銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「安倍=加計学園事件」について政権の「ていねいな説明」とは,卑劣な人格攻撃

<<   作成日時 : 2017/05/27 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 今行われていたG7終了後の会見での共同通信記者の質問に対して,安倍総理は,共謀罪の参議院通過を明言し,加計学園問題については,答えず。

§§ 事実を証言するという正義には,卑劣な人格攻撃で答える官邸・菅官房長官
 「安倍=加計学園事件」については,報道もがんばり始めているし国会議員も追及の構えを見せている。
 しかし,「安倍=森友学園事件」では,総理を侮辱したからと籠池氏を証人喚問しておきながら,こんどは,総理の意向を示す文書の存在を国会で証言できるという前川喜平氏については,国会に呼ぶつもりはないとする。

 安倍内閣は,不都合な真実の暴露を恐れているとしか見えない。

 事実を公表することで,自己保身どころか,何ら自らの利益にもならなければ,かえって自分に不利益さえ生じるかもしれない前川氏に,何かスキャンダルがあるかのような読売新聞報道も,実は官邸主導と囁かれている。
 菅官房長官は,そんなものをもとに記者会見で卑劣な人格攻撃に終始し,質問には何にも答えようとしない。
 松野文科大臣は,事実について 「再調査はしない」。

 有権者は本気で怒るべきだ。
 議事録の改ざんも,不都合と思われる安倍総理発言を「そもそも」なかったことにする閣議決定も,普通の国でこれほど頻繁に起きているのは,なぜだ。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ

◇ 報 道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00010014-abema-pol
加計学園問題 文科大臣再調査せず
Abema TIMES 5/27(土) 16:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170526-00000011-ann-pol
前次官の明言にも“ひるまず”「再調査の考えない」
テレビ朝日系(ANN) 5/26(金) 10:30配信


§§§  見えやすい「紫煙」をターゲットにして 放射性物質からは目を逸らさせる 「都民ファースト」
1) 「子どもを×××から守る」 という掛け声に注意をはらうほうがいい

 「都民ファースト」 が家庭内でも喫煙を禁止する条例を公約にするという報道がある。
 個人の生活圏である家のなか,家庭内にまで踏み込む条例を 公約にすることに,なぜ大した批判がないのか。弁護士にさえ 「一考に値する」 などと言い出す人までいる始末だ。
 それは,法の本質を全く見誤っている。
 公共施設での喫煙禁止と,個人の家のなかでの禁止とでは,法はまったく違う次元で取り扱わなければならないはずだ。

 本気で家庭内喫煙を条例違反として子どもを守る気なら,DVと同じように 子どもを家庭から引き離して 〈正常な〉 環境で育てる具体案を持つべきで,要は喫煙するおとなに 「子ども虐待 」という烙印を押すだけの公約に,法の公正を実現する意思は見てとれない。

 東京都は巨額予算を持つ自治体だ。 まず問われるべきは,権利主体としての子どもたちすべてに,保育や教育の面で過不足ない権利が保障されているのか。 また貧困による生活の不自由に見舞われてはいないのかを,できるだけ正確に把握し,そして公正・平等に基づく法の整備,条例の整備を考えるのが筋道だろう。
 通学路の安全対策,不足する乳幼児保育施設,人材などは,どうするつもりか。

 だから,一見 〈道徳的〉で〈公共的〉な 「子どもを×××から守る」 という掛け声には,むしろ危険を感じるし,注意を払うべきではないのか。

2) 全体への奉仕は密告から
 「都民ファーストの会」 のこの公約は,まだ正式に発表されているわけではないだろうが,現在の安倍・自民党の国策を肯定することとなる。

 議会での野次が低劣であれば,それ自体を批判すべきで,そこから一足飛びに,だから喫煙する 「自民党議員が,ダメで」 というだけでは,小池都知事が自民党であることを変更するものでも何でもない。 都議選に向けて,とても好都合なターゲットとして,喫煙者である自民党議員の議席を奪っても,そこから都政の改革が実現するかは疑わしい。
 なにしろ見えやすい 「紫煙」 は禁止しても,福島第1原発事故で発生している放射性物質からは目を逸らさせてもいるわけだから,原発再稼働する国政を肯定することに向けて世論を誘導したいんじゃないかという疑念を,私はぬぐうことができない。

3) 「異端」者の排除と,監視と,密告と
 おそらく喫煙者からの反対の意見は出にくい提案であることにも,危険性を感じる。
 違法性のないこと でも に対して,「健康」 と 「子ども」 をセットにして,個人の家庭のなかに踏み込む条例が ひとたび できることになれば,「子どもを×××から守る」 のような 〈道徳的〉 で 〈公共的〉 な前置きの言葉を付ければ何でもありで,どこまでも個人の自由を制限し,人びとを全体に奉仕させ,監視と密告を容易にするのではないか。

  「家庭内では努力義務だ」 となっていたとしても,「あの家では,子どもがいるのに煙草を吸うオトナがいる」 と通報することが頻繁に起きうるだろうし,家庭内でなにかしら不和のある場合,たとえば義父を排除したいからと 「うちのオジイチャンは喫煙者」 だと密告することさえ起きかねない。 じつに一億総監視社会というシステム に違和感を覚えないだけでなく, が違和感なく受け入れられてしまうだけでなく,それを積極的に支え,強化することにもつながりかねない。

 また,公園で野宿を余儀なくされているいわゆる 「ホームレス」 で喫煙者である人びとを簡単に排除するのにも実効性があるだろう。 すでに,オリンピックやらを理由にして 「ホームレス」 を公園からも排除するようなことは,起きている。
 公共圏から 〈異端〉 を排除する差別を何の苦もなく容認することは,社会自体が奴隷化を容認することと同義ではないか。
 社会的少数者と社会的弱者は,ほぼ同質に思考されるべきで,なぜ社会にあって 「少数」 であるのか,なぜ 「弱者」 であるのかを先行して考え,そこにある差別と問題点を解決することが,人間社会の未来に対しての責任と,私は考える。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 報 道
REUTERS

http://jp.reuters.com/article/idJP2017052501001097
Domestic | 2017年 05月 25日 13:18 JST
都議選公約に子ども受動喫煙防止

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「安倍=加計学園事件」について政権の「ていねいな説明」とは,卑劣な人格攻撃 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる