小沢一郎「メディアも国民の皆さんも,もっと内閣を糾弾し怒るべきじゃないか。普通なら退陣だわね」

2017年06月06日(火)
定例共同記者会見 自 由 党


小沢 一郎 代表
✑ 日本人はなかなか行動には出ないけれど,内々の不満は鬱積していると思う。 野党がきちんとした受け皿さえ作れば,絶対,総選挙で国民は行動する


(「加計学園」問題。物的証拠も調査する気のない安倍政権)
✑ 文部省がはっきりと事実だと言えばそれで済んじゃうだろうが,内閣の権力機構のなかにある役人にそれを求めても難しいと思います。 国民が,官邸の姿勢をきちんと見極めるという目を持つことが大事だ。 国民皆さんが,きちんと判断すべきだ
✑ 韓国の朴大統領よりも酷いですからね。 もっと酷いやり方をしているわけですよ。 メディアの人たちも,国民の皆さんも,もっと内閣を糾弾するべきじゃないか,怒るべきじゃないか。普通ならもう,退陣だわね
✑ 安倍政権は,常にそういう類いの姿勢で政治をやってんじゃないですか。憲法の問題でも,何の問題でも,自分に都合の悪いとなると言い方をヒョイと変えたりね
✑ 僕は 「自立と共生」 ともう前から言っている。 国民もメディアも政治家も財界も組合も,すべて自立してきちっと自分の主張・自分のスタンスを言うべきだ


(共謀罪。政府の日程ありきへの対応)
✑ 「共謀罪」は国民の権利を侵害する,治安維持法だ,何だって言ったってね,国会議員が,政党が,委員会でも本会議でも 国会できちっとした抵抗をし,主張をしなけりゃ,国民は分かんないよ。 私どもは何せ頭数(あたまかず)が少ないんで,そこまで抵抗する術(すべ)がない,その点が非常に残念です

山本 太郎 代表
(「加計学園」問題。物的証拠も調査する気のない安倍政権)
✏ 国家戦略特区の議論で,議事録の提出を求めても,議事要旨しか出さず,自分たちの内部で確認して,「問題がないということになってる」。 すべて開き直りで, 話にならない

(共謀罪。参議院での阻止は)
✏ 自由党の参院議員4人だけでは無理ですが,法案に反対をする野党の者たちが一丸となって体を張る以外は,もう今止めようがない方向に向かっていると思うが,ほんとうに力を合わせたいところです

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


https://www.youtube.com/watch?v=C9G-yzD6I9Y
20:11

【 記者質疑 】
THE PRESS JAPAN
; 両代表に。5月23日外国特派員協会で記者会見した河野克俊統合幕僚長(制服組トップ)が,憲法9条に自衛隊を明記するという安倍総理の提起について 「自衛隊としてありがたい」と発言。 菅官房長官は,「あれは個人の発言だ」 としているが,制服を着て統合幕僚長として会見に臨んでいる。 自衛隊の幹部のなかにも,あの発言はまずいのではという発言もあるが,どのようにお考えでしょうか。


小沢 一郎 代表
 ちょっと軽率な発言ですわね。

山本 太郎 代表
 「私人」だったり「個人」だったりいろんなことを使い分けながら発言ができるっていうね。 その点便利ですね。

フリーランス・田中 ; 両代表に,加計学園問題について。 連日のように文科省からリークがある。 民進党にあったり,マスコミにあったりするが,どう思われるでしょうか。 一方,どんな物的証拠を突きつけられてもスットボケル安倍政権を どう思われるでしょうか。

小沢 一郎 代表
 まあ,安倍政権は,常にそういう類いの姿勢で,政治を,やってんじゃないですかね。
 たとえば憲法の問題でも,何の問題でも,自分に都合の悪いとなると,また言い方をヒョイと変えたりね。 そういうようなやり方をしているのが,今の政権で,それがいつまで国民が良しとするんですかねえ,ちょっとよく分かりませんけれども。

 今度の加計学園の問題については,文部省がはっきりと事実だということを言えば,それで済んじゃうんだけど,そこはなかなか,内閣の権力機構のなかにあるから,言いにくい。 役人にそれを求めてもね,難しいと思いますけれども。

 国民が,官邸のそういった姿勢をきちんと見極めるという目を持つことが,大事でね。 安倍さんの言葉尻でね,やってたんでは,いけないと。
 僕はやっぱりそこは,国民皆さんが,きちんと判断すべきだと思うし,また,メディアの人たちも,最近一生懸命なとこもあるけれども,もう少し徹底的にこのことは(追及すべきだ)。 何度も言うように,韓国の朴大統領よりも酷いですからね。 もっと酷いやり方をしているわけですよ。
 ですからその意味で,メディアもそして国民の皆さんも,もっと内閣を糾弾するべきじゃないか,怒るべきじゃないかと私は思います。

フリーランス・田中 ; 連日のように,文科省から野党であったりマスコミであったりに,リークがあるのはどう思われますか。

小沢 一郎 代表
 だからそういうのを正式にきちっと言えばね,一発で済むんだけど。
 だけども事実でありながら,言えないっちゅうことで,何とはなしに漏れ伝わってくるということなんでしょうねえ。
 ということは(証拠を)いくら抑えても抑えても,出てくるっちゅうことは,事実だからですよね。うん。
 だからそこをやっぱりきちんと,メディアと国民が理解しなくちゃいけない。 分かったうえで,徹底的にやらなきゃいかんと思いますね。

 普通ならもう,退陣だわね。 内閣総辞職だよね。
 韓国もそうなったんだから。
 韓国と日本の違いは,やっぱり大衆運動にまでならないもんね,日本は。 その違いだな。 メディアの責任も大きいと思うよ。

山本 太郎 代表
 いまちょうど内閣委員会で国家戦略特区の議論をしていまして,それは外国人の農業人材の解禁の話なんですね。
 そこでもやっぱり,加計学園の話が中心になるんですけど,けっきょくすべて開き直りと言うか。
 国家戦略特別区域の基本方針というのが閣議決定されていて,方針が書かれている。
 このなかには 「情報公開の徹底を図り,透明性を十分に確保すること」 って書いてあるんですけれど。
 で,出してくるものは,議事録ではなく議事要旨で。
 議事要旨じゃだめだ。議事録を出せ,というと,「もうほとんど内容変わらないんです」 という話をするんですよね。
 内容変わらないんだったら,逆に,出してくださいって話なんですけど,そこも一切無視で。

 もうちょっと見ていくと,国家戦略特区の諮問会議の運営規則ってものが作られている。 それは諮問会議のお友だち同士で決めてることなんですけど,
 「議事録の公表は,4年後」 なんですよ。TPPと一緒なんですね。
 「日本の将来にとってプラスにならない場合は,その4年というのも守らなくていい」っていうものさえも,入っている。

 で,けっきょくこの加計学園の問題を,早く終わらせたいんじゃないのって話を今日もしたんですけれども。 まったくこれ疑いないんでしょ,ほんとは? って話をしたら,これはもう 「濡れ衣に近い話」 だってことを言い出すわけですね。
 だからもう情報出すしかないだろ。 どうして出さないんだ? って訊いたら,「私たちのほうで確認して,問題がないということになってる 」 と言う。

フリーランス・田中 ; それは誰の答弁ですか。

山本 太郎 代表
 それは,山本(幸三)特命大臣ですね。 国家戦略特区の。
 だから,全然話にならないっていうことのやり取りですね。

フリーランス・ホッタ ; 小沢先生。 話にならないということと,マスコミの報道ということで,これ何について,結果を問うかと言うと,やっぱり選挙だと思うんですね。

小沢 一郎 代表
 < 深く頷く >

フリーランス・ホッタ ; 去年,一昨年,安保法制のときに,あれだけ盛りあがった。読売新聞はあまり盛りあがっていたとは書いていなかったが。
 結果的に参議院選挙では負けましたが,これらについて国民はバカだということは私も絶対言いません。 どの程度に感じていらっしゃいますか。


小沢 一郎 代表
 今もちょっと言ったようにね,日本ちゅうのはある意味で,いろんな意味で特殊な国なんだよね。
 先進民主主義諸国でね,こういう類いの政治状況というのは,普通あり得ないわね。
 生活しているという面があるんだけれども,その国民性と相まってね,「まあまあ」という形で(問題が)見過ごされてしまうというのが,もう,ずっと続いてんだよ。

 一方でね,じゃあ安倍・自民党を替えてどこへ持っていくかちゅうことが,いちばんなんだな。だから,ない以上は,お上の言うとおりにしたほうがいいと,憎まれないほうがいいと,角を立てるなと。 特有の文化だね。 そういう状況に陥っている。

 だが私は,日本人ちゅうのは行動にはなかなか出ないけれども,内心の,内々の不満は,鬱積していると思う。
 だから野党がきちんとした受け皿さえ作れば,絶対,総選挙で国民は行動すると思う。

フリーランス・ホッタ ; 報道についてお伺いしたい。 何を報道するかということだがNHKを除けば,皆,ビジネスなんです。 先週月曜日(5月29日)に 地方記者クラブで,ある女性が勇敢な発言をした。 これについてTBSは全然報道していない。(元TBS記者に対する準強姦容疑での逮捕状が,おそらくは官邸の圧力ではないかとされる,不明な理由で取り下げられた事件) TBSは民間放送ですよね。

小沢 一郎 代表
 ああ,TBSの元記者の話。

フリーランス・ホッタ ; その日のうちに報道したテレビ局は,日本テレビだけなんです。 翌日TBSを除く全社が報道した。 NHKも含めて。 どう思われますか。

小沢 一郎 代表
 あのね,メディアもね,君が言ったようにビジネスなんだ。 商売は商売なんだよ。
 ただね,日本のメディアと外国のメディア,欧米先進国のメディア,違いは何かっちゅうの。 日本人と彼らの違いでもあるんだ。
 要するに外国のメディアはきちっと,自分の政治的スタンスを主張するよね。 だからアメリカの新聞・テレビでも,共和党のスタンス,民主党のスタンス,と。 イギリスでも,保守党,労働党,と。 自己主張をきちんと,紙面や電波を通じて出すよね。
 日本のメディアは出さないでしょ。 「公共」 放送だから 「中立公正」 という名の下にやってて,自分の意見ちゅうものは絶対出さない。

 ここに根本問題があるんだよ。
 事実を報道するのは,当たり前だという,そのことはそれとして,初歩的な前提として,そういった社会問題,政治問題があるときに,自分の主張・スタンスを明確にしないの。 それで自分の利益と言うか,自分の都合だけで,報道がなされるというのが,いちばんの問題だけど,根本的に日本はそういった意味で,国民も,メディアも,政治家も,財界も,組合も,すべて自立してないっちゅうことだよ。 そこに問題がある。

 だから僕は,「自立と共生」 ということを,もう前から,言っている。
 きちっと自分の主張・自分のスタンスを言うべきだ,と僕は思う。

テレビ朝日 ; 共謀罪について。 今日,民進党は参議院法務委員会で法務委員長の解任決議案を提出した。 会期末が迫るなか,与党は共謀罪成立の方針は変わっていないが,今後の共謀罪成立阻止に向けてどういった対応を取っていくべきかを。

小沢 一郎 代表
 僕たちは,前から言っているとおり。
 もう,衆議院の段階からだよ。
 もっと明確な,多少過激であっても,少数の野党である以上,自己主張をもっと強烈にやるべきだと。 まず,委員会においてね。 もちろん本会議でも。
 ここにうちの(玉城デニー)幹事長がいるけれども,幹事長会議や国対委員長会議で言っても,そんなのはもう古い,と。 現代のやり方は,もうただ静々粛々やるだけだというようなことで,皆終わっちゃうと。

 これじゃあねえ,何度も言うけど,国民は野党が何考えてんだか,何してんだか,分からないでしょ。
 君らも報道しないでしょうが。ちょっと「採決を強行した」という程度の報道は,あるけれども。
 じゃあ,野党がどういう主張で,何を言ってるのか,どこが悪いのかということは,ほとんど報道されずに終わっちゃう。

 参議院のことはよく分かんないけれども,衆議院と同じように参議院も。
 だって29日から始まっちゃってる。 粛々として進んでるようですよ。 今日の法務委員長の解任決議も,明日終わりでしょう。
 それでもうあと採決日程まで,決まってるじゃない。
 それは君らも,取材で分かってるだろ。

 そんなことではね,口で,共謀罪は国民の権利を侵害する,治安維持法だ,何だって言ったってね,国会議員が,政党が,国会できちっとした抵抗をし,主張をしなけりゃ,国民は分かんないよ。
 よわいところでもってシャンシャンととおってるっていうふうにしか,思わないよ,皆。
 そういう意味で,私どもは,自分たちのこのことの意見はそういうことなんだけども,何せ頭数(あたまかず)が少ないんで,そこまで抵抗する術(すべ)がないんだけれども,その点が非常に残念です。

山本 太郎 代表
 今,小沢代表が言われたとおりだと思うんですが,ほんとうに悔しいというか頭数(あたまかず)がいれば,徹底抗戦ってこういうことです,っていうことを示せるんですけどね。
 それを示せば,おそらく(メディアの)皆さんもそれをコンテンツとして流すチャンスが生まれるってことで,これは,知らない人にも周知できるチャンスが生まれるってことだと思うんですね。
 たとえ今国会でとおることがあったとしても,やはり,2012年の第二次安倍政権が始まってから今日(こんにち)に至るまで人びとの生活,社会保障をブッ壊しただけじゃなく,そういった治安立法的な法を次々に作って監視社会へと導いているっていう,やはり皆さんの記憶に,より刻む話になると思うんですけどね。

 衆議院と参議院の闘い方は,ひょっとしたら変わるかもしれないです。 分かんないですけれども。
 と言うのも,平均年齢で考えると参議院のほうが少し若いですから。 はははは <笑> そういう意味で,体はまだ動くぞ,っていう。小沢さんに一緒にバリケード張ってもらう必要はないですからね,さすがにそれは,私たちとしてもできないので。<小沢代表も笑>

 やはり,自由党だけでは無理ですので。 けっきょく(参院議員の)4人でできることには限界があるので,この法案に対して反対をする野党の者たちが一丸となって,体を張るっていう以外は,もう今止めようがないっていう方向に向かっているかと思うので。
 ほんとうに力を合わせたいところですけど,どうなるか。

読売新聞 ; 「天皇陛下の退位を実現する特例法案」 の,衆院での採決の際に小沢代表と玉城デニー衆議院議員が棄権という形をとられた。 参議院の採決において,たとえば本会議場から退席,棄権をするのか。 もしくは(賛否の)ボタンを押さないのか。 どういった対応を考えていらっしゃるかを。

山本 太郎 代表
 どのような方法をとってという部分に関しては,まだ完全に話が詰まっていません。

読売新聞 ; 小沢代表は?

小沢 一郎 代表
 もう基本的なことは決まってるんだから,うん。 あとは具体的な話だから,それは参議院(の議員たち)に聞いてください。

デイリー通信 ; 今週9日(金)に,(衆院)新区割り法案が成立する見込みだが,岩手新3区に関して今の候補者調整の状況を伺えますでしょうか。

小沢 一郎 代表
 調整状況? 状況はありません。 私の長年の,自民党以来ですけれども,選挙の責任者をずうっと続けてまいりましたけれども,候補者は その選挙区でいちばん信頼のある者を 立てる,ということです。

デイリー通信 ; 世論調査をされて,いちばん信頼のある人,支持率が高い人を立てるというお考えは変わりないということですか。

小沢 一郎 代表
 世論調査だけじゃないけども。
 選挙のことで聞きたけりゃ,あとでゆっくり話するから,いつでも来てください。

玉城デニー幹事長
 ありがとうございました。 今日はこれで終了とさせていただきます。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.liberalparty.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック