小沢 一郎「国家戦略特区がえこひいきとお金儲けの手段になっている」

 1日中,雨が降った。 寒い。
 政府・与党はとうとう予算委員会の審議を拒否したまま,6月26日の閉会まで実質10日間もない。


§ 前川 喜平 「 特区制度の周りでゴロゴロしているのが 原英史や 高橋洋一。 親分は 竹中平蔵 」

小沢 一郎 (事務所) 2019/06/15
https://twitter.com/ozawa_jimusho
国家戦略特区がえこひいきとお金儲けの手段になっている。 総理の取り巻きだけが利益を得る。 官僚は隠蔽に血眼。 いったいいつの時代か。 司法やメディアのあり方を見ても、この国はもはや先進国とはいえない。 とても恥ずかしい国である。 笑って済ますか怒るか、それが問われている。
画像


前川 喜平 (右傾化を深く憂慮する一市民) 2019/06/14
https://twitter.com/brahmslover
国家戦略特区は利権の巣窟。 成田の国際医療福祉大学は、今の加計学園獣医学部の前例になったケース。 政権のお友達だけ特別扱いできてしまうのが国家戦略特区。 特区制度の周りでゴロゴロしているのが原英史や高橋洋一。 親分は竹中平蔵。
画像


§§ 年金保険料等を納め続けている非正規労働者を 心底バカにしている「年金問題=老後資金不足」

 「全然無いよりはマシだけど~」 なら,まだいいが,私たちは元気なうちに年金支給開始されるんだろうか?
 いずれにしても,貯蓄にも投資にも無縁な非正規労働者にとって,アホらしくなるような騒ぎなんだけどね。
 玉木雄一郎・国民民主党代表の本日付のブログ 『 「老後2000万円問題」の何が問題か』 では,冷静だなあと言うか,やっぱ優秀な元官僚だけあってと言うか,安倍政権批判の舌鋒はあまり鋭くない。
 おおよそのところを抜粋して見ると,いささか寒々しい気分になる。なお,オフィシャルサイトの本文には太字強調はありません。


衆議議員議員 たまき雄一郎
https://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-12480819326.html

もともと 100年安心プランが担保するのは 「年金財政の健全性」であって「国民生活の安心」ではありません。

平成16年の年金制度改革は <中略>前提条件が甘すぎたため、100年を待たずに枯渇しそうになっています。 つまり、国民生活の安心だけでなく、年金財政の安心も、両方心配な状況になっています。

今後どの程度年金が減るのか正確に示すことが大切です。 大丈夫と言い続けるのは単なる問題の先送りです。

年金問題は、とかく誰かを責めがちになりますが、本質的な原因は、少子高齢化で受益者と負担者のバランスが崩れていること、そして何より日本人の寿命が伸びていることです。 いずれにしても、無い袖はふれないので、長生きのリスクをどうカバーするのか、具体的な対策を考えていかなくてはなりません。

だからこそ、金融庁の報告書も受け取った上でちゃんと活用すればいいのです。 何より、最新の財政検証も早く出すべきです。 選挙を意識して、とにかく真実を隠そう、発表を遅らそうでは、年金制度に対する不信感が高まるだけです。 ましてや、役人に責任をおし付けることなど論外です。

この点に関して、安倍政権の対応は全くだめです。

§§§ 階 猛議員は政治家として,やや novice かな

 WEB RONZA で読んだ。

 「 なぜ私は、国民民主党を離党したのか 小沢一郎、細野豪志を支え、決別した階猛。 政治塾「新時代いわて」 を旗揚げした思い」 階 猛 衆議院議員
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019060500003.html

 いろいろ書いてあったが,階議員はけっきょく自分のことしか考えていない。 そして小沢一郎衆議院議員が東日本大震災の際,素早く被災地に直行しなかったと愚痴をこぼしているだけのように見える。
 私は被災者ではないが,あのとき福島第1原発のメルト・スルーという大事故が起きていたことを考えれば,国政をあずかる政治家が,単に被災地に駆けつければいいってもんじゃないことは自明だとおもう。
 階議員は「私はリベラル保守」といちいち喧伝しているのも,novice がピッタリかも。
 直近でウオール・ストリート・ジャーナルが安倍首相を評して使った言葉だから周知されてるよね。


◇ THE WALL STREET JOURNAL
https://www.wsj.com/
A Novice Player Gets a Painful Lesson in Middle East Peacemaking
中東和平交渉で新人に痛い教訓
Japanese Prime Minister Shinzo Abe ends trip to Iran with the U.S.-Iran conflict even more volatile than before
日本の安倍晋三首相がイラン訪問を終える アメリカとイランの対立は以前よりも(一触即発の)危機を増している

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ