「年金で暮らせない」まず謝らなくていいから消費税分は返金しろ!!

2019/06/06 roses white
画像


小沢一郎 (事務所) 2019/06/06
https://twitter.com/ozawa_jimusho
金融庁が 「年金はあてにならないので資産運用で老後資金2千万円を」 と言い出した。 100年安心の年金制度はどこへ? ゼロ金利の長期化に加え年金や日銀資金で底上げされた株もいつ暴落するかわからない。 賃金もどんどん下がる。 一体何をどうすればよいというのか? 国民をバカにするのもいい加減にすべき。

画像


§ とうとう社会保障制度を意図的に破綻させるのか
 金融庁は公的年金では老後資金が足りないので自助努力で貯蓄に励めという内容の指針を「資産形成を促す報告書」で示した。
 95歳まで(夫婦2人)生きると老後資金の不足分は2000万円,もしくは80歳まで生きるなら1300万円。
 年金支給 2割カット,しかも70歳まで働け,それでも老後資金は不足だ。自分でリスクを取って投資でもしろ!
 ということは,社会保障制度を意図的に破綻させているということだね。

 麻生太郎財務相にとっては2000万円くらいポケット‐マネーなんだろが,特殊詐欺のなかに 「自公政権・年金&消費税徴収詐欺」 は入らないのかな。

 五輪放映もある,「改憲」コマーシャルもガンガン垂れ流してくれ。 まだまだ濡れ手に粟を目論んでいる大メディアは,追及するつもりはない。 そういうことだね。 安定的収入のあるNHKは,民法のお仲間である必要はないはずなのに,ところがどっこい老後資金の投資について「解説」まで始める始末だ。

 「年金だけでは暮らせない」 のようなことは,以前,高齢者層が言っては,いた。 でもそれは,現役時代のように毎週末ホテルでディナーを食べたり,芝居を楽しんだり,年に1度は海外のリゾートでリフレッシュしたり,のような暮らしができなくなる,みたいなニュアンスで。

 今や,労働所得しかない層にとっては政治に対する不信を増大させ,高所得層と資産収入のある層にとっては財布の紐を固くさせる,つまりますます消費マインドを冷え込ませる発表で,いわば消費税の増税にあたって言うようなことじゃない。
 ほんとは何が起きているのか?

 辻本清美議員の感想は「まず謝れよ」ということだが,謝らなくていいから消費税分は返金しろ!

§§ 「安倍首相の在任日数は伊藤博文に並ぶ歴代3位」
 自民党幹部は 「野党の弱体化,官邸機能の強化」 と説明しているそうだが,国会の本義を毀損し,生活不安を煽り, 国民大衆の多くにとって良いことは1つとしてない政権が,なぜ長期の持続を可能にしているのか。

 東日本大震災と福島第1原発の事故が私たちにもたらした,毎日の小さな努力が一瞬にして水泡に帰すかもしれないという大きなトラウマは,悪い諦念を刻印しているのかもしれない。
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


§§§ 山井和則議員の言い訳,けっきょく大したことのない志だったのか
 いったいいつ政権交代をするつもりなの?
 「立憲民主党と国民民主党の架け橋,接着剤」?
 それじゃ,枝野代表を 「オリーブの木」 の大同団結に drag & drop することはできるの? 具体的に何をするの?
 けっきょく大したことのない志を夢見てるだけのように,私は感じるんだけどね。


山井 和則
https://twitter.com/yamanoikazunori
国民民主党を離党し、無所属となるご報告 統一地方選挙が終わり、通常国会での衆議院の主な法案審議が5月末で終わったことを区切りとして、本日、国民民主党に離党届を提出しました。 国民民主党は、私が今日までお世話になった素晴らしい政党ですが、このたび離党して、
無所属フォーラム(岡田克也代表)に所属し、岡田代表が仰っているように、「立憲民主党と国民民主党の架け橋となり、大きなかたまりとして大同団結できるように取り組む」ことにしました。
また、大きなかたまりになるまでの間、国会では、私が尊敬する同志である長妻さんが所属する立憲民主党・無所属フォーラムの会派に入り、国会活動をしたいと考えています。 今回の私の行動により、ご迷惑をおかけする方々に心よりお詫び申し上げます。
国民民主党には素晴らしい自治体議員や国会議員がたくさんおられます。国民民主党議員の立場で私もこの1年、立憲民主党との架け橋になり、大同団結すべく必死に努力しました。しかし、十分な結果が出せませんでした。そこで今度は、
無所属の立場で、両党の架け橋、接着剤になりたいと願っています。安倍政権の暴走にブレーキをかけ、「働く者や弱い立場の方々のための政治」、政権交代可能な政治を実現するためには、大同団結せねばなりません。 今まで以上に、国民の幸せのために全力で働きます。宜しくお願い申し上げます。
画像

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック