銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍・自民党のやり方では,改憲の発議の資格はおろか権利もない

<<   作成日時 : 2018/11/30 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/30 01:25AM 下弦の月
画像

§ 与野党の合意なく自民党が衆議院憲法審査会を開いた!
 個別の法案の批判なら,いくらでもある。 しかし,こんなことをしている与党に改憲の発議の資格はおろか権利もない。

 憲法は,すべての国民のものであることくらい,小学生でも理解しているだろ。

 代議制民主主義以前の体たらく。 憲法を持つ国家として,最低の,世界の恥さらし。

 国会答弁もそうだ。 閣僚が官僚の作文を読むだけで,形だけ議会を開いているような状態に慣れきっている。

 原発事故処理をコントロールもできていないのに,ウソで五輪招致したり,大阪はホラを吹いて万博招致したり,閣僚の数々の違法行為はおとがめなし。

 いつまでも権力を握っていられると思っているなら,大間違いだ。

§§ コソコソと発言撤回してもダメだよ! 伊木・米子市長


日本国憲法
第10章 最高法規
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


 また始まった 「誤解を与えたので,発言を撤回する」 というやつね。
 鳥取県米子市の伊木隆司市長だ。
 そもそも,「改憲」以前に公務員は 憲法擁護義務があることもお忘れのようで,「賛同の意見も届いてる」とか,まだ懲りずに言い続けているわけだ。
 こと拉致被害者の問題と絡めての発言だっただけに,むしろ根が深い。


◇ 関 連
https://4472752.at.webry.info/201811/article_13.html
安倍政権の顕著な特徴とは,国家の将来ヴィジョンの決定的な欠如
2018/11/23
4) 拉致被害者を「利用」し続ける「壊憲」勢力


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ


◇ 佐 賀 新 聞
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/308384
米子市長、軍事行動支持発言撤回
「誤解与えた」と

11/29 18:16


§§§ 眞子さんと小室圭さん または,木枯らし1番が吹かなかった平成最後の冬
 親としては自分の娘にできるだけ幸せになってほしいと願うのは自然なことだろうし,事実上は2人の結婚の意思を容認してはいるとしても,「 多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ婚約に当たる納采の儀を行うことはできません 」 と秋篠宮が発言しなければならなかったことは,マスコミやメディアがいわば余計な報道をくり返したからじゃあないの。
 いくら皇族だからって,「外野」のたわごとに惑わされることなく,2人の意思で人生を選び取ることができるといいね。

2018/11/26 ハイビスカス 赤

画像


2018/11/28 ハイビスカス オレンジ
画像


ご覧いただきありがとうございます。応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 全 文 転 載
自 由 党
http://liberalparty.jp/activity/diet/20181129.html 
自民党国対委員長に異例の申し入れ 野党6党派
自由、立憲、国民、共産、無会、社民の野党6党派の国会対策委員長は11月29日、自民党の国対委員長に異例の申し入れを行った。

この申し入れは、国対、幹事レベルで再三に渡り反対してきた衆議院憲法審査会が、会長の職権で開催され、新幹事が選任された事に対する抗議と、与党の強引な国会運営に対し危機感を示したもの。

自由党の日吉雄太国対委員長は記者会見で「自民の国対委員長には、長年培ってきたルールを守るべきで決して許されることではない、と申し上げた」と語った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍・自民党のやり方では,改憲の発議の資格はおろか権利もない 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる