銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢 一郎 「 徹底的な熟議の国会,これが民主主義の基本 」

<<   作成日時 : 2017/11/02 04:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小沢 一郎 自由党 代表
徹底的な熟議の国会,これが民主主義の基本。 そして野党をしっかり審議させる体系に組み込む。 国会改革は,その場その場の思いつきと現実的必要性だけではない議論が必要

( 2013年10月31日 「生活の党」 総合政策会議 )

§ 11月01日(水)晴れたり曇ったり
 春の魚のはずなのに,スーパーで売っていた。 ノルウェー産 鰊1尾130円なり。 オーヴンで焼く。 全長35センチの鰊がのる和皿がない。 まっ,これでいいか。
 豚肉,豆腐,白菜,長ネギ,人参,しめじ,シラタキのお椀。
 かなり大きめのドンブリご飯。

画像


§§ 国会特別会の会期39日間。でも国会改革は遠い

 政府与党は,もうグチャグチャ好き勝手やろうとしていたようだが,けっきょく会期は39日間,総理の所信表明や各党代表質問もやることになったそうだ。
 総選挙があっても閣僚はぜんぶ前と同じ。それを見ても,安倍政権は有権者を舐めくさってるな。
 「信任投票」 されたつもりになるなよ,総理も内閣も。
 皆が,安倍総理は信用できないと考えていた。 そのうえ,まったく仕事もしない大臣たちがそのまま解散総選挙して,また舞い戻ってきた。 こんな茶番はないってこと。

 それで,大マスコミの皆さん,何やってんだか。 「安倍=森友学園事件」 「安倍=加計学園事件」 の報道が消えかけている。

§§§ 小沢一郎 国会改革

 小沢一郎・自由党代表の2013年10月31日講演 「国会改革について」 ,公式サイトに掲載されています。 正確には,そちらをご覧ください。


✑ 議院内閣制では,国会は,政府対野党

✑ 徹底的な熟議の国会。 これが民主主義の基本。 そして野党をしっかり審議させる体系に組み込む

✑ 国会改革は,その場その場の思いつきと現実的必要性だけではない議論が必要

✑ 「党首討論」ではなく,クエスチョン・タイムを。メインは総理に対する野党からのクエスチョン

✑ 衆参で構成している国会の権能についての認識がしっかりと政治家皆さんの頭に入っていないと,その場その場の思いつきと現実的必要性だけの議論になってしまう。 具体的にどうするかという前に,衆参二院制度を採っている我が国の議会制度はどうあるべきか,また両院はそれぞれどのような権能を有すべきか

✑ 55年体制はイデオロギー対立なんかないよ。 勘違いしちゃいけないよ。 共産党を除きゃあ全部,談合で満場一致だ。 その裏方は皆,オレやって来たんだから。 これからは,そういう談合体質・コンセンサスの満場一致の体質を打破して,本当にしっかりした対立する理念を掲げ,政策を掲げて,丁々発止の議論をするのが野党の役目だ


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


自 由 党
http://www.seikatsu1.jp/activity/party/20131031ozawa-talks.html
小沢一郎代表講演 第1弾 「国会改革について」
2013年10月31日 総合政策会議
小沢一郎代表は総合政策会議にて計4回講演を行いました。第1回目の10月31日は、「国会改革について」をテーマに語りました。

http://www.youtube.com/watch?v=alU3-NAZGvg
1:01:44
10月31日17時からの総合政策会議にて、小沢一郎代表が「国会改革」をテーマに講¬演を行いました。
【2013年10月31日】小沢代表講演「国会改革について」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢 一郎 「 徹底的な熟議の国会,これが民主主義の基本 」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる