小沢一郎「馬鹿にされているのは国民」森ゆうこ「国家戦略特区 真っ黒じゃないか」

 参議院選挙は7月21日執行か。とすると公示日7月4日(木)までちょうど3週間。
 安倍内閣にとってあれこれ不都合なことが露出している。
 政府・与党は,公的年金制度の健全性を5年に1度チェックする財政検証の公表を遅らせ,利益供与が疑われる国家戦略特区のWG原英史座長代理が関与した規制改革案では「ヒアリング隠し」をした答弁書を決定するなど,異常な状況が続いている。

 「国難突破解散」という意味不明な総選挙で延命した安倍政権だが,続いているのは 国難簇出(そうしゅつ)で,ふつうなら簡単に政権交代する好機のはずなのにねえ。
〔簇出 : むらがり出ること〕

 ところが在京大メディア,とくにテレビでは「どうしたらチョットでも余計に年金をもらえるか」という小手先の損得に関心が集まるだけの編集に余念がない。
 「100年安心の年金制度」が「100年安心の国民の態度」 つまり,せいぜい陰でブツクサ文句言うだけで 何の抵抗もなくコツコツと年金保険料を没収させてくれる国民はチョロいもんだ,あとは勝手に投資でもして老後に備えろという政府・与党の無責任を全力応援する,恐るべし在京大メディア。

 ところで,今のところ,国民民主党もれいわ新選組も,無党派層にとってはもちろん,政治にそれほど関心がない人たちにとっては,それナアニ? っていう反応しかない。 共産党や立憲民主党は,それなりに知名度はあるにしても,政権政党として選択されそうな勢いは,ない。

 もういい加減に,野党はさっさと結集してくださいな。


小沢 一郎 (事務所)
https://twitter.com/ozawa_jimusho
2019/06/12
そもそも公文書の改竄を何とも思わない政権だから審議会の報告書の存在など簡単に消せる訳だ。 どうしようもない。 とにかく自分達に都合の悪いことは全て隠滅し、現場に押し付けるという意味では一貫している。 あとは国民の判断ということになる。
画像

2019/06/12
正に特区ビジネス。 加計学園問題と全く同じ。 総理と官邸のお友達が権力で不正に利益を得る。 氷山の一角。 度重なる不正や一部が儲ける利権構造を笑って済ますか、普通に怒るか、最後は国民の判断。 国民の判断こそが国の命運を決める。 そして、その機会はすぐそこまで来ている。
画像

2019/06/13
年金の定期検診である財政検証も選挙が終わるまで隠蔽。年金運用で大損を出していた事実を選挙後まで隠していた前回と同じ。予算委員会は開かず、審議会の報告も勝手に消去。国民に肝心なことを知らせない政権。馬鹿にされているのは国民。笑って済ませば、やりたい放題やる。
画像


参議院議員 森ゆうこ
https://twitter.com/moriyukogiin
2019/06/11
国家戦略特区 議事録そのものを隠ぺい ではなく 会議の開催自体を隠ぺい 国家戦略特区は、安倍総理の強力なリーダーシップで、岩盤規制を突破することをうたい文句にしている。だからこそ、特定の法人や個人などへの利益誘導にならないように透明性の確保が大前提。
画像

2019/06/11
国家戦略特区 「一点のくもりもない」と安倍総理は繰り返し国会で答弁していたが、真っ黒じゃないか。 しかも、原座長代理関連会社がお金までもらっていた。
画像

2019/06/11
本日の農林水産委員会質問で、国家戦略特区の集中審議を要求した。 昨年の漁業法審議の大前提が崩れている。 法案審議をやり直せ!法案そのものを出し直せ!
画像


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


金融庁
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html
金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書 の公表について
金融審議会「市場ワーキング・グループ」(座長 神田秀樹 学習院大学大学院法務研究科教授)においては、平成30年9月より、計12回にわたり、「高齢社会における金融サービスのあり方」など「国民の安定的な資産形成」を中心に検討・審議を行って来ました。

これらの審議を踏まえ、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」(別紙1)が同ワーキング・グループにおいてとりまとめられましたので、公表します。
以上
(別紙1) 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf
(別紙2) 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」資料
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/02.pdf
(参考) 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の概要
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/03.pdf

お問い合わせ先
金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
企画市場局市場課(内線2638、3628)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック