銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本 育夫 「 誤った指導と考えは、大木になる木を枯らしてしまう 」

<<   作成日時 : 2018/05/23 22:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 「高プロ」を成立させるな! 野党5党 がんばれ!

 野党5党+1会派 (自由党,立憲民主党,国民民主党,共産党,社民党,衆院会派「無所属の会」) が,高鳥修一(自民党)厚生労働委員長の解任決議案を衆議院に提出して,「働き方改革関連」法案の今日の採決は先送りになった。
 明日24日には与党の多数により否決されるとしても,国民の多くは見守っている。
 直近の調査でも,この法案の今国会での成立は必要ないとする60%超の世論もある。

 「高プロ」の「定額働かせ放題」が,自分と関係ないなど思っちゃあいけない。
 働き手だけに関係する法案なんかじゃあない。
 たとえば現在高収入であっても,同居の老親の介護はないのか。病気がちの子どもの養育はないのか。

 1日または最低でも1週間の労働時間が法制化されていなければ,働き手だけではなく,すべての人びとの生活にのっぴきならない悪影響をおよぼすことになるのは自明だ。
 大マスコミが,アラートを鳴らしてこの法案の危険性を言わないほうがおかしい。

見守る目

画像


福 島 民 報
(2018/05/23 19:32 カテゴリー:政治)
http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2018052301002172
働き方法案、採決持ち越し
野党、委員長解任案を提出


朝 日 新 聞
https://www.asahi.com/articles/ASL5R5290L5RUTFK00Q.html
野党、衆院厚労委員長の解任決議案提出 「横暴かつ強引」
2018年5月23日15時37分
https://www.asahi.com/articles/ASL5N4SQYL5NUZPS002.html
世論調査 ― 質問と回答〈5月19、20日実施〉
2018年5月20日22時09分
◆ 働き方改革関連法案の成立
 今の国会で成立させるべきだ 19
 その必要はない  60
 その他 ・ 答えない 21

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

お読みいただきありがとうございます。 ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.liberalparty.jp/

国民民主党
https://www.dpfp.or.jp/

§§ 松本 育夫 「誤った指導と考えは、大木になる木を枯らしてしまう」

 サッカー日本代表の前監督バヒド・ハリルホジッチ氏は,日本サッカー協会が4月7日付で解任したことに対する謝罪と慰謝料1円を求める訴訟を起こしたと報道される。
 サッカーは,ややもすると暴力的になるフーリガンの存在やら,チームの勝敗を賭け事にしたりやらと,熱狂的な面が目立つことも多いが,イギリスで生まれ,古くはスポーツにおける “ gentlemanship ” が強調されていた。
 日本サッカーは様々な国から監督を招聘し発展してきたのに,どうも文化としてのサッカーを身に着けようとはしていないなあというのが私の感想。
 トルシエ監督も,フランス語はちょっと通じにくいし,日々の文化的差異で苦労するだろうからと奥様はフランスにのこして単身赴任していたことも記憶に新しい。

 要するにね,「協会と監督との間のコミュニケーション不足」 とか言い訳染みたことでクビにしたけど,その実,本質的には文化であるスポーツとして根付いていないんじゃないかという恐れがあるのよね。
 日本サッカーにあたらしい戦略を増加 increase させ続けるには,異なる文化的価値を包摂 include できるかどうかを,日本サッカー協会は考えてるんだろうか。
 ちょっと疑わしいようにも思う。

 アメフトのラフ・プレーが大きな問題になっているニュースがあるけど,何となく日本の「格差」という固定化された不平等を見る感じがする。
 どこもかしこも 「格差」 を諦めつつ受け入れているんじゃないのか。
 どんなものにも,差異はある。
 それを 「格差」 として固定化させないことが大事よね,と私は思う。


松本 育夫
『 サッカーに世界はなぜ熱狂するのか 』
毎日新聞社
一 部 抜 粋

サッカーは、ゴールキーパー以外の選手は手を使ってはいけない。 相手にケガをさせるプレーをしてはいけないなどの十七条の基本ルールがある。 これを守りながら試合に勝とうとする行動の中には苦労が必要である。 しかしルールを守りながらプレーすることは、自分自身をコントロールしない限り、できない。 ルールで決められたことは、自分をコントロールし絶対に守らなければならない。 でなければサッカーは成り立たないのである。 これは社会生活と同じで、スポーツを行なった結果、自然と養われるものであり、養うためにスポーツを行なうのではない。

 誤った指導と考えは、大木になる木を枯らしてしまう、つまり本人のためにならないだけでなく、誰のためにもならない。このことを現場の指導者たちはもう一度考えていただきたいと思う。

毎日新聞 2018年5月18日23時30分(最終更新5月18日23時39分)
https://mainichi.jp/articles/20180519/k00/00m/050/192000c
サッカー
ハリル氏、謝罪と慰謝料1円求め提訴へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本 育夫 「 誤った指導と考えは、大木になる木を枯らしてしまう 」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる