参議院本会議で,安倍首相の問責決議が可決された/参議院議員 森ゆうこ氏+福島みずほ氏+谷岡郁子氏

 2013年6月21日(金)は夏至で,スーパームーンだった。雨で,太陽も月も見えなかった。きのうは雷雨。今日も雨。

§1 安倍首相の問責決議が,参議院本会議で可決された。

 発議者は,参議院議員の 森ゆうこ氏 生活の党・代表代行,福島みずほ氏 社民党・党首,谷岡郁子氏 みどりの風・代表。

 国会は,今日閉会されるので,以下の法案などは,廃案となるという。
生活保護法改正案
生活困窮者自立支援法案
電気事業法改正案

◇ 参考
2013年6月26日13時5分
http://www.asahi.com/politics/update/0626/TKY201306260157.html
朝日新聞DIGITAL
首相問責決議可決へ 電気事業法など廃案へ 国会閉幕

§2 前・福島双葉町長 井戸川克隆氏がみどりの風比例区公認候補として出馬予定か。

◇ 関連
http://4472752.at.webry.info/201301/article_49.html
2013/01/22 20:56
原発/双葉町町長・井戸川克隆氏の民主主義。



§3 7つもの事件で,逮捕・起訴された片○▽輔氏の,その後は?

 元IT関連会社社員の容疑者(31)がハイジャック防止法違反罪などで起訴・追送検されている。だが,もともとの「ウイルス作成」のことは「疑っていても,本人の供述がない」ので立件を見送ったと捜査幹部が言っているそうだ。
 こうした事件で,容疑者とされた人の氏名や写真が簡単に公開される意味はあるのか?
 監視カメラだらけでも「似ていただけ」「1人暮らしで,アリバイを証明してくれる人が傍にいない」
 いちばん,やなのは,「間違ってても,1回捕まえてみたから,それでいいや」って事にされてる感じがする所。相変わらず密室の取り調べ。
 もっと,超ド級に不愉快なのは,「検察が持って来たんだから,ユーザイね」ってやってるような司法。それ以上に,そういう検察や警察発表そのまんま,確定した事柄みたいに新聞なんかに掲載してある事だ。
 
 きのうの昼は,雷雨。きょうも,雨けっこう降ってる。6月末の雨のたびに,忘れられない,気になって気になってしかたがないこと。
 1年前のこと。
 もう少し弱い雨の日のこと。
 シゴトの時間におくれそうで,その前を,通り過ぎてしまったこと。
 東京地方裁判所の前の桜田通り沿いの舗道に,青年がひとり,雨の中に佇んでいた。
 彼は,白いシーツのような布に,赤いマジックで「冤罪」と大書して,頭から被っていた。
 涙だったのか,雨粒だったのか,頬が濡れていた。
 通りすがりの私が,何の知識もなく助けになれるわけはないのは分かり切っているし,話しを聞いても始まらなかったろうけど。
 どうしたでしょうか...その後。

画像
ガクアジサイ 6月

◇ 全文転載

6月25日(水)
生活の党 代表代行 森ゆうこ オフィシャル・ブログ
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2013/06/post-01a4.html

✎   ✎   ✎   ✎   ✎

安倍晋三内閣総理大臣問責決議案を提出
 本日夕刻、生活・社民・みどりの三党にて安倍晋三内閣総理大臣問責決議案を提出致しました。

理由
 安倍内閣は、参議院規則第38条第2項に則り正式な手続きを経て開催された参議院予算委員会の出席要求を拒否し、6月24日、25日の両日に渡って同委員会を欠席した。これは、国務大臣の国会への出席義務を規定した日本国憲法第63条に違反する許しがたい暴挙である。

 安倍内閣は出席拒否の理由として、平田健二参議院議長の不信任決議案が提出されたことをあげているが、会期末で日程が制約される中でおよそ正当性のない不信任決議案で国会審議を遅延させ、更には同案の処理を先延ばしにしているのは他ならぬ与党であり、また同案採決の条件として予算委員会の開催をしないことを条件にしていることからも、予算委員会の開催を妨害していることは明白である。

 安倍内閣は質問通告さえも拒否したばかりではなく、正式に文書で予算委員長が出席要求したところ、署名のないメモで出席拒否する旨回答した。国権の最高機関である国会をこのように愚弄する行為は前代未聞であり、議会制民主主義を根底から揺るがすものである。

 憲法に違反して国民主権を蔑ろにし、我が国の立憲主義をも踏みにじろうとする安倍晋三内閣総理大臣の責任は極めて重大である。よってここに、安倍晋三内閣総理大臣の問責決議案を提出する。 

平成25年6月25日

発議者:森ゆうこ 福島みずほ 谷岡郁子

✎   ✎   ✎   ✎   ✎



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック