小沢一郎「憲法を争点にしてダブルを打つ節はある。このままだと野党は全滅 」

画像


BS朝日 激論!クロスファイア
2019/06/02(日)
いざ選挙!! 小沢一郎氏に問う!
いかに野党をまとめ政権奪取するのか?
田原 総一朗


小沢 一郎

 国民民主党 衆議院議員

林 尚行
 朝日新聞大阪社会部デスク


画像

トランプ“おもてなし”外交
 国民にとって,国にとって,ためになる外交とは言えない。 “おもてなし”ではなく単なる媚びへつらい。
 日米二国間という困難な交渉で,どっちにしろアメリカの思うとおりにやられる。 農業は金額的には大きくはないが,自動車などその他の分野については相当な痛手を受けるだろう。
 安倍さんもトランプさんも お互いに日米同盟は良いと言わざるを得ないところが弱みだ。

アベノミクス
 安倍さんの「優勝劣敗」「強い者が勝てばいい」という政治の考え方が間違っている。

画像

国民民主党との合流
 国民民主党との合流は,野党結集の足がかり。

画像

参議院選挙,衆参同日(?)選挙
( 田原総一朗氏&林尚行氏 「前回選挙では野党の比例区全得票数は自民より多数だった」 )


 野党が弱い状態だと,憲法を争点に,それを大義名分にして,ダブルを打つ節はある。

 1人区で野党が勝利すれば,自民党に替わることができる。
 野党が合併しなくても 「オリーブの木」の結集なら,1日でできる。
 野党が勝てば安倍さんは退陣。
 枝野さんが旗を振れば1日で野党はまとまる。

 複数区については,複数の候補者を立てるのがいい。 候補者を絞ったら,数で負ける。 野党は結集し,選挙の母体を1つにしなくてはならない。
 単なる候補者一本化でなく,野党の実態的な一本化,つまり候補者の母体となる勢力が大きな 1つであることが必要。
 野田・元総理だってそう言ってるが,このままでは「りっけん」だけでなく 野党は全滅する。

 枝野さんが決断しなければ始まらない。 いずれ君子豹変するだろう。 「腕」よりも真心で口説きたい。

小池百合子
 あのとき小池さんが大きな志を持っていたなら,小池百合子首相が誕生していただろう。

◇ お断り
 これは,文字起こしではありません。 私的な備忘録です。 by レイニャン


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック