銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 党首討論会の “品位” を貶める安倍総理という日本の「不良債権」

<<   作成日時 : 2017/10/09 21:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 国民の安倍政治不信が深まる「森友記録は復元不能」 「衆院解散は,憲法違反に当たらず」 という閣議決定

 安倍内閣が,まったくもって国民を愚弄したまま,閣議決定をし答弁書を繰り出していることが,選挙報道の陰で,大きく話題にされていない。

 1つは,福島みずほ参院議員が提出した質問趣意書について,10月6日に 「森友学園のディジタル・データは,専門業者であっても復元できない」 という答弁書の決定。
 国有地売却の交渉記録は,財務省が 「廃棄した」 と説明していたが,こうして再びまた,闇に葬られる。
 安倍内閣に唯々諾々とこびへつらうことを最優先にする一部の官僚には,国民の公僕としてのプライドなど,期待できないのか。
 もっとも,こんな安倍政権を続けさせている20%ほどの選挙民がいるということだが。

 また1つは,小西参院議員の提出した質問趣意書に対して,同6日に 「臨時会招集日に解散したことは憲法違反に当たらない」 という閣議決定,答弁書を決定している。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ

goo ニュース
https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-171006X880.html
森友記録は復元不能 = 政府答弁書
時事通信社 10月06日 14:43

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170031000.html
衆院解散は憲法違反に当たらず 政府答弁書
10月6日 13時42分


§§ 党首討論会の“品位”を貶める安倍総理という日本の「不良債権」

1) 党首討論会のやり方が,政治不信を助長してはいないのか?


 8日(日)日本記者クラブで開催された8党首の党首討論会を聞いた。
 何とも薄っぺらな党首討論会だった。

 各党の訴えたいことを,原則論と具体論の区別もないまま,とりあえずキャッチコピーよろしくまず掲げさせる。 次に,各党首の主張,質問,答えの持ち時間を各1分ずつ区切る。 これでは,厚顔無恥で口先がなめらかな奴が持ち時間を費やしてペラペラとウソを吐く討論もどきで終わらせることだって,あり得る。

 政策では,世論調査のいちばんの関心が 「社会保障政策」 となっていたはずだ。
 けれどもあいかわらず,選挙のときだけ 「財源,財源」 と騒ぐのが自民党。
 政治手法も信頼できないし,何と言っても総理の人柄を信頼できないとする有権者の意識をもう一度呼び覚ますことが,報道の仕事じゃあないのか。

 党首討論会のこういうやり方自体が,いつ定まったのか,私は知らない。 それは,政治不信を助長してはいないのか? そして,むしろ投票率を押し下げる結果さえ招いてはいないのかと,私は疑問を持つ。

 なお,朝日新聞は,安倍総理が平気でウソを吐いた部分を,事実をもって反論記事を掲載しているが,党首討論の “品位” を損なう総理のウソを,厳しく諌める他紙も,他のマスメディアも,ましてや自民議員など,見あたらない。

2) 恥ずかしすぎる安倍総理発言 「小池さんが言ったからだよ解散」

 あいかわらず,安倍総理の発言の酷さは際立つ。あからさまなウソを言うやら,質問に対する答えをはぐらかすやら。
 挙げ句,わざとなのか共産党の小池晃さんを 「公明党の」 と間違えた上に,臨時会開催して103秒で解散した理由を質問されて 「小池さんがただちに解散しろと仰った」 と居直ってみせたり。(当該部分は,蛇足で文字起こしをした。下部にある)

 「森友・加計」 疑惑だけでなく,防衛省の記録に係る稲田防衛相の責任を押し隠し,野党の要求した臨時国会も開かない内閣に対して,小池晃・共産党書記局長が 「臨時国会で 安倍内閣を追及して解散に追い込む 」のは,野党としては当然であるし,何よりも国民の代表たる国会議員として当然の仕事,態度であるわけで,それを 「お前が解散しろって言ったから冒頭解散した」 と平然と言うとは !!
 一国の総理大臣たる者の発言としては,あまりに恥ずかしい。
 これでは,北朝鮮問題にも,少子高齢化にも,対処できるわけがない。

3) 小池百合子都知事に,以前の迫力がない

 そして,あからさまなウソを吐いてはいないが答えをはぐらかすかの 「官僚答弁」 よろしく,小池百合子都知事の発言は曖昧で,迫力がない。 しかも,高齢者のシルバー・パスを取りあげて 「学割」 を使えばプライドが保てると言う。
 このいかにも冷酷な言葉は,政策面では,怪しげな 「教育産業」 にへつらうような提案でもあるし,自民党の補完勢力じゃないのかという憶測を否定できない面がにじむ。

 ただし,そういう疑心暗鬼はあり得ても,現行の選挙制度では,政党は選挙互助会の性格が強いわけで, “都会の意識高い系リベラル派” が,民進党などから希望の党に移った候補者全部を「極右」 認定するのは,拙速だろう。

4) 蛇足 10月8日 党首討論会の一部


志位・共産党委員長
安倍さんに質問します。
野党4党は,6月22日に憲法53条に基づいて,一連の国政疑惑の徹底糾明のために臨時国会召集を要求しておりました。
ところが総理は,この要求を3か月以上も放置した挙げ句,国会を召集したと思ったら,一切の審議なしに冒頭解散を強行しました。

暴投解散を強行した理由は,いったい何か。
総理は,その理由をこれまで一度も説明をしていません。

総理は,この解散を「少子高齢化,北朝鮮という2つの国難を打開するための解散だ」と言います。
しかしそれは,冒頭解散の理由には,なりません。

臨時国会で,きちんと時間を取って,国政私物化疑惑を究明する。 総理の言う 2つの問題も含めて,争点を明らかにして,その上で,国民に審判を仰ぐべきではなかったか。
それをせずに冒頭解散を強行した理由は,ただ1つ。 「森友・加計」 疑惑隠し。 これ以外にないではないですか。
そうでないと言うんだったら,冒頭解散の理由をはっきり説明していただきたい。

安倍総理
えー,まず 「森友・加計」 隠しではないということは,この場でもご質問いただき,選挙の中でですね お答えをさせていただきますから,そんなことは隠しようありませんし,隠すつもりもありません。

また,公明党の小池さん〔共産党・小池晃 書記局長のことだろう〕はですね,都議会議員選挙 〔7月2日〕が終わったあと,安倍さんはただちに解散せよと,こう明確に仰っていたわけであります。 〔小池晃書記局長は,「8月に小手先の内閣改造をするのでなく 解散が筋」 と言った〕

そして私がなぜ解散したかと言えばですね,北朝鮮の脅威の中において,私たちはしっかりと圧力を高めていく中において,この問題を解決をしていくという明確な方針を示し,そしてその上において11月にやって来るトランプ大統領,あるいはAPEC,EASの会合において世界の首脳たちに,この姿勢をしっかりとリーダーシップを持ってですね,示していきたい。また,時間をかければ,この問題は解決するわけではなく,もっと緊張感が高まっていく中で,さらに圧力を求めていかなければならない。
また,少子高齢化は待ったなしです。 今年中にパッケージを纏めなければもう間に合わないという中において,この選挙で消費税の使い道を問うたところでございます。

司 会 ; 安倍さん,今の発言のなかで,小池さんが解散を求めたと仰ったのは,共産党の小池さんのことですね。

安倍総理
あの...共産党の小池さんです。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
党首討論会の “品位” を貶める安倍総理という日本の「不良債権」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる