玉木 雄一郎「 小沢さんに謝ってもらいたい 」

 玉木雄一郎代表が,小沢さん自身にどこかで総括してもらいたいし,国民に対して小沢さんは謝るべきだと言っていた。 それは,旧民主党がお互い反省をしたり,総括をしたりする姿を国民に見せて,もう一度,大義のために,国民のために,力を合わせるんだという,ある種の修復の物語を見せて,国民の信頼を取り戻すことが,政策以前に必要だという考えからだそうだ。

 そうね。 そういうことを期待する人たちにも投票所に戻ってきてもらわなくっちゃね。

 でも私は,あのころ在京大メディアをはじめ,有象無象が小沢バッシングに明け暮れていたのが変!!! マスコミに登場する評論家たちも変!!! と つくづく怒りを覚えたわけで,小沢一郎の謝罪なんてまったく要らないと思う。 たぶん,玉木雄一郎代表はなかなかの戦略家なんだろうね。

 それにしても,マスコミも評論家たちも,ホ~ント反省もしなければ謝りもしないんだなあ。 やれやれ。

 ところで,山本太郎議員はひとりで頑張ってるが,政権交代可能な政党のサイズにはほど遠い。 どうしてあっさりと国民民主党に移籍しなかったんだろう。
 私の感覚では,どこにいても山本太郎議員は 山本太郎議員として有権者に認知されると思うんだけどな。 街頭演説では 「この国をぶっ壊すわけにはいかないから力をかしてください」 と言う。
 まあ永田町の議員たちの多くはある意味 “インテリ,エリート,ハイブラウ,アーバ二スト” でしかないわけで,しかも たとえそれを批判してはいても,文化人やら有識者やらも,大衆に届く言葉を持ってはいないのかも。
 ただし,玉木雄一郎代表は,自認しているだけあってけっこう泥臭い感じがして,いい。
 どっちにしろ野党の大同団結がなかったら枝野幸男・立民代表だけでなく立民の議員たちも信頼を失うことになる。


BSフジ プライムニュース
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d190508_0.html
ハイライトムービー
2019/05/08
『 玉木代表に問う参院選 石破茂語るポスト安倍 』
【前編】


国民民主党代表・玉木 雄一郎
05:04 ~ 07:04
〔小沢一郎代議士が消費税増税に反対して民主党を割ったとき〕
どっちでもいいから割れないでくれと思ってました。 せっかく権力を獲って,その権力を維持しないと,言ってることだって実現しないので,その意味では何で割るのかなと。
だから小沢さんに謝ってもらいたい。 私に対してじゃなくて。
やっぱり期待してね,政権交代を実現した多くの国民が民主党に(票を)入れてくれたんですよ。 それを結果として終わらせてしまったってことについてはね,どこかで,私は小沢さん自身に総括してもらいたいし,国民に対して小沢さんは謝るべきだと思う。
それも申しあげてますから。
あんだけの期待を集めて,1票投じていただいた多くの国民の皆さんの期待を裏切り,そして今のような低迷。 結果としての安倍一強を招いた遠因っていうのはですね,あそこにあると思うので。
あれをやっぱりね,巻き戻さないといけないと思うんですよ。
だから私今回ね,小沢さんと何でやるんだと言われたんだけれども。 いろんな形で分かれていった。 でもそれがもう一度,大義のために,国民のために,いろいろあったけれども,力を合わせるんだという,ある種の修復の物語を国民に見せて,そのなかでお互い反省をしたり,総括をしたりする姿を見せない限りはね。 かつて民主党で政権を担った,私も含めて,もう二度と国民に信頼してもらえないと思いますよ。
政策とか以前の問題です。
何かあったら,すぐバラバラになって,すぐ自分の主張ばっかりやって,分かれてしまう人たちだと思われてるわけですよ。 今の野党,民主党を経験した人はね。
で,そこをまず払拭して,自分たちが変わる,変われるんだ,変わったんだということをね,いろんな形で見せて,もう一度とにかくまとまりのある集団なんだということを認知していただいて,初めてそこで政策を入れるんですよ。
だから政策なんかより前の段階にあると思いますよ。

政治評論家・伊藤 惇夫 〔大意〕
民主党政権のトラウマが払拭できないのは,有権者にまだ旧民主党系の皆さんが謝罪してないというイメージを持ってるからだ。 自民党は下野したとき全国で車座の座談会をして何をやったらいいのか有権者に聞いた。 旧民主党系ではやっていないのでは。
また,マニフェストに書いてないことをやっちゃいけないのか。 増税に踏み込んだこと自体が良かったのか悪かったのか徹底的に議論すればいい。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
国民民主党
https://www.dpfp.or.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック