銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都は20億円使って100万個のLED電球を配布中。釈然としないな

<<   作成日時 : 2017/07/22 03:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 稲田朋美議員は,まだ防衛大臣やってるのか?
 「安倍=森友学園事件」での,ウソ答弁も記憶に新しいが,こんなヒドイ防衛大臣が,これまで日本には,いたんだろうか。
 世界に冠たる「軍事」力を誇る日本ではありませんか。 記録を隠すとか,記憶にないとか,あり得ないだろ。
 「道義大国を目指す」 とか夢見てんじゃねえよ。
 安倍内閣は,さっさと稲田大臣を罷免するだけじゃなく,議員辞職させろよ。

§§ 釈然としないプロジェクト。 東京都は20億円使って100万個のLED電球を配布中

画像

 東京都は,省エネ推進を口実にして100万個のLED電球を7月10日から都民に配布し始めている。
 終了期限は,100万個のLED電球が捌けた時点という。

 私は,キッチンまわりで使っていた 60Wと40Wの白熱球2個を街の電器店に持っていって,60W形 ( 東芝ライテック 消費電力7.3W 中国製 ) の LED電球 1個と交換してきた。
 
 1人1個限りで,写真付き身分証明書を電器店で提示するのだけれど,身障者の代理の家族が本人確認できないので交換に応じられないというような芳しくない状況も,すでに報道されている。

 さて,参加協力店となる街の家電屋さんには,1個あたり40W形で 1千500円,60W形で 2千円の助成金が支給される。

 つまり,東京都の支出は15億円〜20億円。

 そして,東芝ライテック株式会社とか,電球の各メーカーにとっては,すみやかに100万個も電球が捌けることは,滅多にないだろう,うん。 出荷したということは,儲かったということなんだろう。

 なお,市場価格は40W形と60W形で少し違うが,安いのは400円くらいから。いちばん高くても2千円くらい。

 この暑さのなかで,メガロポリス・トーキョーをクール・ダウンするのに,電球交換とは,いささかケチ臭い発想ではあるし,20億円近い税金の使い道としては,思いつきのプロジェクトじゃないかと,いささか疑わしい。
 20億円あれば,保育園や介護施設の拡充や身障者向けの環境整備や,もっとできるんじゃないのか。


※ 電球の交換条件の部分を,より正確にリライトしました。 2017/07/22 16:20

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます。ランキングの応援をお願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 東京都
https://www.tokyo-co2down.jp/individual/ecoother/LED-company/index.html
クール・ネット東京

助成金交付要綱

https://www.tokyo-co2down.jp/cmsup/pdf/led_kohuyoko.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都は20億円使って100万個のLED電球を配布中。釈然としないな 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる