参議院議員・山本太郎 「私を総理大臣にしてください」

画像

K.Ohki (大木啓司)
https://twitter.com/ichikazeroka
山本太郎議員をあまりくさすつもりはないが、参院議員で会派に下足を預けているとはいえ無所属。そこで「私を総理大臣にしてください!」 と言う演説はかなり違和感がある。これは大志とも違う。氏の情熱とは別に議会制民主主義をどう考えているのだろうか。

zakzak by 夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190622/pol1906220004-n1.html
【参院選2019】 山本太郎氏“仰天”街頭演説ルポ 「私を総理大臣にしてください!」 選挙は時に“化け物”を生む…政権批判の左派野党より勢い!?
2019.6.22


れいわ新選組
https://www.reiwa-shinsengumi.com/

§ たった2か月で寄付が2億円を突破した「れいわ新選組」
 永田町のできごとが多くの人にとって〈他人事〉になっている状況は,ほぼ誰の目にも明らかです。 
 ところが,山本太郎議員の「れいわ新選組」は,たった2か月で寄付額が2億円を突破したそうですね。

 議会制民主主義や,国民国家の包括的設計および憲法観や,それらのことについて,政治家に求められる見識とか構想力は,たしかに議論に値します。

 では,実際に投票所には足を運ばない有権者は,何を思っているんでしょうか?
 たとえば,棄権する人のうちの半数は,それほど政治の恩恵を受けてはいない生活に甘んじいていると考えているのかもしれませんよ。 その人たちにとっては,誰が議員になったって自分の生活は変わりゃしないという “諦め” があったのじゃないのでしょうか。

 選良という意味内容が論理的整合性と志の高潔さによることは認めるとして,それでは,なぜ,たとえば丸山穂高議員や,三原じゅん子議員や,甘利明議員や,麻生太郎財務相や,安倍首相は,国会に居座っているんでしょうか。

 ひとりの議員の情熱に期待するしかなくなった有権者に対して,“知”や“論理”で選挙を戦おうとするから,立憲も国民も支持が伸びないんでしょね。

 まず,国会議員選挙でも供託金を10万円くらいに下げると,変化は少し起きると,私なら思うんですが。

 蛇足ですが,ホリエモンが口走った「年金デモ=税金泥棒」という無知蒙昧で低能な言い種は,持っているカネの多さにしか自身のレゾンデートルが無いという彼の悲哀をあからさまにしてしまいましたことよねえ。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック