銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんとうは今国会で,安倍内閣は,2度も3度も〈壊滅〉すべきだった

<<   作成日時 : 2017/12/08 20:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

萩原 朔太郎 『 月に吠える 』 「 竹とその哀愁 」

  冬

つみとがのしるし天にあらはれ、
ふりつむ雪のうへにあらはれ、
木木の梢にかがやきいで、
ま冬をこえて光るがに、
おかせる罪のしるしよもに現れぬ。

みよや眠れる、
くらき土壌にいきものは、
懺悔の家をぞ建てそめし。


§ 冬
6日(水) 晴れ。 気温は低い
7日(木) 晴れ。 昨日と同じに低温
8日(金) 曇り,午後からの雨が,みぞれになりそうな寒さ

§§ ほんとうは今国会で,安倍内閣は,2度も3度も〈壊滅〉すべきだった

1) 大マスコミはろくな報道をしなかった。第195国会特別会が閉会


画像

参議院議員 森ゆうこ @moriyukogiin 12月7日
https://twitter.com/moriyukogiin
文教・内閣合同審査会でこれから質問します。 この後、山本太郎議員と委員を差し替えてもらい、15:50から、20分間 加計学園問題に関連して、森友問題を一問だけ質問するために用意した新しい資料の提出は、与党の反対でできないことになりました。 財務省が昨夜持ってくるまで10日間もかかったのに

 近藤勝重氏が言った「 舞台裏では小沢さんの言う 『 オリーブの木 』 構想が生きている 」 ということを,私たち有権者も期待し続けている。
 けれども,NHKはじめ大マスコミは,できるだけそれは表に出したくないらしい。
 特別会の最中ずっと,おスモウやらの話題にばかり時間を割き,意味不明でシドロモドロの安倍総理答弁も,国会討論を愚弄する山本一太議員のオフザケ質疑も,厳しい批判にさらすニュースはなかった。

 しかし,昨日は,森ゆうこ参議院議員( 自由党 ) が加計学園問題を追及している委員会の映像をわずかに報道してはいたが,上記のように,森友学園問題についての森ゆうこ議員の資料提出さえ与党が反対したという。
 こうした安倍・自民党による議会状況の危機を報道する姿勢さえ皆無だ。
 ほんとうは今国会で,安倍内閣は,2度も3度も〈壊滅〉すべきだった。
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


2) 野党すべてが結集できたのは 「 準強姦・逮捕状執行停止問題 」

 まずはじめに,私は,事件の被害者であるジャーナリスト・伊藤詩織氏の勇気と決断力,判断力に敬意を申しあげたいのと同時に,個人が国家より重い存在だということをあらためて思う。

 「 準強姦・逮捕状執行停止問題を検証する会 」 は,立憲民主,自由,共産,社民,「無所属の会」 そして希望と維新も含め,すべての野党が結集した。
 共謀罪廃止法案の共同提出をしなかった希望の党は,当初から頼れる野党としての立ち位置にはいない感じということは,各所から言われていた。
 たとえば衆院選前10月15日付,作家の本田成親氏エッセーでは,


 「 希望の党 」 が 「 毀望の党 」 に変貌・堕落もしかねないその騒動...

 と書かれていた。
 その後の世論調査で,支持率は2%とか1%とか。 要するに私たち有権者が政権交代を実現できる野党として見ていない。 そのことを,自覚できているのだろうか。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.liberalparty.jp/

◇ 南勢出版
本田成親エッセー

http://www.nansei-shuppan.com/wp/honda/jiryu/3737/
《 時流遡航 》 昨今の政治情勢に思うこと
(2017,10,15)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほんとうは今国会で,安倍内閣は,2度も3度も〈壊滅〉すべきだった 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる