銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 閉会中審査だって? 臨時会も開けない安倍政権の弱腰

<<   作成日時 : 2017/07/14 15:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 臨時会を開かないことが,いちばんの〈有罪〉の自白じゃないか
 「安倍=加計学園事件」について,来週中の閉会中審査に安倍総理が出席するらしい。
 どうして相変わらず閉会中審査なんだ。 なぜ,国会の臨時会を開けないっていうんだ。
 一般人の私からすると,つまりは,また意味不明な安倍総理の答弁もどきで 説明するフリをして済ませようという魂胆にしか見えない。

 暑さにやられちまったのかな。 大マスコミの報道も,ここを強く言っているものがなくてグニャグニャに溶けたままじゃないか。


◇ 報 道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000074-asahi-pol
自民、首相出席の閉会中審査を受け入れ 来週以降
7/13(木) 18:50配信 朝日新聞DIGITAL
 学校法人 「加計(かけ)学園」 の獣医学部新設問題をめぐり、自民党は13日、野党が求めていた安倍晋三首相が出席する閉会中審査を受け入れる考えを民進党に伝えた。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


§§ 戸籍制度自体が憲法になじまない。あるいは違憲
1)蓮舫代表の国籍問題で顕わになった差別の問題

 「蓮舫代表が国籍法を守っているか,いないかが問題だ」 という見解がある。
 そんなバタ臭い問題じゃないことは,一般人の私にはよく分かる。

 まず,法の問題では,「台湾国籍を離脱」 することは,日本国が2つの中国を認めていないわけで,あり得ない。
 では,中国と日本との二重国籍状態だったのか。 これも,台湾出身の人が中国籍を選んでいたとは考えにくい。
 では,何が問題なのか。

 まったく 問題ない。
 ん? 菅官房長官か?
 問題が起き得ないことを,まるで問題があったかの 印象操作がされた。
 ん?安倍総理か?

 で,問題があるとしたら,その国籍選択を受理した法務省のはずだ。

 そして,かつて門地による差別を徹底して排除すべきだったはずが,実際には戸籍という遺物を抱え込むことで,「世間」にあるいわゆる差別感情を取り除くべき啓蒙さえ失敗している日本の制度についての言及は,あまりにも少ない。

2) 戸籍制度自体が違憲

憲法 第14条1項
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的 又は 社会的関係において、差別されない。


 最近では婚外子の権利などが裁判で認められてきたとしても,いわば出自をを区別するための遺物でしかない制度を使い続ける意図は,いったい何だろう。 
 たとえば家族関係についても住民票で十分対処できることを,わざわざ戸籍制度を遺してきた意図とは,いったい何だろう。
 ましてや国民総背番号制度により,国家権力が国民の1人ひとりを簡単に監視できるシステムも作動している状態だ。

 それはおそらく,膨大な事務作業によくある〈無責任の体系〉の存続でしかないという側面がもっとも大きい。

 そして,婚姻関係を中心としつつ女性差別に基づく 家族制度 家制度 および子の差別を容認する事態が続けられていることも ある。
 本質的に,1人の人間が生まれる瞬間に,そこから 「外れる」 場合が皆無ではない制度は,制度としてまったくもって不完全なものであるだろう。
 しかも,これが子の社会的差別をも助長こそすれ解消できないことに,立法府や法学者や行政官らが,率先して警鐘を鳴らしてこなかったという歴史の現実に,私は陰惨さを感じるしかない。
 私は,戸籍制度自体が違憲だと,考える。

3) 阿部 謹也 『 教養とは何か 』

p.175 7〜13行目
 一人一人の人間の尊厳は自分一人で守ることはできない。 集団のなかでのみ守られるのである。 一人一人の人間が完全に教養ある人間になりきることもできない。 サン=ヴィクトルのフーゴーがいっているように、一人の人間がどのように努力しても完全な教養人になることは不可能なのである。 彼は他の人々の中でのみ教養人たりうるのであって、集団的教養の中でのみ教養人になれるのである。 個人の教養と集団の教養はそのような教養人が生まれて初めて一致するのであって、それはおそらく 「世間」 という枠が対象化されたとき、初めて生まれる可能性が出てくるであろう。

画像

講談社現代新書
一九九七年五月二〇日 第一刷
買ったとき 定価 672円
(本体640円+消費税5% 32円)


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閉会中審査だって? 臨時会も開けない安倍政権の弱腰 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる