銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎 「国民の皆さん自身の問題だ。 棄権なんて絶対いけない。 そのツケは全部国民にくる」

<<   作成日時 : 2018/06/06 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

https://www.youtube.com/watch?v=ZIDHRMZqYuk
25:33
【2018年6月5日】 小沢一郎代表・山本太郎代表
共同定例記者会見


小沢 一郎 代表

野党結集。政権交代
✑ 国民の期待,評価の高いところに,政権交代を目指す野党の結集を図っていくのが,ごく自然の流れだと思います。 現時点においては枝野代表率いる立憲民主党を中心として野党が結集する。 ほかに国民の期待を担い,評価の高い人や集団が現れれば別ですけれども

次世代大型加速器 ILC「国際リニアコライダー」北上山地への誘致
✑ ILCで研究を進めるのは良いことですが,現在の政府は,今までの予算と別枠で1兆円近い金をリニアコライダーに注ぎ込むという発想は,ないと思います。 私は地元でも言ってるんです。 政権を替える以外ない。それに尽きます

財務省の一連の文書改ざん。内部調査を発表
✑ 安倍さん本人か奥さんかどうか知らないが,官邸サイドの意向が強く反映された結果だっちゅうことは,皆分かりきってる。それをもっともらしく報告書だと言って,今までどおりの,真実を隠す,国民の目を誤魔化そうとする一連の行為ではないか
✑ 「森友」も「加計」も同じだが 麻生さんの直接的な思いでやったわけではないにしても,財務省の高級官僚含めて,官僚組織内でも上司の権限としてさせたことであるし,最大の上司である大臣の責任は免れない


長期政権の驕り,たるみだけか
✑ 安倍さん自身の感覚がそうなんじゃないか。 選挙のときは調子の良いこと言って,勝ったら途端にでしょ
✑ 与野党ともに政治家がだらしないけれども,基本的には国民がいけないよ。 その自民党に投票するっちゅうのが,どうかしてんだよ。 野党の不甲斐なさや無能力や,それ以上にもっと危険な権力者である安倍さんのそれを 国民が敢えて許すちゅうことになる
✑ 民主主義は最終,国民の主権の行使=選挙だ。 気が付いたらもう取り返しがつかない,後戻りできない,ということにならないようにしなくちゃいけない。 我々野党の責任ももちろんだけど,国民の皆さん,あなた方自身の問題だ。 もっと真剣に深刻に考えて,投票しなければならない。 棄権なんて,絶対いけない。 ノホホンとしていると,結局そのツケはね,全部国民にくる。 そのことに思いを致すべきだ


米朝会談,激動する朝鮮半島情勢
✑ 米朝会談が開かれて少しでも平和の方向に進むことは良いことですけれども,北朝鮮はカードとして絶対核は持っていたいから,完全に手放すちゅうことは,まずあり得ない。 トランプ大統領の望む要求 〔 核・ミサイルの完全,検証可能かつ不可逆的な放棄 〕 に応ずるちゅうことは難しいんじゃないかと,今でも私は思ってます
✑ 日本人,日本政府には,自分自身のきちんとした主張がない。 自立してないからだよ。 いつまで経っても国際社会から相手にされない。 日本はただキャッシュ・ディスペンサー,金さえ出しゃあいいんだとしか見られない。 まことに情けない状況。 今,北朝鮮だって,まったく日本なんか無視でしょうや


【 記者質疑 】
NHK
; 小沢代表に。 財務省の一連の文書改ざんについて,内部調査結果を発表した。 肝心なところが分からない,麻生さんの責任の取り方が甘い,などの指摘がある。 どう考えられるか。 また,麻生大臣,政権の責任について,どのように考えられるか。


小沢 一郎 代表
 今,君の言ったとおり,肝心なところはきちんと書いてないわけだから,報告してないわけだから,皆,国民誰もが,一連の事件は,安倍さん本人か,あるいは奥さんかどうか知らないけれども,官邸サイドの意向が強く反映された結果だっちゅうことは,皆分かりきってるんだから。

 それをもっともらしく「報告書」だと言って,実はその肝心なところは何も触れてない。
 まったく今までの,真実を隠す,そして国民の目を誤魔化そうという類いの一連の行為ではないかと思います。
 国民の批判に,しょうがなくて「報告書」「調査報告」たるものを出したちゅうことでしょうけどもね。 ほんとうの真実を述べた報告ではないと思います。

 麻生さんの責任は,麻生さんの直接的な思いで,「森友」「加計」にしても同じだけど,やったわけではないだろうけれども,財務省の高級官僚含めて,官僚組織内でも上司の権限として させたことであるし,最大の上司である大臣の責任は免れない。
 それは誰もが皆,官邸の責任だってことは思ってるだろうけれども,麻生さんもまた直接的に所管の大臣ですから,その責任は免れない。 うん。 当然のことだと思います。

THE PRESS JAPAN ; 6月12日米朝首脳会談が行われると発表になったがどのようにお考えでしょうか。

小沢 一郎 代表
 (トランプ氏が)やめるの何のと言いながら,最終的にやる方向のようですけどね。まあ,その直前までまだ分かんないのね,こんな調子じゃね,と思いますが,いずれにしろ北朝鮮もかなり深刻に困ってるちゅうことも事実だろうと思います。
 ですが,私の感じは,以前から申しあげてるように,北朝鮮の核はやっぱりカードとして絶対持っていたい,もちろんその運搬機能も含めてね。 ですからこれを完全に手放すちゅうことは,まずあり得ないと思います。
 米朝会談が開かれて,少しでもそういう方向に進むことは,もちろん悪いことじゃありません,良いことですけれども。
 北朝鮮は,トランプ大統領の望むような完全な核兵器その他のアメリカ側の要求 〔 核・ミサイルの完全,検証可能かつ不可逆的な放棄 〕 に応ずるちゅうことは難しいんじゃないかと,今でも私は思ってます。

THE PRESS JAPAN ; (米朝会談が)何回か行われるのではという話もあるが,いかがですか。

小沢 一郎 代表
 いや,それも分からん。

フリーランス・オカダ ; 両代表に。 国会で政府の○○(答弁の矛盾・虚偽)が次々と明るみに出て,通常であれば内閣が吹っ飛んでもおかしくない案件がいくつも重なっている状況だが,あいかわらず官僚なり閣僚なりが当たり障りのない答弁で体を躱(かわ)しているという印象が一般有権者・国民にあると思う。 これは単純に言われているような長期政権の驕り,たるみということで片付けていいことなのか。 もっと違うことが,これまでの政権にないような変化が,政権の体質の内部で起きているのではないかという気がする。
 長く政権の中枢におられた小沢代表,あるいは批判の急先鋒である山本代表は,どんなふうにご覧になっていられるでしょうか。


小沢 一郎 代表
 それはもちろん,1つは長期政権でしょう。 それから,野党そして自民党自体も,非常に権力に対して批判的な言動をする人もいなくなっちゃった。
 与野党ともにね,権力に...何ちゅうかなあ...恐れおののいてるみたいな風情だよね。
 そういうことと,それから,安倍さん自身の感覚がそうなんじゃないかな。
 選挙のときは,何のことでも,憲法の話でも,ほとんどしないし,TPPもやりませんとか,いろんなこと調子の良いこと言ってて,勝ったらもう途端に,でしょ。

 これはねえ,与野党ともに政治家がだらしないけれども,基本的には国民がいけないよ。
 その自民党に投票するっちゅうのが,どうかしてんだよ。
 これは,野党の不甲斐なさや野党の無能力や,それ以上にもっと危険な権力者である安倍さんのそれを国民が敢えて許すちゅうことになるから。

 やっぱりもう,民主主義は最終,国民の主権の行使=選挙だから。
 そこんとこをもう少し考えないと,気が付いたらもう取り返しがつかない,後戻りできない,ということにならないようにしなくちゃ,いけない。

 ですから私は,機会あるたびに我々自身の責任ももちろんだけど,国民の皆さんに向かって,あなた方自身の問題だと。 自分たちの問題なんだから,もっと真剣に深刻に考えて,投票しなければならない。
 棄権なんていうのは,絶対いけない。 2009年から比較して,20%棄権しているんだから。
 これはもう完全に白紙委任っていうことだよ,棄権ちゅうことはね。
 こんなことも考えないでね,ノホホンとしているとね,結局そのツケはね,全部国民にくる。 うん。 そのことに思いを致すべきだと,私は思う。

山本 太郎 代表
 ありがとうございます。 今,小沢代表が言われたとおりだと思う。
 政治と生活がつながっている部分を意識できなくなっているのかなと。 今やられている政治ってのは,そのまま今の世の中を鏡に映したような状況なのかなと思うんですね。
 長期政権による たるみもありますけど,それによってどんどん加速していったのが,この国に生きる人びとやこの国の財産を切り売りしていくってことが日常的に国会の中で行われている。
 たとえば「過労死促進法」働き方改革であるとか,PFI,TPP,カジノ。
 企業の利益のためならば,この国さえも売り払う気概を持って政治に臨まれてるという状態だと思います。 2013年の(首相)施政方針演説で「世界で一番企業が活躍しやすい国にする」という,自分で言ったことをしっかりと守っている。 一部のことには,しっかりとお仕事をされている。 その政治が,まかりとおっているだけだと思います。

岩手日報 ; 岩手県(& 宮城県)の北上山地に誘致を目指している国際リニアコライダーILCについて小沢代表に。 5月31日(福岡市で開催の)国際会議で(物理学)研究者らが,今年中に日本政府が誘致に前向きな姿勢を表明しなければヨーロッパからの支援が見込めず,ILCの実現は非常に厳しくなるという懸念を示した。 この状況も踏まえて,誘致に向けて日本政府に望むこと, ILCへの期待を,ひと言お願いできればと思います。

小沢 一郎 代表
 「ヨーロッパの支援が見込めない」 って誰が言ったの? 学者が?

 リニアコライダーはね,政府がはっきりしないもんだから。 今度は規模を縮小したりなんだりして,やってるようですけど。 それにしても1兆円近くかかるんだよね。
 これは日本だけじゃなく,アメリカもね,ヨーロッパもね,そんな金かかるのは,やらないっつってるんだよ。 それでまあ日本に回ってきてるような話なんだ,もともとは。
 このリニアコライダーで研究を進めるということは,良いことですけれども,要は現在の政府では,その1兆円近い金を,今までの予算と別枠でリニアコライダーに注ぎ込むという発想は,現在の政府にはないと思います。
 ですから私は地元でも言ってるんです。
 政権を替える以外ない。 それに尽きます。

読売新聞 ; 小沢代表に。 政権交代には,まず来年の参院選でねじれを起すと従来から仰っているが,そのためには野党共闘が不可欠だと思います。 当然,野党で最も支持率の高い立憲民主党が軸になるということを念頭に置いてらっしゃると思うが,改めて立憲民主党・枝野代表への評価と期待をお伺いしたい。

小沢 一郎 代表
 僕の評価や期待を聞いたって話になんないんで。
 国民が今,枝野代表が率いる立憲民主党に期待し,評価しているわけですから。 それは国民の期待,評価の高いところに,その他の政権交代を目指す野党の結集を図っていくというのが,ごく自然の流れだと思います。
 もちろん,ほかに国民の期待を担い,評価の高い人や集団が現れれば別ですけれども,現時点においては枝野代表率いる立憲民主党を中心として野党が結集する以外ない。そう思っております。

朝日新聞 ; 小沢代表に国会情勢について。 IR法案が衆院の内閣委員会で採決が近付いているという話もある。 ゴールデンウィーク前には一度審議拒否という形で野党の国会戦術があったが,今回,新潟知事選も近い中で 野党はどのように国会戦術で臨んでいくのか。

小沢 一郎 代表
 カジノの法案を明日(6月6日)強行するという話が流れていますけれども,私は現時点においても,そんなことを政府与党がするかなあ,と,ちょっと疑問に思っております。
 しかしまあ,それはそれとして,強行してくるということになれば,我々としては,野党としては,あらゆる手段を講じてそれを阻止するということになる。 あるいは,そうすべきだと,私は思っております。

ゲイレポーター酒井佑人 ; 両代表に,LGBTトイレについて。 大阪市が多目的トイレにLGBTを象徴するレインボーのステッカーを張ったが,当事者からLGBTトイレをわざわざ設けるなという批判を受けて 取り止めた。 LGBTに配慮した自治体や企業の取り組みが逆に差別を延長させると当事者から反発が出ているが,どうお考えかを。

山本 太郎 代表
 ありがとうございます。やっぱりこの国では多様性ってものが認められてないという前に,認める前に知られていないということは大きな問題だと思います。 いろんな人たちがいて,いろんな個性があるんだということも当然ですけれども,そういう基礎的な部分として埋っていない状況で,おそらく混乱が生れている状況なのかなというふうに思うんですね。 ここは,国が啓発をしていくってことが非常に重要で,それとともにやはり教育で,あなたのままで良いんだと言えるような,自分がどういうものかっていうことを,それぞれにシェアできるような社会を作る基礎として教育が必要になってくると思うんですけど。 今言われたことに対して,すぐにどういう対策をすればいいのかってことが,私の中ですぐにカードとして出せないのは申し訳ないんですけど,またその件について教えていただければと思います。

小沢 一郎 代表
 特別のトイレを作るの?

ゲイレポーター酒井佑人 ; はい。 LGBTトイレという男女問わずのトイレを大阪市が作って。

小沢 一郎 代表
 作ったの? ああ。

山本 太郎 代表
 それは良いことだと思います。 今の,理解が必要だという部分になってくると思います。

小沢 一郎 代表
 差別だな。

ゲイレポーター酒井佑人 ; はい。 わざわざ作る必要があるのかという。

小沢 一郎 代表
 それも差別だな。 自然にしとけばいいんだ。 何事も自然。

ゲイレポーター酒井佑人 ; ジェンダー・フリーにするという考えはありますか。 フランスのように,男女共用。 お風呂とか全部,男女共用,ジェンダー・フリーにするという考えはありますか。

小沢 一郎 代表
 混浴風呂作れっつうの? 日本だって,混浴だったよ,前は。 よく入ったもんだよ。<会見場・笑>
 その時々の社会の常識やら,皆の意識によるんだよ。 だから画一的にどうこうつうわけにいかんだろ。 それでそういう性の問題については,最終的,社会的な規制ちゅうのは,結婚だよ。 結婚ちゅうものをどういうふうに認識するかどうかっちゅうこと。 男同士でも女同士でもという類いのことだろ。

ゲイレポーター酒井佑人 ; はい。

小沢 一郎 代表
 それは個人で好きなようにすればいい。 規制する必要はない。
 だけど,結婚ちゅうことになると,それは法律的規制が生れてくるから,これをどう考えるかちゅうとこが一番の問題だよ。
 混浴だって,したい人は混浴してりゃいいし。 今でも混浴あるでしょ。 そこはあんまりね,ゴチャゴチャゴチャゴチャ考えないで,それぞれの状況や環境や社会常識や,その地域のまた常識もあるわな,地域社会の。 あるんだよ,田舎で,ずっと混浴だったし。 うん。 だからそういう問題だから,法でもって人為的にこうしろ,ああしろと,どっちの方向であれ,だよ,やるっちゅうのは,僕はあんまり賛成じゃない。 うん。 好きなようにすりゃあいい。

ゲイレポーター酒井佑人 ; 同性婚は賛成ですか。

小沢 一郎 代表
 結婚は,問題だちゅうんだよ。 なぜならば,それは法律的規制を伴うからだよ,結婚となると。
 だから事実上一緒にいるのは,かまわないさ。 好きなのは一緒にいたっていいさ。 だけどそれは法律でもって結婚というふうに認めるかどうかちゅうことは,結婚ちゅうものはどう考えるかちゅうことの問題なの。 だからそれはやっぱり国民的合意がないと,なかなか現実には難しい。

フリーランス・オカダ ; 米朝会談を踏まえて,両代表に。 朝鮮半島が劇的に動いているところだが,安倍政権はこの問題に関してそれほど大きく国際的に存在感を発揮できているようには思えない。 アメリカもそれほど日本を重視しているようには思えない。 6か国の中で急速に存在感を失っていくように見える日本を,どうしたらいいのか,どうあるべきかを。

小沢 一郎 代表
 日本政府のことは,北朝鮮だけじゃなくて,どこも相手にしてないよ。 アメリカも。
 僕はずうっと言ってるだろ。
 なぜか。
 日本人という言い方してもいいけど,日本政府には,自分自身のきちんとした主張がない。 自立してないからだよ。 その場その場でアメリカの機嫌取ってみたり,中国行ってただペコペコしてみたり,そういう類いの話だから。 アメリカからも本質的には相手にされてない。 言うとおりあとをついて来りゃあいいっちゅうような感じで捉えられてるでしょう。 韓国だってダメでしょう。 中国だってダメでしょう。

 やっぱり自分自身でアメリカとはどういう,日米同盟ちゅうのはどういう,同盟とは何かと。同盟の一方の当事者としての日本は,どうあるべきかと。
そういうことの考え方と主張がないから,相手にされないのよ。
 韓国とも,そうだ。歴史問題をどう考えるか。 日本はこうだということをきちんと言えない。 何とはなしに,そんなことないよとか,あるよとかいう話して。 慰安婦の問題でも何でも。
 だから全部ダメなんだ。 中国でも南京虐殺があったとかないとか,過去の歴史の事実だって,そこで見てる人じゃないから分からんわね。 歴史の事実なんて皆そうだよ。
 そしてとくにやっぱり,歴史の事実というのは,時の勝者が作るんだ。 だからそこはね,単なる「お前が悪い」「俺が悪い」いや「お前が悪い」つったって,それは単なる議論のための議論で。

 そういう歴史的事実を踏まえて,じゃあ日本はどうする。中国,お前はどうする? ということを,きちんと言えるような日本にならないと,いつまで経っても国際社会から相手にされない。 日本はただキャッシュ(ディスペンサー),金さえ出しゃあいいんだという類いにしか見られない。 まことに情けない状況になる。
 今,北朝鮮だって,まったく日本なんか無視でしょうや。
 拉致被害者だって,そりゃあ相当の金出しゃあ,何人か返してくれるだろうけどね。その程度の問題だ。 アメリカは何したのか知らんけど,3人4人返したでしょ
 そこが日本人として,そして日本政府として,自覚しなけりゃならない問題だと。 いつまで経っても直らない,こういう立場は。 だからそこを考え直すべきだと,私は思う。

山本 太郎 代表
 今,小沢代表が言われた部分がほとんどだと思います。
 結局,ジャイアンの後ろで吠えるスネ夫ということに尽きるんだろうなと思います。 小沢代表が言われたとおり,自分たちでこうしていくんだという形が見えない。 独立国としては ちょっと見做されてないのかもしれないですね。 間接的に支配されてる国だということで。
 現在蚊帳の外に置かれてるのは,これまでの日本が取ってきた行動の当然の帰結だという状況なんですけれども,ほんとうを言うならば,たとえ余計なお世話だと言われたとしても,あいだを取り持つ。 私たちと話をしていこうと,私も伝えるからというような態度でやっぱり外交っていうものを展開していれば,これは大きく変わっていったという状況もあるのかなあとは思うんですけれども。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

お読みいただきありがとうございます。 ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.liberalparty.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢一郎 「国民の皆さん自身の問題だ。 棄権なんて絶対いけない。 そのツケは全部国民にくる」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる