矢野雅文著『日本を変える。分離の科学技術から非分離の科学技術へ』

 堀茂樹教授だけでなく,「国家と政治」については,多くの論考が見つかると思います。
  極めて深い思考のひとつに,山本哲士氏の論考が見つかります。現在お書きの公式ブログから,近く公式ホームページに移行されるようですが,もっと難しくなるのでしょう。難しい事を難しく考えて下さることは,直感的に,また直観的にだいじではないのかとか,わたくしがオツム明晰なら,もっと上手く言えるのですが「今こそ学問が必要とされている」こと。 わたくしは,知識や学問を言えるほどの自分はありませんが,それらや言葉を扱う方々を忘れてはならないと思い,本のタイトルと後書きの中から少し抜粋して,メモしておきます。


画像


矢野雅文 著 『日本を変える。分離の科学技術から非分離の科学技術へ』
2012年3月31日 第1刷 
文化科学高等研究院出版局  ¥1900+税¥95


p.159~160
あとがき
 東日本大震災から一年が過ぎようとしています。地震、津波、原発事故と被害の三重苦に今なお多くの人々が苦しめられています。

(中略)

 これほどの被害を被ったことで初めて学問に携わる学者の人間性が明らかになってきました。20世紀後半からこの間迄、学問的には大きな発明や発見はなされておりません。その意味では閉塞状況にあったと言わざるを得ないのです。でも現在はこの閉塞状況を打ち破らないことには、地球的規模での破局が目に見えています。今こそ学問が必要とされていると思います。現在の問題点の整理と、将来への展望をさらに求めていきたいと思います。

二〇一二年三月一一日 仙台にて    矢野雅文



2013.04.14 Sunday
http://hospitality.jugem.jp/
ホスピタリティの場所【山本哲士公式ブログ】hospitality/place/capital
【スイス国際学術財団Fondation de l'Ecole des Hautes Etudes en Sciences Culturelles/FEHESC(Geneve)】
【文化科学高等研究院出版局(EHESC出版局)】 http://ehescbook.com




フラーレンとナノチューブの科学
名古屋大学出版会
篠原 久典

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フラーレンとナノチューブの科学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック