生活の党・広野ただし参議院議員/NHK日曜討論

画像


 生活の党・参議員会長 広野ただし氏 発言録

NHK日曜討論 2013年2月17日(日) 09:00~10:10
  『“ねじれ国会の行方” 参議院はどう動く 』
       (一部,舛添氏ほか発言あり)

*************************

  主な政治日程 2月 (NHKによる)
 14(木) 補正予算案 衆議院通過
        13兆1千億円あまり
 18(月)~21(木)
 22(金)~23(土)首相訪米
 28(木) 平成25年度予算案国会提出?

*************************

討論内容
1. 北朝鮮の核実験 対応は    
2. 補正予算案 審議の行方は   
3. “ねじれ国会”参議院の攻防は 
4. 国会同意人事        
5. 参議院の役割
            

*************************


1.北朝鮮の核実験 対応は 

 生活の党・広野ただし ;
 今(島田敏男解説委員が)おっしゃったとおり,3度目の核実験ですし,そしてミサイル,拉致の問題。また尖閣列島(の問題)もあるが,東アジアの平和と安定にものすごく大きな影響を持っています。まず対決姿勢と言いますか,圧力と対話という両方が必要だと思います。
 圧力のほうは,国際協調で国連等を中心にやって行く。対話のほうは北朝鮮との間には外交関係がないという事ですから,どうやって外交窓口,外交ルートを確保して行くか。これは中国も含めてしっかりと対応しませんと,ただ対決と言う事では問題は解決しない。



2.補正予算案 審議の行方は   

 生活の党・広野ただし ;
 衆議院は,(昨年12月に)自公で3分の2を取った。で,まず中身に入る前にこの補正予算・景気対策は,アタフタとして,ドタバタで,正に拙速で作った補正予算だと思います。
 参議院は「熟慮の府」と言われていますし,もう一回考え直してチェックをするという意味合いがある。
 特にこの13兆円という大きな補正予算ですから,国民1人当たり,赤ちゃんも含めて,13万円なんですね。そういうものを僅かな期間でさっと通す,これはもう,参議院を形骸化するとんでもない事なので,しっかりとした審議をすべきだ。中身は後で詳述します。



3.“ねじれ国会”参議院の攻防は 

 (NHK まとめ)国会の勢力   各院の議席数ほか
 衆議院 ( 計 480 )    〔 過半数は240 〕 
   与党  325
   野党  149
   無所属  6
   参議院( 計 236・欠員6 ) 〔 過半数は118 〕
   与党  101
   野党  129
   無所属  6


 生活の党・広野ただし;
 現・憲法では二院制ということです。衆議院では国民の審判がおりて,自公が3分の2を占めるという事態なっています。ですから,自公が暴走することのないように,先ほども申し上げましたが,参議院は熟慮をする,あるいは再び考える再考の府として,いわばチェック機能が非常に大切だ。そのための二院制だから,参議院でしっかりと政府の提出して来る法案を,今度は本予算が出て来ますから,本予算,関係法案も含めて審議をする。
 こんどの7月には,参議院が半分改選される。それについて私たちは,一番大切なのは東日本大震災における原発の問題,あのメルトダウンしている原発,どうやって対応して行くのか。
 そして,地方分権をどうやっていくのか。また,国民所得をどうやって上げたらいいのか。そういう目線でやって行きたい,そう思っています。


4.国会同意人事        

 NHK・島田敏男 ; 参議院では,やはり合意形成という事について各党とも努力の用意ありと感じました。ただ,国会同意人事,こちらの話しは微妙なようです。
国会同意人事とは36の機関の253人が対象となっている。両議院の同意が必要で,ここには衆議院の優越は,ありません。法律案以上に「院の意思」が,重要になります。例えば,日銀総裁は,国会の同意がなければ内閣は任命できない。

 日本銀行法 「(総裁は)両議院の同意を得て,内閣が任命」

 特にこの日銀総裁人事は,国会の意思の表れと言われています。
以前からこの国会同意人事の日銀総裁人事の案が,報道を通じて漏れると,それが案にならなくなると,最近の国会のルールとしてあったようだが,3週間前位からこのテーマを出すと,皆さんルールを変更しようという事では纏まるんですが,まだ進んでいません。    (西岡ルール)

 ( 以下,発言省略 ) 

 NHK・島田敏男 ; 私達マスメディアに携わる者としては,事前報道は仕事ですんで,皆な目指すが,それが出たら国会の意思,政府の意思を乱すと言われると困るので,早くルールを変えて欲しいんですが。

 ( 以下,発言省略 ) 

  NHK・島田敏男 ; 日銀総裁人事で言うと,白川さんが3月19日日銀副総裁の辞職に合わせて身を引くと言った。(政府は)国会に人事案を提出する時期はいつか。

 政府自民・世耕 ; まだ決まっていない。国会のルールで少なくとも10日前には人事を提示し各党で協議して,という事になる。

 ( 以下,発言省略 ) 

 新党改革・舛添 ; (厳しい口調で)西岡ルールが出来る前からの問題。
 報道の自由とか,知る権利との兼ね合いが,本質じゃあない。
天下り先を役人がどう確保して行って,そこは,指定省,何とか省で次官をやったら,つぎはどこになる。ここから,こうだ。それを,国会の同意人事なんて勝手に決めちゃって,しかもそのために,それを既成事実化する。
しかも,もっと悪いのは1つの新聞社だけに,わざとリークさせる。

 NHK・島田敏男 ; 官僚が既成事実化に動いたという(問題)。

 新党改革・舛添 ; 知る権利との闘いじゃなく,最大の問題は,こういう形でキャリア官僚たちが「天下り先」を,どんどん増やして行ってるんですよ。ここを変えない限りは,日本社会は変わりません。

 ( 以下,発言省略 )

 生活の党・広野ただし ;
 今ありましたように,(人事案は)政府が提示をするわけですね,役所側の人を。舛添さんがおっしゃるように「天下り」の1つのポストで,1人,年間2,000万円とか3,000万円の報酬を得る。
 何で国会がチェックをするかという事は,やはり,国民目線で見るんだ,という事だと思う。
 いまの同意人事ルールは見直すのにやぶさかではないと思っておりますが,ただ,場合によっては各委員会の理事会だとか,253人おられても,ちゃんと委員会で精査できるという事もあります。


 NHK・島田敏男 ; 実質的な聞き取りなんかの手立てをもっとしっかりさせる,という事ですね。

( 以下,各発言省略 )

 NHK・島田敏男 ; どこの社が事前報道しようが,(人事案に)国会でマルがついたりバツがついたり,どっちも有りうる。これが本来の姿じゃないですか。

( 以下,各発言省略 )

5.参議院の役割

 生活の党・広野ただし ; よく一院制議論がありますけれども,だいたい人口5千万人以上の国では二院制です。人口の少ない所では一院制があります。
 スピード感と言うが,私は二院制はしっかりやって行ったら良いと思う。(衆議院の)カーボンコピーと言われます。ですから,機能分担をしっかりやらなくてはならない。今まで,参議院も決算重視,行政監視重視ということでやってきておりますので,そういう機能を更に強化して行く。そして,中長期的な観点で議論をしていく事が非常に大切だと思っています。


  


*************************

出演
 NHK・解説委員  島田敏男
(政府代表・自民党)内閣官房副長官 世耕弘成
(与党)自民党・参議院議員会長 中曽根弘文
公明党・参議院議員会長 白浜一良
(野党)民主党・参議院議員会長 輿石東
日本維新の会・参議院議員団会長 片山虎之助
みんなの党・参議院国会対策委員長 水野賢一
生活の党・参議員会長 広野ただし
日本共産党・参議院議員団長 山下芳生
社会民主党・参議院議員会長 又市征治
みどりの風・代表 谷岡郁子
新党改革・代表 舛添要一

*************************

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック