銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田晃三「山口敬之氏に対する逮捕状を執行させなかった中村格氏は,以前菅官房長官の秘書官だった」

<<   作成日時 : 2017/11/05 04:33   >>

トラックバック 0 / コメント 2

鳥のなかでも一番小さな、あのみそさざいすら、巣の中の雛を守る為には、梟(ふくろう)に立ち向ってゆく。
シェイクスピア 『 マクベス 』 福田 恒存 訳


§11月4日(土)晴れ
 日中は風もなく好天。夕方2時間ほど雨が降った。 そのあと晴れて,満月が輝く。

§§ 一生,借金地獄で苦しませるための 「教育無償化」 案
 もうウソが始まったじゃないか。安倍政権の「教育無償化」案。
 「 在学中は授業料を支払わず,卒業後に所得に応じて国に納付する 」 だってさ
 つまりこれは,一生,学費の借金地獄で苦しめってことじゃないか。 いったいどこが「 無償 」なんだよ。
 ますます少子化が加速することだろうよ。

 ついでだから言っとくけど,世間にはよく 「 国選弁護はタダ 」 という思い込みがある。 これも,裁判中は弁護士料の支払いを直接しないだけで,結審後,収入に応じて国に返済する。
 冤罪でしかも裁判に時間がかかれば,どれだけ酷いことなのか,想像を絶する。

 無性に腹が立つことばかりだ。
 コキア(ホウキ草)が,大きく成長してだいぶ赤くなってきた。 さあ! 暴走政権を一掃しよう。


画像


§§ 永田晃三 「 安倍政権と癒着する山口敬之氏に対する逮捕状を執行させなかった警視庁刑事部長・中村格氏は 以前 菅官房長官の秘書官だった 」

永田 晃三 武蔵大学社会学部教授(元NHKプロデューサー)
✒ ジャーナリズムとは,人々の知る権利に奉仕し,国家の悪をあばき,暴走を食い止め,声を上げられない人たちのために小さな声をすくい上げ,弱い人の側に立ち,より良き世の中を作っていくために貢献することです

✒ 森友学園,加計学園,高江や辺野古の基地建設強行。 文書は隠され,疑惑だらけ。 昨晩は( 加計学園 ・ 岡山理科大学 ) 獣医学部 の認可のニュースが流されました。 何という不公正がまかりとおっているのでしょうか

✒ 伊藤詩織さんが受けたレイプ事件。 レイプの容疑がかけられているのは,元TBSワシントン支局長の山口敬之(のりゆき)氏,安倍総理の覚えがめでたい人物です。 高輪警察署が取調べをし,裁判所が逮捕状の請求を認め,空港で山口氏の逮捕がなされる寸前,当時の警視庁刑事部長の中村 格(いたる)氏が「 待った 」 をかけ,逮捕は見送られました。 中村氏は,以前は菅官房長官の秘書官でした

✒ ジャーナリストが安倍政権のご機嫌をうかがったり,嫌疑をもみ消してもらったり,すり寄ったりしては,断じてなりません。 ジャーナリズムが奉仕すべきは,市民,視聴者,読者です

✒ 傲慢で,聞く耳を持たない安倍政権を,今度こそ倒しましょう


安倍9条改憲NO!全国市民アクション11・3 国会包囲大行動

01:30:50〜01:36:18

 皆さん,こんにちは。 永田晃三(ながた こうぞう)といいます。 今は(武蔵)大学の教員,その前はNHKのプロデューサーでした。
 国会前のたくさんの人たちのなかに木村まきさんが来られています。 先ほどまで学生たちと一緒に,木村さんのドキュメンタリーの撮影をさせていただいていました。
 「 横浜事件 」 という戦前,戦中,最大の言論弾圧事件をご存知だと思います。
 治安維持法という悪法によって,木村さんの連れ合い木村 亨(とおる)さんをはじめ,たくさんのジャーナリストが拷問を受け,獄死し,でっちあげによって有罪となりました。
 それから72年。 木村亨さんは,再審の無罪の声を聞くことなく,亡くなりました。 妻の真紀さんが夫の遺志を引き継いで,国を相手に裁判を続けておられます。
 再審の扉が開かれなかったのは,国が裁判資料を故意に燃やしてしまったからです。
 なぜ,文書を燃やしたのか。 そのことをめぐって,木村さんは今闘っています。
 国の主張は,こうです。 「 国は間違うことなど,ないのだ 」 「 国がやることに,間違いはない 」
 しかし,ほんとうに,そうでしょうか。
 最近の安倍政権を見ても,間違いだらけではありませんか。
 森友学園,加計学園,高江や辺野古の基地建設強行。
 文書は隠され,疑惑だらけなのにもかかわらず,昨晩は ( 加計学園 ・ 岡山理科大学 ) 獣医学部の 認可のニュースが流されました。
 何という不公正がまかりとおっているのでしょうか。

 どうしても,ここでお話ししたいことがあります。
 伊藤詩織さんが受けたレイプ事件です。
 先日,詩織さん自身が外国人記者クラブで記者会見をしました。 どれほどの,どれほどの,勇気が要ったことでしょうか。
 レイプの容疑がかけられているのは,元TBSワシントン支局長の山口敬之(のりゆき)氏です。 (2015年4月別の理由で支局長を解任された)
 山口氏は 『 総理 』 という著書を著わし,安倍総理の覚えがめでたい人物です。
 その山口氏に対して,高輪警察署が取調べをし,裁判所が逮捕状の請求を認め,(2015年6月) 空港で山口氏の逮捕がなされる寸前,警察官の携帯電話が鳴り,逮捕は見送られました。

 「 待った 」 をかけたのは,当時の警視庁刑事部長の中村 格(いたる)氏でした。中村氏は,こう語ったと言われています。
 「 TBSの幹部記者だったから守った 」 と。
 つまり,大手メディアの主要ポストの人間は自分たち警察の仲間であり,詩織さんという女性よりも大切なのだと,中村氏は考えたのです。
 中村氏は,以前( 2015年3月まで)は 菅官房長官の秘書官でした。
 3年前,「 クローズアップ現代 」 のスタジオで,集団的自衛権の閣議決定をめぐって菅氏に国谷(裕子 ひろこ)キャスターが何度も質問したことに対して,放送後 脅しをかけたのも中村氏だと言われています。

 ジャーナリズムの基本は,暴走する権力の監視です。
 そうしたジャーナリズムが,権力と癒着し,レイプをもみ消してもらっていいのでしょうか。

 安倍政権は,間違います。
 国の最高法規である憲法を、間違いだらけで,権力を私物化する安倍政権の好き勝手にすることは,断じてなりません。
 立憲主義とは,憲法によって国家の暴走に歯止めをかけることを言います。
 ジャーナリズムとは,人々の知る権利に奉仕し,国家の悪をあばき,暴走を食い止め,声を上げられない人たちのために小さな声をすくい上げ,弱い人の側に立ち,より良き世の中を作っていくために貢献することです。
 ジャーナリストが安倍政権のご機嫌をうかがったり,嫌疑をもみ消してもらったり,すり寄ったりしては,断じてなりません。
 ジャーナリズムが奉仕すべきは,市民,視聴者,読者です。
 どうか,心あるジャーナリストを守り,育てましょう。 良きジャーナリズムを応援していきましょう。
 そして,この傲慢で,聞く耳を持たない安倍政権を,今度こそ倒しましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=kEBwrzwvKgg
2017.11.03
安倍9条改憲NO!全国市民アクション11・3 国会包囲大行動
【 国会正門前ステージ・本編 】
ken23qu

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ お 断 り
 2017年11月5日(日)18:50
 上記の永田晃三氏発言を,正確性を期するために加筆訂正しました。

 ( 加計学園 )獣医学部 ―→ ( 加計学園 ・ 岡山理科大学 ) 獣医学部

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
日々の記事のアップ、ありがとうございます。
伊藤詩織さん、普通なら挫けてしまうケースなのでしょうが、ジャーナリスト精神を失わずに、よく冷静に真実を追求し続けてくれていると思います。「Black Box」には、出勤途中の中村氏に直接取材を試みたが、猛烈な勢いで逃げてった、と書かれていました。
彼女の望むような国の仕組みに何とか変わっていってもらいたいものです。
無心
2017/11/07 08:31
無心さま
『 Black Box 』をお読みになったのですね。
私はまだ読んでいませんが,裁判所の逮捕状が執行されなかった経緯については,他のジャーナリストによる追及が,もっとされてもいいのではないかと考えます。
レイナ
2017/11/09 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田晃三「山口敬之氏に対する逮捕状を執行させなかった中村格氏は,以前菅官房長官の秘書官だった」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる