銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理の「改憲 2020年」に,ロジックは一切ない

<<   作成日時 : 2017/05/10 03:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1) 国民生活置きざりで憲法まで壊そうと政治を動かす〈 富と権力 〉
 フランスではマクロン大統領が消極的支持の下,誕生したそうですが,仏大統領としては史上最年少だそうです。
 でも,今やどんな史上初にも,驚きません。

 日本では,なんと総理大臣が,こともあろうに憲法記念日に 「憲法改正」 を言い出す始末ですからね。 国会で真意を質問されて 「 読売新聞を熟読すればわかる」 と答弁してみたり。

 こんなのが日本の総理大臣です。 まともに相手をする必要があるのかさえ疑わしい,初めての総理です。 これほど憲政史を汚す総理は,初めてのことですから。

 何より,「 五輪開催の2020年を日本が新しく生まれ変わる大きな結果(を出す年)にすべき 」 というのは,安倍総理の勝手気ままな思い込みとしか見えないことなのです。
 でも,「具体的な改正内容や時期を明言したことで改正に向けた具体的な議論が加速」とかいう報道まで無自覚に行われ始めています。 経団連も 「 総理の改憲の方向性 」 を支持し,意見を集約するそうですね。

 拡大する経済的不平等,オリンピック,政府に批判的な意見を持つようになるかもしれないだけで監視対象の国民すべてに共謀罪の適用ですか。

 たしかに麻生議員が 「ナチスに学べ」 と,かつて言っていたとおりです。

 富と権力の集中は,まったくロジックが破られている状態を,こうも簡単に固着させてしまうのでしょうか。

2) 9条2項 「戦力不保持」 をそのままで,自衛隊を書き加える危険性

 5月4日放送された session22で,石川健治教授が指摘しています。


憲法に敵意を持つ人びとの集会に「憲法改正」のメッセージを送った安倍総理(1/5)
http://4472752.at.webry.info/201705/article_5.html

石川 健治 教授
 戦力不保持を定める9条2項前段
〔 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。〕 をどうするかというのが,最大の問題であるわけですが,そこを迂回した

 9条方式による軍事力をコントロールしてきた回路を断ち切る危険性は,実はご当人が思っていらっしゃるよりも遥かに危険な提案

 総体として考えると,これまでよりも軍事力に対するコントロールを弱める提案になっているのではないだろうか。
 ここが,まさに権力の統制に最大の関心を持つ憲法学から見て,もっとも危険だと思う点。


3) 継続的な国民の憲法実践を毀損する 「 高等教育無償化を憲法に書く」

 上記と同じ session22での,荻上チキ氏の指摘は


 高等教育無償化を入れることで,維新の会を取り込むことも動き出している

 しかし,それだけではないはずです。

 民主党が実現できた高校無償化を,安倍政権では大幅に後退させながら,高等教育無償化を憲法に書き込むと,わざわざ言い出しています。

 だからこれは,むしろ 〈 権利保障ができなくても,憲法に書いてあるからいいだろう 〉 という状態を作りださんがための案でしかないはずです。

 「安倍改憲案」 は,継続的な国民の憲法実践を毀損することにしか 役立ちません。

 なお,このことは 『 法学教室 2017年05月号 』 江藤祥平准教授の 「主権と他者」 を参考にして,発想できました。
 下記引用は,アメリカにおける人民主権論についての論考の部分で,バルキンの「贖罪」論に言及しているところです


特集 古稀を迎えた日本国憲法
p.22〜27
U 主権と他者 ―― 杉原泰雄教授の「鼎談」に接して
上智大学準教授 江藤 祥平

我ら人民は独立宣言において,万人に対して平等や生命・自由・幸福追求への権利を約束したからである。 この約束は,いまだ果たしえない約束であるが,いつの日か果たされるであろうことを予測した贖罪の予言である。 したがって我ら人民は憲法を破棄するのではなく,贖罪を果たすことによって,憲法を堕落から救済しなければならない。< p.26 右段 >

『 法学教室 2017年 05月号 』
有斐閣 定価 1540円(本体 1426円)
画像

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 報 道
https://mainichi.jp/articles/20170504/k00/00m/010/038000c#cxrecs_s
憲法改正に関するビデオメッセージの発言全文
毎日新聞2017年5月3日 19時20分(最終更新 5月3日 21時52分)
https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/020/034000c
経団連
憲法改正提言 年内にもとりまとめへ

毎日新聞2017年5月8日 19時32分(最終更新 5月8日 20時03分)
https://www.j-cast.com/2017/05/03297160.html?p=all
憲法改正2020年「施行」目指す 安倍首相、読売インタビューで明言
2017/5/ 3 13:47

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍総理の「改憲 2020年」に,ロジックは一切ない 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる