定していた助成金の交付を取り消したという。

 「自民党改憲草案」では,「人権相互の衝突の場合に限って,表現が自由放任されない」という日本国憲法の原則は,捨て去られる。
 すなわち,表現の自由に係る第21条に第2項を新設し「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、ならびにそれを目的として結社をすることは、認められない」と規定している。
 すなわち,「公益及び公の秩序」を制約の論理として使うことで,表現のあらゆる分野において,国家権力が日常的に恣意的な取り締まりができることを明文化しているのである。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


片山杜秀 島薗進『 近代天皇論 ――「神聖」か、「象徴」か』
片山杜秀 島薗進『近代天皇論 ―「神聖」か、「象徴」か』 .JPG

この記事へのコメント