銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤報隊事件」テロに無自覚な日本社会/エンゲルもビックリ! アベノミクスで係数が上がった!

<<   作成日時 : 2018/02/02 19:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 「赤報隊事件」 テロに無自覚な日本社会
❒ 1月28日
(日) 曇り,寒い
 昨日27日夜7時半からのドラマ・NHK 『 未解決事件file 06.赤報隊事件 』(約75分間)に続いて,夜9時からドキュメンタリー『 赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇 』。(約50分間)

 ドキュメンタリーは,戦後の秩序すなわち民主主義を否定し,言論の1つの〈砦〉でもある新聞社を襲撃し,記者を殺害し,政府要人ほかを脅迫するテロの恐怖が,1980年代の日本にあったことと,今なお,そうした〈考え方〉が「反日」という言い方とともに安易にSNSで継続・拡散されている恐怖を,再度私に想起させる。

あの捜査な,ちょっとストップかかったから,おいといてくれ

 捜査員の上司の 「ストップかかったから」 という言い方は,おそらく力のある政治勢力が,警察の捜査を中止させたことを窺うことのできる部分だ。
 どちらが実体でどちらが影であるか 知りようはないが,ある宗教団体と,何かしら政治的勢力と。


元捜査員 巻野利秋(68)
散弾銃の話を極道から聞こうということでね,まあまあそれなりのことで,ある極道と会うた。 そのときに散弾銃の話は出んやったけども,「 ある宗教団体が裏におりますよ 」 と。 「 いっぺん当たれば 」 というようなことでね。

Narration ; 当時, 宗教団体への捜査はほとんど前例がなかった。 情報収集を始めておよそ1か月後,巻野は上司から捜査の中止を言いわたされた。

元捜査員 巻野利秋
(上司が) いろいろ考えて下向いたような状態で,で,「 あの捜査な,ちょっとストップかかったから,おいといてくれ 」 と。

Narration ; 巻野は散弾銃などの捜査に戻るよう指示された。
捜査資料には 「 核心に迫る容疑情報の入手には至っていない。」 と記された。
最終的に事件と結びつく事実は見つからなかった。
今回,宗教団体は私たちに 「 警察の捜査対象になっていたという認識はまったくなく,事件に関わった事実もない 」 と回答した。
朝日新聞への恨みが動機と見られていた事件は,その後,予想外の展開を見せていく。


❒ 1月29日(月) 晴れ,久しぶりに日中の気温が10℃,22日の雪が固まっていたところが,だいぶ融ける
❒ 30日 (火) 曇り
❒ 31日 (水) 日中やや曇りがち,でもよく晴れて,皆既月食が見える

§§ エンゲルもビックリ! アベノミクスで係数が上がった!
 公共料金が激安,医療費もタダ,保育料もタダ,教育費もタダ,老後の心配ゼロ,という国でならば,たとえエンゲル係数が50%であっても,残りの支出はほぼすべて遊んだり,趣味に使ったり,着飾ったりという選択的消費に係る支出であるわけで,それならば豊かさの指標と言えるだろう。
 エンゲル係数のみで さまざまな国々の経済社会を分析するのに足りるかと言えば,現在では別の指標を用いるほうが良い場合もある。

 けれど,一般的には消費支出における食費の割合が大きくなれば,雑駁に言って生活水準が低く 「食って,オシマイ」 ってぐらいは,そこそこ常識の範囲だ。

 ところが,31日の参院予算委員会。 安倍総理のおよそ珍答弁。 エンゲル係数が上昇したことで 「 景気回復の波が全国津々浦々に 」。

 基礎的な食料にも,学用品にも,日常的な医薬品にも,公共料金にも,それもなんと水道料金にも,消費税を乗せている日本で,いわゆる選択的消費支出を減らさざるを得ない生活が常態化していることのどこが景気回復なんだ?

 消費税8%にともない,値上げにとどまらず分量の大幅な減らされ方をしている食料品,日用品。
 ガソリンも食品も,えらく値上げになってるから庶民大衆の生活はすっかり物価高で “インフレ” しているさ,“デフレ脱却” しているさ。
 何といっても,給料が,安いままだ。
 また,生活保護費の減額に始まり,老後の年金受給年齢を70歳にするとか,各種保険料の値上げやら,これつまりアベノミクスの大失敗だろうが。
 それをいっさい認めようとはしない。
 でも,一部の上場企業と投資家はそこそこバブルだそうだよ。

 1月22日付 日経新聞 「 日本の賃金、世界に見劣り 国際競争力を左右(賃金再考) 」 によると


上場企業は 18年3月期に2年連続の過去最高益を見込む

 日本の賃金が安いことは認めているが,多くの非正規雇用の問題はスルーして,企業業績のみ重視の“成果型”賃金体系を確立するために政府は規制緩和しろと,あいかわらず弱肉強食の新自由主義に汚染されたままだ。 上場企業向けに政府が規制緩和した先には何が待っているのか。

年功序列や終身雇用など 「日本株式会社」 の慣行にとらわれない賃金のあり方。
政府は労働規制の緩和などで企業の背中を押さなければならない。時間ではなく仕事の成果で賃金を払う 「脱時間給制度」 の整備。


◇ 報 道
日刊ゲンダイ 2018年2月2日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222443
安倍首相が珍答弁 エンゲル係数上昇は 「食生活の変化」

日テレNEWS24 2018年1月31日 12:50
http://www.news24.jp/articles/2018/01/31/04384403.html
参院予算委 アベノミクスの問題点を追及

日本経済新聞 電子版 2018/1/22 1:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25960110R20C18A1MM8000/
日本の賃金、世界に見劣り 国際競争力を左右 (賃金再考)
働き方改革  賃上げ交渉 経済


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

お読みいただきありがとうございます。 ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「赤報隊事件」テロに無自覚な日本社会/エンゲルもビックリ! アベノミクスで係数が上がった! 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる