小沢 一郎 「 3党がオリーブの形で選挙戦に臨めば圧倒的な多数を確保できる 」

(2/2)
2016年11月20日
自由党 千葉県総支部連合会設立大会

小沢 一郎 代表
✑ オリーブの形をとって選挙戦に臨めば圧倒的な多数を確保できることは間違いない。絶対勝つ

✑ 安倍さんは,政治の根本の考え方が間違っている。 こんなものが政治だろうかと,誰もが今,身をもって感じている。小泉さん以降の俗に言う新自由主義。安倍さんで,なおさらその傾向が強くなった。その考え方の行き詰まりが今色んなところで,大きな政治現象として出てきている。国民の生活が眼中にない新自由主義なる安倍政治を打倒する

✑ 野党は,年末か年明け1月の総選挙ということを念頭に置かなくてはならない。我々と民進,社民,3党で選挙戦で1つの届け出政党=オリーブの考え方で選挙戦に臨み,候補者調整し,結果として政権を獲る。共産党はオリーブに入りません。民進党・野田幹事長とも,総選挙という腹構えでお互いに力を合わせようという話になった

✑ ほんとうに自由であるけれども,公平,公正な,開かれた日本,開かれた社会を作ろうというのが,自由党の基本的な考え方です。国民の生活を安定させ,レヴェルアップし,それを守り抜いていくことが政治の役割です。「民のかまど」を守っていくことが,政治の原点,哲学です。その我々の理念を,実際に実現していかなければならない。そのためには政権を獲る


https://www.youtube.com/watch?v=XAtzChMxLaA
59:32
『自由党』千葉県総支部連合会設立大会2016年11月20日(全編)


26:25~43:14/43:14
小沢 一郎 代表
 私どもはね,国民の生活が第一,政治は国民の生活である,という考え方は何ら変わっておりません。
 しかしながら今日(こんにち)の状況,私自身も今日(こんにち)の状況に大きな責任を感じております。
 そういう中で,何としてもやはり我々の理念を,我々の政治哲学が正しいとするなら,それを実際に実現していかなきゃあならない。
 そのためには政権を獲る。  
 政権を獲るためには,選挙で皆さんの支持を得なければなりません。

 選挙のことに若干触れさせてもらいます。
 まず今日は,青木(愛)参議院議員がおられますので,参議院の選挙で申しあげますけれども,ほんとうにね,あの参議院の開票のときには,もう,夜中まで待ったんだけど,全然ダメでしてね。これはもうあきらめようちゅうことで,家へ帰ってあきらめて3時か4時ころ寝たんです。そうしたら6時ころ連絡が来てね。いやあ,眠いのに何だろうと思ったら「受かった」ちゅうんですよ。<会場・笑>いちばん最後に,しかも朝の6時ころになってね,「受かった」ちゅうことで,私はしかし眠気も吹っ飛んで,たいへん喜んだんですが,それも何もかも,皆さまのお蔭でございます。心から御礼を申しあげます。

 さて今度は,総選挙のことです。
 秋口にはね,12月あるいは1月解散総選挙という声が大きくなって,最近になって選挙はないだろうという話がまた言われております。
 与党がね,色んなこと言うのはいいですけど,野党まで選挙ないだろうなんて言ってるようじゃ,話になんないですね。

 総選挙は,いつあるか分かりません。「やる,やる」と言って,やらないことが多い。「やらない,やらない」と言って,突然やることもまた多いんですね。
 解散というのは,憲法問題で言うと,「7条解散」良いとか悪いとかありますけれども,現在の解釈では少なくとも内閣が好きなときにやれることになってます。ですから,自分たちの都合の良いときにやるということは,総理の専権事項としてできるということになってますから,ほんとうに私どもは,いつあるか分からないと言うよりも,年末,少なくても年明けの 1月の総選挙ということを念頭に置かなくてはならないと思います。 

 皆さんも報道でご承知と思いますが,此間,この千葉県の出身ですが野田さんからね,連絡がありましてお会いしました。 
 「小沢だけはイヤだ」って言ってたようですけどね,<会場・笑> なんかこういう状況の中で,ちょっと話しようということでしたので話をしたんですけれども,総選挙という腹構えでお互いに力を合わせようということになりました。

 そこで,候補者調整だっつう話になったんですが,候補者を調整するためには,私どもがやはり一体となって選挙をしなきゃダメですよ
 あすこにオリーブ千葉の旗がありますけれども,各党が俗にオリーブと呼ばれる1つの団体として,連合体として,選挙戦に臨むということでないとですね,候補者調整もまず第一に難しい。

 小さな政党は,やはり自分たちの生き残りのために,勝敗は別にして,候補者もできる限り立てなけりゃいけない。その中で社民党が新たに10人候補者を出してきたと,野田さんが弱っていましたけれども,そういうことになるんですよね。たとえ負けると分かってても,党勢拡張のためには出さざるを得ないちゅうことになる。我々だってそうだし,共産党もそうです。
 となると,候補者の調整ちゅうのは,なかなか難しいんですね。 
 だから私は,共産党までとは言いません。彼らも一緒になる気はもちろんありませんから。我々せめて社民ぐらいまで含んで,オリーブの考え方で選挙戦に臨まないと,候補者調整もできないし,結果として政権を獲れません。ということを私は野田先生にお話をしました。  

 なかなか民進党に結論は出るかどうか分かりませんけれども,私としては,何としてもこれを実現したい。
 これやればね,絶対勝てんですよ。絶対勝てる。
 自民党は,衆議院で3分の2の議席を獲りましたけれども,2度の選挙で得票数は全然増えてないんですよ。全然増えてない。議席だけは増えました。これは小選挙区制の然らしめるところですけれども,なぜかと言うと,我々が小さな政党に分かれちゃったということが1つと,もう1つは棄権が非常に多かったっちゅうことです。 2009年のときには,ほぼ70%あったんですけれども,その後は20%投票率が減ってるんです。
 20%ちゅうのは,2000万票ですよ。僕らのそして専門家の分析で,そのうちの7割から8割は野党に入っていた票だろうと言われてます。
 これが皆,投票所に投票に来てくれりゃあね,少なくてもこんな結果には絶対ならなかった。 

 ですから,私ども,社民党も含めて民進党も,単純に足しただけでも大勝利できんですけれども,ほんとうにオリーブの形をとってやったら,圧倒的な多数を確保できることは間違いないです。

 此間,新潟で森(裕子)君が当選させていただきました。ほんとうにありがとうございました。<小沢代表・礼。会場・拍手>
 森君の選挙のときにはね,あすこ2人区だったんですよね。それで田中(角栄)先生以来,何だって自民党が強いんですよ。そこで戦って,2000票の差で勝利して。しかしそのあと,知事選が続いてありました。皆さんご承知でしょう。ちょっと民進党はグズグズして決めきれないで自主投票になっちゃいましたけれども。
 そんじゃ,しょうがない,3党でやろうということで,社民そして共産,3党で選挙をやりまして,これはもう圧倒的な多数で(勝った)。
 投票率は53%でしたけれども,6万か7万の差で,あの知事選,勝ったんですね。

 ですから,3党でさえ勝つんですから,民進党が本気になってやれば,どの選挙区だって,何の選挙だって,負けやしないんです。
 私はそういう意味で,最後までその方策を実現できるようにやりたいと思います。  

 この千葉県では,オリーブができる,できない,別にいたしまして,まず,今度県連会長になりました岡島(一正)さん,何としても皆さんのお力でね,今度こそ当選させてください。私は,このことをほんとうに皆さんにお願いを申しあげたいと思っております。
 もちろん岡島(一正)さんとさらに黒田(雄)君も,金子(健一)君もおります。私どもも 我々の同志を1人でも多く候補者に擁立しまして,選挙戦を闘おうという決意でおりますけれども,今言ったようにオリーブ,3党=民進党,自由党,社民党。このオリーブには,共産党は入りませんからね。
 これ,何かね,共産党が入るんじゃないかと誤解して一生懸命心配する人 いますけれども,共産党はオリーブに入りません。 彼ら自身もイヤだって言ってますし,こちらでも共産党を入れるっちゅうことにはなっておりません。ですから3党でオリーブをやろうと。

 すなわち選挙戦で1つの届け出政党ですが,1つの政党として戦おうということになった場合は,千葉県内でも,ここは民進党の系統の候補者にするか,ここは自由党の系統の候補者にするか,色々あると思いますので,これは流動的ですけれども,岡島(一正)君が3区から立候補するということだけは,これは各党とも皆,了解の事項でございますから,ぜひとも皆さんのお力を結集していただき何としても当選させていただきますよう,重ねてお願いする次第であります。<小沢代表・礼>  

 ちょっと長話してしまいまして申しわけありません。今日はね,何てったって全国で初めての県連の設立でございますので,ついちょっと気が入りまして長くなっちゃいまして,すいません。<小沢代表・笑顔>

 重ねて結論を申しあげますが,今のほんとうに国民の生活が眼中にない新自由主義なる安倍政治を打倒して,ほんとうに国民の生活が第一,政治は生活だ,そういう政治を実現するために,私ども,皆で一生懸命,全力で頑張る決意でありますので,最後まで皆さんのお力添えをたまわりますよう重ねてお願い申しあげましてご挨拶といたします。
 ありがとうございました。<小沢代表・笑顔で礼。 会場・大きい拍手> 

【 質疑応答 】
Q1 ;
 この先,突然「戦争に行け」などというような時代になるのでしょうか。


小沢 一郎 代表
 安倍さんの心情的な考え方っちゅうのは,推測する以外ないんですけれども,簡単に分かりやすく言いますとね,大日本帝国をイメージしてるんですね。
 経済大国となった日本は軍事的にも世界で影響を持つ国家にしなきゃあならないというのが,多分,彼の心の底にある考え方だろうと思います。
 ですから,集団的自衛権の行使も,憲法改正したわけでもないのに認めました。
 集団的自衛権ちゅうのは,日本の国と直接関係のない国や,色んな紛争に,日本は,兵力を,軍事力を,自衛隊を派遣できる,するということが,集団的自衛権ですね。アメリカと一緒に派兵するか,あるいは他の国と派兵するか,どこの国とでもいいと,安倍さんは言ってますからね。
 そういうことになりますと,ほんとうにその時どきの国の都合で,武力の行使,紛争に参加するちゅうことになります。日本はそれをいつでもできるようにしたいというのが安倍さんの考えですから,それは,紛争,戦争に巻き込まれる可能性ちゅうのは非常に強くなります。
 その意味で,憲法9条は国際紛争について軍事力を行使しちゃダメよということを謳っているわけですけれども,我々はそのことをきちっと守りながら,私は,日本は国連を中心にした平和の維持ということに方針を貫くべきだというふうに考えておりまして,今の安倍さんの考え方,やり方というのは,即戦争になるかどうか別にして,非常に,日本にとって国民にとって危険な考え方だと,私はそう思ってます。<会場・拍手> 

Q2 ; 岡島さんが2回もスリップしちゃいまして,かなり落ち込んでいるところでございます。今日,自由党という新党を立ちあげて,これから我々は変わるんだよという意気込みを聞かせていただき,ありがとうございました。これを皆さんに訴え,岡島さんにもう一度ぜひ国会議員になってもらいたい。私も地区の小規模の後援会を作ってやっておりますが,私どもも頑張っているところですので,どうか小沢先生はじめ皆さんで素晴らしい政党を作っていただけるようお願い申しあげます。

小沢 一郎 代表
 <力強く>はい。<会場・拍手>

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック