年収約千万円を超えると2千万円の人も1億円の人も皆,年金保険料は同じ

2019/06/17 20:17 満月 strawberry moon
画像


§ 新潟・山形地震のお見舞いを申しあげます

夜遅い時刻に地震があると,心細いことだろうとおもう。

ところで,今日20日午前1時55分頃,千葉県南東沖を震源とするM4.5の地震があった。
実際に揺れを感じた友だちによると、ごく短時間ではあったがドンと真下から突き上げる地震だったということだ。

私は,NHKラジオ第1で,午前2時ころ地震速報を聞いた。そこでテレビも点けてみた。速報はない。 しかも,テレビのデータ連動では 「過去24時間の地震(最大震度3以上)」 という情報の出し方になっていて,「24時間以内に最大震度3以上の地震はありません」 として,直下型に近い地震が起きても報道しないことにしているようだ。

地震は,震度3以上だけが問題なのか?
関東地方でも小さい地震はいつもある。 震度3以上でなければ,被害が広がる可能性はまったくないのだろうか。
阪神大震災の後,小さな揺れでも気象庁の発表を速報するようになっていたと記憶するが, スマホの普及などでテレビでは地震速報を縮小しているのだろうか?


2019/06/20 hibiscus red
画像


§§ 年金問題。共産党の提案は,実現可能性がある

これも,テレビ・ニュースではまったく報道されないこと。
昨日の党首討論で,安倍首相の答弁は時間潰しに終始し,まともに答える姿勢はなかった。

さて,志位和夫・日本共産党委員長の討論で,私は初めて知った。
高額所得者の年金保険料負担が,おそろしく優遇されていること。 それは給付にも上限があるからという理屈なんだろうが,とても納得できる仕組みじゃあない。

高額所得者優遇の年金保険料。 これ,誰もが知っているの?
月収62万円,ボーナスを含めて,年収では 約1000万円を越えると,年金保険料の負担は増えない。
年収約1000万円の上限額を超えると,2000万円の人も,1憶円の人も,皆,年金保険料は同じ。


また,志位和夫・日本共産党委員長の討論に対して,安倍首相は 「1兆数千億円で まかなえるものではなくて,7兆円という,まったく額が違うわけでありますから」 と口走っていたが,ここを掘り下げて報道するマスメディアは,ほぼ皆無だ。
言うに事欠いて 「追及する野党の迫力不足」 と,TBSラジオあたりは解説していたが,何より安倍首相のノラリクラリ,シドロモドロだけが際立っていたことくらいニュースにしなさいよ。


◇ 訂正しました
2019/06/22(土)13:55
小池 晃 書記局長 のツイートのコピーの一部をメモし忘れていました。 お詫びして追加訂正いたします。 申し訳ございません。 レイナ


志位和夫
https://twitter.com/shiikazuo

党首討論で、「マクロ経済スライド」を廃止し 「減らない年金」 にするための財源提案をしました。 年金保険料の上限額を、現行の1千万円から、健康保険なみに2千万円まで引き上げることで、1兆円の保険料収入を増やそうというもの。 首相は理解できなかったようで意味不明の答弁。 提案実現に力を!

「減らない年金」 にするための財源提案。 1、年金保険料の上限額を年収1千万円から健康保険なみに2千万円まで引き上げる。 2、米国でやっているように高額所得者の年金給付の伸びを抑制する仕組みを入れる。 3、毎年1兆円の保険料収入増。 高額所得者優遇の上限額を引き上げようということです!

首相は 「減らない年金」 にするための私の財源提案 (年金保険料の上限額引き上げ) を、「検証しなければ数字は明らかではない」 と言いつつ、「ばかげた案」と拒否した。 「減らない年金」 にするための建設的提案を、「検証」 もせずに否定する。 この態度こそ 「ばかげた態度」というほかないではないか?

首相は、苦し紛れに、「共産党が 『マクロ経済スライドをなくすためには 7兆円が必要』 と言ったかのような答弁を行った。 とんでもない勘違いで、わが党はそんなことは一度も言っていない。 わが党が言ってもいないことを勝手に作り上げそれに「反論」する。 論じるに値しない最低のものというほかない。

党首討論の議事録を精査したところ、首相は 「マクロ経済スライドを廃止し、将来の受給者の給付が減らないようにする上においては、七兆円の財源が必要です」 と答弁している。 これが事実とすると、「マクロ経済スライドで奪われる年金が七兆円」という極めて重大なことになる。説明を求めていきたい。
画像

画像

画像

画像

画像


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック