憲法についての無知をさらけ出した河村たかし・名古屋市長

 表現の自由を保障するとは,表現されたこと,もの,行為について,自由闊達に議論が行われる環境を,政府また行政が保障する義務があるということだよ。
 表現行為そのものについて,あれは良し,これはダメ,とすることではないわけで,河村・名古屋市長は憲法の勉強以前に国語のオベンキョーから始めなければいけないんじゃね?
 名古屋市民の恥になること間違いないよ。
 
 なお,昨日もメモしたけど,立花・N国代表が人口問題について「あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺」と発言したことは人類全体に対する挑発という意図はあったのか?
 まあ,有権者すべてを小バカにした言い種ってだけじゃなく,人類が実現してきたあらゆる科学的知見や知識を否定している...いや,単に無知なのか。
  つまり,この発言は,立花氏自身が自らの存在を否定することなんだっていう自覚は,無いんだろうねえ。


https://mainichi.jp/articles/20190930/k00/00m/040/181000c
河村名古屋市長「暴力的で大変なこと」表現の不自由展再開で
毎日新聞2019年9月30日 18時16分(最終更新 9月30日 18時16分)


2019/09/28(土)晴れ後曇り。暑い
20190928 hibiscus red.JPG

2019/09/30(月)
 9月末というのに,まだ暑い。今さら消費税の問題点を解説し始めている大手マスメディアの情けなさ

20190930 hibiscus.JPG
20190930 hibiscus orange.JPG

2019/10/01(月)晴れ。10月になった。まだ暑い
20191001 hibiscus orange.JPG
20191001 hibiscus red.JPG

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190930/k00/00m/040/181000c
河村名古屋市長「暴力的で大変なこと」 表現の不自由展再開で
毎日新聞2019年9月30日 18時16分(最終更新 9月30日 18時16分)
あいちトリエンナーレ実行委員会の会長代行を務める、名古屋市の河村たかし市長は30日の定例記者会見で、「表現の不自由展・その後」の再開について「暴力的で大変なこと。表現の自由を著しく侵す」と持論を展開した。
 河村市長は、昭和天皇の肖像を素材にした映像作品や少女像などについて「トリエンナーレは市や県が主催する公共事業なので、(再開されれば)名古屋の人が公的に出すという意味を持つ」と述べ、「天皇陛下に敬意を払おうと思っている多くの人たちの表現の自由はどうなるのか。僕の精神では考えられない」と反論した。
 また、不自由展の再開に関して県側から事前連絡が一切なかったことを明らかにし「会長(大村秀章・愛知県知事)の専決処分ばっかりやってもらうと困る」と苦言を呈した。これまで再三、県に実行委員会の開催を求めてきたが、返答はないという。【野村阿悠子】







この記事へのコメント