DIRTY PROJECTORS/国境なきコンツェルト

画像
 コールドプレイColdplay のアルバムMYLO XYLOTO(マイロ・ザイロト)の期間限定サービスで,わたくしが作図できましたイラストです。ウェブの検索語にないつづりを一生けん命考えたそうです。発音マイロ・ザイロトと知ってもらうのに苦労し,失敗だったので,この次からは分かりやすくします,などが,公式サイトに載っていました。



ラジオ番組『ワールド・ロック・ナウ』は毎週聞きたいのに,電波状態がいつも不安定なのよ。FMアンテナつければあ,て,めんどくせ~しい。しゃあないからあ,とりあえず聞こえる在日米軍向けラジオ局AFNを,いつもかけることになるのよ。英語は知らないから,気を散らさないでおけるテキトーなBGMだしね。
ネットラジオもあるでしょ,て,音がちがうのよ。
昨夜2012年12月21日は,英語圏の人たち(?)は回文みたいな日付けで盛り上がったようで,わたくしたちは冬至で盛り上がりました?
帰って,NHKラジオが受信できたから,聞きましたよ。よかった。よかった。

はじめにレッド・ツェッペリンの「カシミール」(Kashmir)が聞こえましたね。
え~っ,これって,ゴジラって映画のパフ・ダディの「カム・ウィズ・ミー」じゃないの?
それにしても,すごい曲だし~。
渋谷陽一さんとゲストの伊藤政則さん,大貫憲章さんとの会話を聴いていたら,「カシミール」のほうが,原曲だって。
やばっ……知らなかった,見てなかった,って,コワイよね~。
どっちもCD買って,何回も聴いてたのに,ぜんぜんライナー読んでなかったよお。
言い訳ばかりのわたくしですよ。 だってえ~!!「カム・ウィズ・ミー」をラジオで聴いてから,次つぎとジミー・ペイジやロバート・プラントやレッド・ツェッペリンのCDを買ってきたんだからあ。
たいていのことは、よく知らないまま,確かめもしないまま,憶えもしないまま日々が過ぎていく。

で,番組は,ロックがせんもんの人たちの“男子会”なかんじだった。ロック・バンドは羨ましいなあっておもうのは,「おい,それって何だよお!?」とか,時どきズケズケした会話で盛り上がっている男の子たちの雰囲気をずっと持ってるところ。

昨夜,渋谷陽一さんが選んだ5曲は,つぎのとおり。(曲名//アーティスト)
NUCLEAR FAMILY // GREEN DAY
OFFSPRING ARE BLANK // DIRTY PROJECTORS
TIDES // THE XX  (読み方はザ・エックス・エックス)
TRUTH ABOUT LOVE // P!NK
GOD SAVE THE QUEEN//NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE
渋谷さんがスゴイのか,ロックがスゴイのか。 かっこよすぎる……
エンディングは
MERRY CHRISTMAS BABY feat.BRAD PAISLEY // COLBIE CAILLAT

Dirty Projectorsの曲は,無国籍っていうか,国境なきコンチェルトっていうか,ほんとうに好きだ。
国境なきコンチェルトって,意味からするとメッチャ形容矛盾だけどね。
でも,『国境なき子どもたち』のことも最近ラジオで聞いたので,ね。最初はものすごいショックだった。子どもたちに国境はないんじゃない? 血のめぐりがわるいわたくしは,一瞬そうかんじたけれど,これがほんとうに形容矛盾になるように沢山の人たちが,努力している。




参考
◇ ロッキング・オンの音楽情報サイト[アール・オー・ロック]
http://ro69.jp/blog/shibuya/

◇ ダーティー・プロジェクターズ(Dirty Projectors)  2002年~

◇ 『国境なき子どもたち』
http://www.knk.or.jp/










国境を越える名誉と家族?フランス在住モロッコ移民をめぐる「多現場」民族誌
東北大学出版会
渋谷 努

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国境を越える名誉と家族?フランス在住モロッコ移民をめぐる「多現場」民族誌 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック