銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS ニセ情報「北朝鮮ミサイルが領域侵犯」を官僚のせいにする? 石破議員

<<   作成日時 : 2017/09/17 02:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宝石が目に入れば、人は屈(かが)んでそれを拾う、理由はそれが目に入るからだ、が、目に附かぬ物は踏んで通り過ぎる、それに想いを致しもしない。
シェイクスピア 『 目には目を 』 福田 恒存 訳


§ 台風18号は17日(日)未明 鹿児島県に
 気温が下がってきた。 1日中コーヒーを飲む。 午後から少し降り始めていた雨が,夜には強くなる。


画像


§§ ニセ情報「北朝鮮ミサイルが領域侵犯」を官僚のせいにする? 石破議員

1) 北朝鮮ミサイルが,日本の領空侵犯は していない という事実

 政府の緊急情報ネットワークシステムを Em−Net というようだ。 これを通じて,北朝鮮ミサイル発射について,15日朝7時過ぎに 「日本の領域侵犯があった」 と 〈ウソ〉 の情報が送信されたという。

 10時過ぎになって 「北海道上空を通過」 と政府が訂正したとしても,電車が止められ,あるいは頑丈な建物なんかないときはどうすればいいのと不安になった12道県の人びとに,どうやって謝罪するつもりなのだろう。

 そして,政府がどういう意図でJアラートを鳴らしたのか,きわめて不信に満ちた事態が起きているにもかかわらず,石破議員はいかにも冷静を装って,「官僚機構のここ最近の状況には極めて憂慮すべきものがあります」 と,ブログに書いている。

 Jアラートを鳴らすにあたっても,安倍総理を忖度する官僚ばかりになっているんだとは,さすがに石破さん,言えないのかな。
 いや,いかにも政府の責任じゃないことだと言いたいのかな。

 けれど,これはむしろ,許容できることではない北朝鮮の核開発とミサイル実験を,安倍政権がただ自分の保身に都合のいいように利用しているとしか考えられない事態じゃないのか。
 こんな安倍政権を支えている石破さん,恥ずかしくないのか。

2) 政府発表を検証することなく垂れ流すマスメディアの責任

 どっちにしても上空800kmって,ふつうに宇宙空間ね くらいは,理科がキライな小学生でも知っていそうなことだから,アホらしいニュースを 「真面目」 に流してるんだなと,閉口することしきりだったが,政府の発表であれば,ほぼまったく検証することなく NHKも民放も 「北朝鮮のミサイル ミサイル 」と,思考停止したまま 取りあげていることを,恥ずかしいと思えよ。

 石破議員のブログを箇条書きにしてみる。


● 我が国の国家主権の及ぶ 「領域」 も 「領空」 も侵犯はされていない
● 国家主権が侵犯されたか否かでその意味は全く異なる
● 本日の自民党の会議で政府はその誤りを認めました
● 何故、情報を伝えた防衛省も、受け取った内閣官房も、「領域」 ではないことに全く気付かないままに発信してしまったのか
● 南スーダンの 「戦闘」 という日報の表現を巡って大混乱に陥ったことに対する反省が活かされていないのではないでしょうか
● 政府は午前7時にJアラートを通じて北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の道県に警報を伝え、当該道県では 「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。 建物の中、又は地下に避難してください」 というアナウンスが流れたとのことです
● この時点ではすでに着弾地点は把握できているはずです
● 「着弾はしないが、デブリ(破片)が落ちる可能性がある」 ということだったのでしょうか
● それはどのような根拠によってその範囲を特定したのでしょうか
● 警報を発するのであれば、同時に国民にどのような状況であるかも可能な限り正確に伝えなければ、避難すべきか否かの判断がつきません
● このようなことを繰り返していると、やがて国民の政府に対する信頼が失われることになる


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
TBS NEWS

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170916-00000040-jnn-pol
北ミサイル 「領域侵入」 で政府が訂正
9/16(土) 12:27配信

石破 茂 (いしば しげる) オフィシャルブログ
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/
2017年9月15日(金)
抑止力の向上など
 石破 茂 です。
 本日7時前に北朝鮮がミサイルを発射した際の報道の混乱ぶりはよく理解が出来ません。
 NHKニュースは政府の発表として 「ミサイルが午前7時4分頃、日本の領域に侵入し、午前7時6分頃、領域から出て、午前7時16分頃、襟裳岬の東およそ2000キロに落下した」 と伝えました。
 「領域」 とは領土・領海・領空の総称であるため、高度500キロ以下を飛翔したのかと思っていたら、その後の発表ではこれをはるかに上回る高度であったようで、我が国の国家主権の及ぶ 「領域」 も 「領空」 も侵犯はされていないはずです。
 細かいことのようですが、国家主権が侵犯されたか否かでその意味は全く異なるのであり、どうしてこのように基本的なことがあやふやのまま発表がなされたのでしょうか。 本日の自民党の会議で政府はその誤りを認めましたが、何故、情報を伝えた防衛省も、受け取った内閣官房も、「領域」 ではないことに全く気付かないままに発信してしまったのか。 南スーダンの 「戦闘」 という日報の表現を巡って大混乱に陥ったことに対する反省が活かされていないのではないでしょうか。
 
 政府は午前7時にJアラートを通じて北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の道県に警報を伝え、当該道県では 「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。 建物の中、又は地下に避難してください」 というアナウンスが流れたとのことですが、この時点ではすでに着弾地点は把握できているはずです。 「着弾はしないが、デブリ(破片)が落ちる可能性がある」 ということだったのでしょうか。 それはどのような根拠によってその範囲を特定したのでしょうか。
 せっかく警報を発するのであれば、同時に国民にどのような状況であるかも可能な限り正確に伝えなければ、避難すべきか否かの判断がつきません。 このようなことを繰り返していると、やがて国民の政府に対する信頼が失われることになるのではないかと強く危惧します。


< 以下 省略 >

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニセ情報「北朝鮮ミサイルが領域侵犯」を官僚のせいにする? 石破議員 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる