放っておくと権力が「愛国心」を押しつけてくる。もっと悪いことは,大衆がそれをやる (憲法鼎談目次)

樋口陽一 
 同時にこの著者(竹越 與三郎)は,放っとくと権力が「愛国心」「忠義」を押しつけてくる。上から押しつけてくる。
 それからもっと大事なこと,今の我々にとって同時に大事なことは,もっと悪いことは,大衆がそれをやる,ということをきちんと警告しているんです


画像

2015年 4月躑躅(ツツジ) 花言葉は「節制,自制心」などで,安倍政権には,見当たらないもの

目  次
樋口陽一 小林 節 小沢一郎 憲法を語る

2015年4月20日(月)
樋口 陽一 東北大学・東京大学名誉教授
小林 節 慶應義塾大学名誉教授
小沢 一郎 生活の党と山本太郎となかまたち・代表
司会 堀 茂樹 慶應大学総合政策学部教授


(1/7)
樋口陽一 立憲主義と民主主義,「この道しかない」と言うのでは駄目なんです

http://4472752.at.webry.info/201504/article_19.html
2015/04/24 23:26
(2/7)
小林 節 自民改憲は,させるわけにいかない

http://4472752.at.webry.info/201504/article_20.html
2015/04/25 20:08
(3/7)
小沢一郎「憲法の本来の役目とは,公権力の濫用から国民の基本的人権を守ること」

http://4472752.at.webry.info/201504/article_21.html
2015/04/26 23:07
(4/7)
樋口陽一vs小林節vs小沢一郎 憲法「改正」の前提とは/小沢一郎 自民改憲草案は「革命」

http://4472752.at.webry.info/201504/article_22.html
2015/04/27 15:38
(5/7)
樋口陽一 vs 小林節 vs 小沢一郎 自民党は憲法がなにかを理解していない

http://4472752.at.webry.info/201504/article_23.html
2015/04/28 17:23
(6/7)
樋口陽一 手を触れてはいけない価値を書いてあるものが憲法

http://4472752.at.webry.info/201504/article_24.html
2015/04/30 02:48
(7/7)
元来,国家の目的は,個人を生存,進歩せしむるにあり 『人民讀本』 竹越與三郎

http://4472752.at.webry.info/201504/article_25.html
2015/04/30 14:08


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
お読みいただき有難うございます
にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 補足
毎日新聞2015年04月23日 20時38分(最終更新04月23日21時39分)
http://mainichi.jp/select/news/20150424k0000m010052000c.html
民主党:「反軍演説」復活働きかけへ
 民主党の長妻昭代表代行は23日の記者会見で、戦前の帝国議会で軍国主義に反対した「反軍演説」など議事録から削除され非公開になっている部分の公開に向け、衆院議院運営委員会で各党に働きかける考えを示した。自民党が社民党の福島瑞穂副党首の「戦争法案」発言の修正を求めた動きを念頭に、「野党が声を上げないと自由の範囲が狭くなる危機感がある」と懸念を表明した。
 衆院記録部によると、反軍で知られた戦前の政治家、斎藤隆夫(1870〜1949年)が帝国議会で40年に日中戦争への疑問を表明した「支那事変処理に関する質問演説」(反軍演説)の削除部分を含む12件が非公開になっている。これらの議事録は95年に公開を検討したが、見送られたという。

この記事へのコメント

無心
2015年05月07日 08:16
おはようございます。
なかなか興味深い鼎談ですね。会場も、かなりもりあがっていたのでは。
私は、左右どちらのイデオロギーにも反対ですが、堀先生の言われる、普遍性獲得への道のりはまだまだ険しいのでしょう。
長い記事を、ありがとうございます。適切な参考と補足も大変助かります。最後の目次の部分の記事を転載させていただきました。
レイナ
2015年05月07日 11:05
無心様
転載・拡散ありがとうございます。
この鼎談では,とりわけ樋口陽一名誉教授が,実に若々しく気を吐いていらっしゃったのが印象的でした。なお,引用された竹越與三郎『人民読本』は近くの図書館で探したのですが見つからず,取りあえずの文字起こしになっていますが,ほぼ正確のはずと思います。
で,連休は遊び呆けていたかったのに,今の安倍内閣じゃアブナ過ぎてそうもいかないなあと,私は5.3憲法集会にも参加しました。3万人超の集会を「壊憲」派は開けるわけもないですが,そのことを伝える大マスコミが皆無なのは,恐ろしいことです。

この記事へのトラックバック