銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ・シリア爆撃が「平和への関与」という安倍総理の蒙昧

<<   作成日時 : 2017/04/11 02:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 トランプ大統領の “ Make AMERICA Great Again ” は,現在世界が禁止している戦争への道を正当化するのか。
 日本,フランス,ドイツ,イギリス、オーストラリア,トルコ,イスラエルは,トランプのシリア空爆を支持する意向を表明したと報道されている。

 「 これはアメリカの戦争だ 」 と言ったブッシュ元大統領の考えと,国連決議のない軍事力行使について,小沢代議士は 「 リンチだ 」 と指弾している。 (※)
 ところが,アメリカの大義なき戦争,大量破壊兵器などなかったイラク戦争について本質的な検証もしなかった小泉政権に引き続き,安倍総理も安易に 「 平和への関与 」 と,またしても 詐欺的言辞を弄してはトランプ支持を表明する。
 それとも,ますます平和から遠ざかることが 「 平和への関与 」 なのか。

 シリア空爆についてトランプ大統領が 「 子どもたちが犠牲になる化学兵器使用があったから攻撃をする 」 という。
 「 子どもたちが犠牲になる化学兵器使用 」。 なんと欺瞞に満ちた口実だ。 あまりにふざけている。 なんという汚い言い種だ。
 自分がたまたま目にした惨状に対して気まぐれで直情的な〈正義〉を振りかざし,攻撃を正当化するなど,政治家として大統領として欠格なだけでなく,まともな成人とは言えない。

 今さらだが,これまでイラクでもアフガニスタンでも,誤爆も含めてアメリカの空爆によって犠牲となった子どもたちがいなかったとでも言うのか。 ヴェトナムで使用した化学兵器も,広島・長崎の原爆も,彼の想像力のおよばないことなのか。

 メルケル首相,メイ首相までトランプを支持する声明を発表したというから,目も当てられない状況だ。
 そのことは,アメリカほか西側先進諸国の経済が,軍事産業が政・官を牛耳ることで維持されている側面をあらわにしている。

 なお,今回のシリア空爆について,アメリカ共和党議員でさえ以下のような批判をしている。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170407/k10010940551000.html
米軍がシリア アサド政権へミサイル攻撃 ロシアは強く反発
4月7日 18時42分
<一部引用> 共和党のポール上院議員は ツイッターに 「 トランプ大統領が軍事行動を起こすためには、憲法で定められているように 議会の承認を得る必要がある。 アメリカがこれまでにこの地域に介入した結果、アメリカの安全が高まったことはなく、今回も同じ結果になるだろう 」 と投稿し、攻撃に批判的な考えを示しています。


(※)
http://4472752.at.webry.info/201504/article_23.html
2015/04/28 17:25
樋口陽一 vs. 小林節 vs. 小沢一郎 自民党は憲法がなにかを理解していない


小沢 一郎
 私は,多国籍軍,有志国連合という類いのものは一切認めておりません。
 これは,憲法9条に違反する。 まさに集団的自衛権を特定の国とやるということ,これはもうリンチですから。
 ですから私は,飽くまでも国連の決定する,国連の認めた軍事行動でなければ 参加は できない。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トランプ・シリア爆撃が「平和への関与」という安倍総理の蒙昧 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる