とてもつまらなかった NHK BS1「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」

画像


 昨夜1月3日(木)21時から放送されたNHK BS1スペシャル「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」
再放送は11日(金)夕方6時から。

 安田洋祐(経済学・大阪大学准教授)がインタヴュした内容を パッチワークして構成されていた。
「日本を含め、いま世界各国で貧富の格差や不平等への関心が高まっている。」 (※) という視点からのインタヴュだったのだろうが,録画して書き起こしても,多分大した役に立つ知識はない。

 番組は1時間50分くらいなのに,出演者の人数も多すぎる。
 内容も,テクノロジーの革新と経済成長,市場経済のメカニズムの変容,仮想通貨の問題,国家を超える経済システムなどなど,論点満載で とっ散らかっていて,結局のところ何を言いたいのかよく分からない構成の番組だった。

 マルクス・ガブリエルの 「人間が使わなければパソコンもスマートフォンも〈存在〉できない」 とする,神格化された現代のテクノロジー批判を差しはさんだりはしていたが,何となくフリードリヒ・ハイエクの理論を主軸にしたいようなニュアンスが強かったように見えた。
 こんなのでほんとに「貧困と格差」の問題に迫れるのだろうかと,素朴な疑問がわいた。
 「ハイエクの語った“自由主義”は誤解されている」 という学者もいたし,「極端に不平等でも貧困層が充分に豊かな社会がいいのか。 全員が非常に貧困でも平等な社会がいいのか 」 と詭弁をいう学者もいた。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
【 出演者 】
安田洋祐,スコット・ギャロウェイ,ユヴァル・ノア・ハラリ,ロバート・スキデルスキー,ジャン・ティロール,トーマス・セドラチェク,ジョージ・セルギン,マルクス・ガブリエル,ライアン・コリンズ,グレン・ワイル,ジェフリー・ヴェルニック,フェリックス・マーティン,チャールズ・ホスキンソン
【 語り 】
やくしまる えつこ


(※)日経ビジネスONLINE
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/032900296/
ニュースを斬る
「市場で再分配が可能」という前提を疑え
格差問題の議論を通じて見えた市場の限界
安田洋祐

2016年3月30日(水)








この記事へのコメント

second
2019年01月06日 23:09
こういう番組でも無いよりはマシという気がします。
ご存知か分かりませんが、2017年頃からこの時期になると毎年放送されるプログラムです。
とっ散らかっているというよりこういう構成なのです。

経済を私情で利用する人はこの手の番組を批判するでしょうが、そう言った意見を少なめに、しかしそれでも取り扱い、本当の詭弁を知るきっかけとするのがこの番組の正しい見方です。

私はトマス・セドラチェク氏の言い回しが好きです。
こういう方の意見を聞けば今抱える社会の問題を理解しやすいと思います。
今回の11章を始め、哲学者のマルクス氏のお話ははっきり言って難解さを気取って聴くに値しませんがw

同じ哲学者の話を聞きたければまだ、サンデル氏の方がマシですw

年末に助け合いに参加して罪滅ぼしをした気になるよりは
むしろ年の初めに見た方が好ましい番組だと思いますが、如何せん視聴率は低そうな気配です。
おめでたいことですホントにw
初心者向けの番組だけど初心者候補が少ないことの方が問題ですよ。
レイナ
2019年01月07日 01:18
second さん
コメントありがとう。
「無いよりマシ」な番組,そ〜ね,そ〜ね。毎年見てるけどインテリ気取りにはウケるのかもね。
セドラチェクは,まあ,ちゃんと分析しての論文なんでしょうが,4半世紀まえ頃,吉本隆明が書いていた内容以上ではないと思うね。
マルクス・ガブリエルも,最近の哲学界の薄っぺらさから自由ではないしね。なお私はサンデル先生にはやや懐疑的な感想を持ちます。
ところで「経済を私情で利用する」って,あり得なーい。それって日本の財務官僚とか経産官僚とかが庶民をだまくらかす手口の裏がえしってことかな。
で,つまらんかったって感想は変わりません。では。
second
2019年01月07日 10:53
レイナさんのつまらないという感想を覆したくてコメントしたわけではないですよ。
つまらないと言う理由が知りたくて覗かせてもらったらコメントを残したくなったのでw
価値観を共有できそうかなと・・・。

資本主義の名の下で何をしてもいいと思っている人たちの考えに飲まれないために、普段憤っている人がこの番組を目にする機会を誰かが用意してくれれば、私のように何もしないで文句だけ言っているような何の力も持たないゴミよりはマシかなと。
まずは裾野を広げることが大切なので。

毎年とりとめのない構成で、その時節で目を引いた事柄を例に同じことを言っているだけですし年々ブラシュアップされるわけでもない。インテリ気取りが好むというよりはコドモ向けですよね、この番組は。
まぁ私は毎年ニヤニヤしながら今年は資本主義肯定派の出演者がさらに減った、なんて思いながら見てますがw
そんなわけで、上級者の方は見なければいいんですよ。ねぇレイナさん?

この記事へのトラックバック