銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林 節 「憲法違反の1点で共闘し,安倍内閣の暴走を止める」

<<   作成日時 : 2015/06/08 14:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小林節 名誉教授
国会前 SEALDs の抗議行動で激励 2015/06/05(金)
✑ 今ここで,細かな議論の違いは,するのやめましょう。分裂しちゃいますから。
憲法違反の手続きを踏むこと1点では,誰でも賛成できる。この点で,安倍内閣の暴走を止めたい


https://www.youtube.com/watch?v=e4gEeIWqmgo
00:35〜03:33/03:47

小林 節 名誉教授
 集会を開いていると記者から教えてもらって,多少なりとも激励に参りました。
 教授らしく,3つのことをお話します。

 私が今,この安保法制で反対してますとね,必ず言われること。
 ひとつは,「憲法を守って,国が滅んでどうするのか」と必ず言われます。
 これに対してきちんと答えられないと,まずいですから。
 それはですね,70年間,憲法9条で専守防衛でやってこれて,大国日本はですね,専守防衛で身を守ることが,世界の迷惑にならないんです。
 だからこれで行けるんです。
 間違ってこのまま「世界の警察」までやってしまったら,アメリカと同じで,経済的に滅びるし,世界中を敵にまわします。
 専守防衛が賢い防衛手段であるということを,しっかり主張しかえしてください。

 で,もうひとつですけれども,自民党と議論していて,とても情けないのは「あんた,うるさいな」と,「今はそんな議論してるときじゃない」って必ず言われます。
 だけども,そう言いながら憲法を政治家が無視する習慣がついてしまうと,これは民主国家ではなくて,独裁国家になってしまうんですね。
 だからここは許さないであげてほしいと思います。

 それで私ももう最早66歳の年寄りで逆に君たち世代のために善よきものを残さなければと闘っておりますけれども,君たちも,連綿と続く民族のなかで,さらに次の世代への責任があります。こういう歴史の流れの中で,「次の世代への責任をとる」という思いで,闘っていただきたいと思います。 以上です。どうもお騒がせしました。
 頑張ってください。<拍手>

記者 ; 違憲かどうかについて,一言。

小林 節 名誉教授
 決まってますよ。
 憲法違反ですよ。

 9条1項は,いろいろ意見の違いはあるけれど,少なくとも侵略戦争は許していない。
 で,第2項で,軍隊と交戦権を認めていない以上,日本の自衛隊は海外でドンパチやったら,それは,海賊か山賊になるんです。

 よろしいか。

 だから我々は,今の憲法のもとでは戦争する資格はない
 したかったら,憲法を改正してやれ。
 これが私のもともとの立場で(ある)。

 それに賛成・反対の議論も公平にやればいいだけのこと。それをすっ飛ばすことが問題だ。
 今,手続き論に,またうつりましたけれど,二重に間違ってますよ。

 ですから今,細かな議論の違いは,ここでするのやめましょう。分裂しちゃいますから。

 とにかく,憲法違反の手続きを踏むこと1点では,誰でも賛成できるでしょ。この点で,安倍内閣の暴走を止めたいと思います。よろしくお願いします。

画像


http://4472752.at.webry.info/201406/article_29.html
2014/06/24 18:30
小林 節 「怒り心頭に発す 正義は我にあり 小沢一郎が起爆剤に!」
【 2014年 6月 20日 】生活の党 拡大総合政策会議
慶応義塾大学 名誉教授 小林 節 氏 講演 要旨
『 政府与党の憲法と安全保障に関する議論の評価 』


http://4472752.at.webry.info/201406/article_30.html
2014/06/24 19:25
小林節 教授 政府与党の憲法と安全保障に関する議論の評価 (1/3)
http://4472752.at.webry.info/201406/article_31.html
2014/06/24 19:39
小林節 教授 政府与党の憲法と安全保障に関する議論の評価 (2/3)
http://4472752.at.webry.info/201406/article_32.html
2014/06/24 19:49
小林節 教授 政府与党の憲法と安全保障に関する議論の評価 (3/3)


http://4472752.at.webry.info/201505/article_1.html
2015/05/01 13:27
放っておくと権力が「愛国心」を押しつけてくる。もっと悪いことは,大衆がそれをやる (憲法鼎談目次)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_20.html
2015/04/25 20:08
小林 節 自民改憲は,させるわけにいかない


国民安保法制懇・緊急記者会見 2015年05月15日
【 目次 】


http://4472752.at.webry.info/201505/article_15.html
2015/05/18 22:15
緊急会見(1/7)
国会承認は事実上何の歯止めにもならない 柳澤 協二

http://4472752.at.webry.info/201505/article_16.html
2015/05/19 00:33
緊急会見 (2/7)
敢えて5.15に提出された法制 樋口陽一
http://4472752.at.webry.info/201505/article_17.html
2015/05/19 13:49
緊急会見(3/7)
法的政治的経済的に間違っている「安保法制」と安倍総理会見の嘘 小林 節
http://4472752.at.webry.info/201505/article_18.html
2015/05/19 23:59
緊急会見 (4/7)
「安保法制」は「明文改憲」の始まり 愛敬 浩二
http://4472752.at.webry.info/201505/article_19.html
2015/05/20 14:35
緊急会見 (5/7)
法の下剋上がまかり通る 伊藤 真
http://4472752.at.webry.info/201505/article_20.html
2015/05/20 15:51
緊急会見 (6/7)
真剣に民主主義の原則に従い「安保法制」を止める 小林節
http://4472752.at.webry.info/201505/article_21.html
2015/05/20 16:04
緊急会見 (7/7)
憲法の最後の番人は国民自身 樋口 陽一


憲法鼎談 2015年4月20日(月)
樋口陽一 小林 節 小沢一郎 憲法を語る
【 目次 】


(1/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_19.html
2015/04/24 23:26
樋口陽一 立憲主義と民主主義,「この道しかない」と言うのでは駄目なんです

(2/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_20.html
2015/04/25 20:08
小林 節 自民改憲は,させるわけにいかない

(3/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_21.html
2015/04/26 23:07
小沢一郎「憲法の本来の役目とは,公権力の濫用から国民の基本的人権を守ること」

(4/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_22.html
2015/04/27 15:38
樋口陽一vs小林節vs小沢一郎 憲法「改正」の前提とは/小沢一郎 自民改憲草案は「革命」

(5/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_23.html
2015/04/28 17:23
樋口陽一 vs 小林節 vs 小沢一郎 自民党は憲法がなにかを理解していない

(6/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_24.html
2015/04/30 02:48
樋口陽一 手を触れてはいけない価値を書いてあるものが憲法

(7/7)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_25.html
2015/04/30 14:08
元来,国家の目的は,個人を生存,進歩せしむるにあり 『人民讀本』 竹越與三郎


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
お読みいただき有難うございます
にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参考
SEALDs
自由と民主主義のための学生緊急行動

http://www.sealds.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小林 節 「憲法違反の1点で共闘し,安倍内閣の暴走を止める」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる