金利上昇は“アベノミクス”の想定外/参議院議員 森ゆうこ 生活の党 代表代行

2013年5月26日(日) 09:00AM~10:00AM
NHK日曜討論
「与野党激論!“アベノミクス”を問う」
(字幕なし)

生活の党 代表代行 森ゆうこ 発言


NHK 城本 ; 経済再生を最重要課題に掲げる安倍政権が発足して5カ月。
 “アベノミクス”と呼ばれる経済政策は「大胆な金融緩和」と「機動的な財政政策」で円安・株高を実現して,まあ順調な滑り出しを見せていたわけだが,先週,日経平均株価が2日連続で1,000円の幅を超える乱高下を記録して,先行きに不透明感も出始めている。
 “アベノミクス”は経済の本格的な回復に繋がるのか?そして,私達の暮らしは良くなるのか? 
 日経平均株価の推移。15,000円を超えるまでになっていたが 先週1,100円を超える幅で急落。翌日も1,000円以上の幅で変動し,乱高下している。専門家の間でも,これは一時的な調整局面で回復傾向に変わりはないという見方と,“アベノミクス”のマイナス面が現れて来たという見方とに分かれている。

(NHKまとめ)
2013年5月24日には,日経平均 14485.70円

5月最高値 ¥15,627.26 から ▼1143.28 の ¥14483.98
13年ぶりの値下がり幅である1,100円以上の急落を.記録した。



NHK 城本 ; 生活の党の森ゆうこさんは,新潟から中継での参加です。森さん,どうでしょうか,今の円・株の状況は。

生活の党  森ゆうこ
 すみません,新潟からです。お早うございます。

 異次元の緩和には,やはり異次元の副作用があるという事が示されたのではないかと思います。期待先行で,実体経済が全く反映されていない,この株価の上昇と言うものが,本当に国民の皆さんの生活が,良くなるのか?という懸念が益々強まって来たと思います。
 生活の党は,国民の生活が第一の政治を実現する。一言で言えば,そういう事ですけれども,本当の,実体の経済が良くなるような政策をやって行きたいというふうに思っております。


NHK 城本 ; 生活の党・森さん,やはりその個人にとっては景気が良くなっているという実感はまだないと御覧になっていますか。

生活の党  森ゆうこ
 はい。全くない,というふうに思います。小麦粉ですとか食用油など,生活必需品がすでに値上がりを始めておりますので,普通の生活者にとっては,大変に厳しい状況であると。
 小泉構造改革の時と似ていると思います。小泉構造改革の時の戦後最長のイザナギ景気越えという事で景気は良くなった。
 この論理は,競争を強化して規制緩和を行なって大企業の利益が拡大すれば,いずれは中小企業や労働者にも恩恵が及び,そして庶民の懐が豊かになると言う話しだったわけですが,戦後最長のイザナギ景気越えの結局残ったものは,格差の拡大だった。

 この格差を縮小する,そして国民の所得を増やす,消費できる可処分所得を増やして行くという政策を,きちんとやらなければいけない。
 そういう視点が,安倍政権にはやはり決定的に欠けている。
 また,さっき国債の話しがありましたが,金利上昇は“アベノミクス”の想定外の話しではないのか。そこが非常に懸念する所です。



NHK 城本 ; これから成長戦略をやって行くんだと言う事だろうが,そもそも成長戦略が間違っていると言う意見もある。安倍政権が来月纏めると言っている成長戦略だが,これまで明らかになっているものは,以下。

(NHK まとめ) : 政府の成長戦略
・規制改革などによる民間投資促進
・“世界で勝てる”人材の育成
・“攻めの農林水産業”の実現
  など。
・女性が働きやすい環境の整備
・“健康長寿社会”に向けた成長産業の創造
  など。



NHK 城本 ; 生活の党の森さん。経済成長をさせて行くと言う事については良いと思うが,この中身についてはどのように。

生活の党  森ゆうこ
 まず,基本的な所が,まったく違うと思います。本当の意味で成長させるためには,今までの既得権益を打破しなければいけない。
 今までのその構造を壊さなければいけないんですね。
 その最たるものが,地方分権が実現できるかどうかです。霞が関が握っていた権限,そしてお金を地方にやって,特に子育て支援などはそうですが,地方の実情に合った(支援をする)。例えば横浜市などは今回大変努力された。
 自由な発想で,お金とそして権限が使えるようにするという地方分権を成し遂げなければならない。
 ところが安倍政権のやっている事は,それに逆行する。内閣は「地域自主戦略交付金の廃止」をした。
 「地域自主戦略交付金」で,ひも付き補助金をなくしていたんですけれども,それ(ひも付き補助金)を復活させた。
 根本的なスタンスが間違っている。
 既得権益の打破。最たるものが,エネルギー戦略。私達は,原発をやめて新しいエネルギー革命で経済を活性化して行くと打ち出しております。そういう部分で,既得権益の打破というスタンスを,まず取らなければならない。



NHK 城本 ; 財政再建はどうするか。国と地方の公債残高。991兆円。1千兆円に迫るという状況だ。金融緩和にしろ財政出動にしろ,一つ間違えると,財政をさらに悪化させかねない。バランスが必要になって来るだろう。

(NHK まとめ) : 国の債務残高
1996(平成8)年  355兆円
2012(平成24)年  991兆円



NHK 城本 ; 消費税を上げるかどうかの判断。ここは?

生活の党  森ゆうこ
 消費税増税の話しは,おかしいですね。


生活の党  森ゆうこ
  おかしいですよ。消費税増税は,いったい何のためにするはずだったんでしょうか。年金など社会保障の抜本改革を行なう。じゃあ,それは何のためなのか。
 国民の皆さん,金融資産を持っている。日本はお金はあるんだけれども,将来の不安があってお金を使えない。
 日本は内需の国です。できるだけ国民の皆さんの所得を増やして行く。そしてその中で安心してお金を使える環境を作る。この少子高齢の中で,安心していただける。そのための社会保障改革。
 で,その財源として,安定した財源として消費増税をしたいと言う話だったと思います。その前提として,景気良くないとダメですね,と言う事で経済対策だったと思います。
 全部,話しがゴチャゴチャになっているんではないでしょうか。

 一番肝心な年金の抜本改革ですけれども,民主党・自民党・公明党・三党合意,三党の協議の場というのは暗礁に乗り上げていて,年金の抜本改革は,ほとんど行なわれる可能性がない。そういう中で,消費税を増税する。
しかも年金の特例水準を解消という事で,この10月から年金が減額される。物価が上がる中で,ただでさえ少ない年金が,減額をされる。
 やっている政策が,まったく逆方向。まったく国民の生活の向上に役立たないと,改めて申し上げたい。






2013年5月26日(日) 09:00AM~10:00AM
NHK日曜討論 「与野党激論!“アベノミクス”を問う」 (字幕なし)

出席者
自 民 党  高市 早苗 政務調査会長
民 主 党  櫻井 充  政策調査会長
公 明 党  石井 啓一 政務調査会長
日本維新の会 片山虎之助 国会議員団政策調査会長
みんなの党  朝尾 慶一郎 政策調査会長
生 活 の 党  森 ゆうこ 代表代行
日本共産党  小池 晃  政策委員長
社会民主党  吉田 忠智 政策審議会長

NHK 城本 勝 解説委員



◇ 参考

地域自主戦略交付金の廃止
内閣府 Cabinet Office , Government of Japan
http://www.cao.go.jp/bunken-suishin/jishukofukin/jishukofukin-index.html
 「日本経済再生に向けた緊急経済対策」(平成25年1月11日閣議決定)を踏まえ、25年度に地域自主戦略交付金を廃止し、各省庁の交付金等に移行します。
≪以下略≫


画像
豆苗(神奈川県産)100円(税込み)を再び成長させると,また食べられる。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック