銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由党 小沢一郎 「安倍政権下での憲法改正は、全く認められない。」 全文転載

<<   作成日時 : 2017/05/03 18:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 全 文 転 載

憲 法 記 念 日 に あ た っ て
平成 29 年 5月 3日
代 表 小 沢 一 郎

 日本国憲法が施行されて、本日で 70年を迎えた。

 確かに普段国民が憲法そのものを意識する機会は決して多いとはいえない。 しかし、憲法と立憲主義の精神が、この国と、国民の生活全体を支える欠くことのできない基盤となっていることはいうまでもない。

 我々が、日々自由に活動できるのも、自由に発言・表現できるのも、すべて憲法の保障によるものであり、憲法記念日は、そうしたことを国民一人ひとりが改めて噛み締める良い機会である。

 しかし、同時に、憲法と立憲主義は現在、これまでにない最大の危機を迎えている。 安倍政権は、現行憲法が戦後の 「押しつけ」 であるとして肯定的な評価を与えないばかりか、安保法制の強行採決に見られたように、あからさまに憲法をないがしろにする政治姿勢を続けている。

 そもそも総理は、信じがたいことであるが、「憲法で国家権力を縛るというのは絶対王政時の旧い考え方」 と国会で答弁するなど、現行憲法と立憲主義を全く理解しておらず、この総理が提唱する憲法改正など、考えただけでも恐ろしいことである。

 すなわち、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調主義の四原則をしっかりと守るため、国家権力の暴走を食い止めることこそ憲法の本質なのであり、これを全く理解せず、情緒的な反立憲主義の立場をとる安倍政権下での憲法改正は、全く認められない。

 このまま安倍政権による憲法軽視、権力の濫用・私物化を認めていけば、この国の立憲主義も、議会制民主主義もいずれ必ず終焉を迎える。 我々は絶対的にそれを阻止すべく、この国の将来のため、引き続き徹底的に安倍政権に対峙していきたい。

◇ 転載元
http://www.seikatsu1.jp/activity/declaration/20170503-2.html

自 由 党 Liberal Party
http://www.liberalparty.jp/

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


§§ 何でだろう? ラジオ放送がなかった今朝の NHK「憲法記念日特集」
 各政党による憲法についての討論は,なんと テレビでしか放送されていなかった。
 なぜラジオでは放送できなかったのだろう。
 連休で行楽地へ向かう渋滞の車の中でも,ラジオ放送なら聴けるのに。
 ましてや,休みもなく働いていて車に乗っている人たちは,各党の「改憲」についての考え方など聞かなくてもいいとでも,公共放送が思っているんだろうか。
 私も,ラジオをアテにしていたので,とてもガッカリしている。


§§§ 鈴木まり子氏 自由党で活動
 一部,山本太郎・自由党共同代表の考えとは真逆だとか,「自由党潰し」だとか,断定する言い方などと共に,鈴木まり子氏を〈危険視〉する情報がある。

 さて,では,人間は,試行錯誤が許されないのだろうか。

 虚偽サイトのヘイト・デマを拡散したからといって,同様の間違いをくり返しているのだろうか。
 鈴木氏はまだ32歳。 間違いを認め謝罪し,自らの生き方,また政治家としての思念に基づいて,新たな活動を始めるに,十分将来性があるはずだ。
 40歳,50歳,それ以上,もちろん90歳だって100歳だって,人間は新たなスタートを切ることに,何ら臆することなんてないはずだよね。

 このことで,私は思い出した言葉がある。


 ゲーテ
 「 ひとはやっと脱却した誤謬に対しては最も厳格である 」


◇ BUZZAP
http://buzzap.jp/news/20170502-suzuki-mariko-lp/
淫夢ネタに釣られて差別発言を拡散した「日本のこころ」候補、鈴木まりこが手のひらを返し自由党から出馬へ
2017年5月2日 12:13 by 深海|カテゴリー|社会|タグ デマ,政治



にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自由党 小沢一郎 「安倍政権下での憲法改正は、全く認められない。」 全文転載 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる