銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎「辺野古にヘリポートを造る必要性はない」「皆で団結して対抗し政権を獲得する」

<<   作成日時 : 2017/04/26 18:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年04月25日(火)
定例記者会見 
自 由 党


小沢 一郎 代表
北朝鮮
✑ 当面は中国がどの程度まで北朝鮮をコントロールできるかっちゅうことに係ってる。 北朝鮮が先にミサイルなり核兵器なり使用することは,僕はあり得ないと思う。 アメリカがシリアのようなことをやる可能性も少ないと思う

辺野古埋め立て工事着手
✑ あすこに海を埋め立ててヘリポートを造る必要性はない。 海兵隊の実戦部隊は皆すでにもうグァムに行っちゃっている。 今のアメリカの軍事戦略から見れば,海兵隊を駐留させている意味はない。 なぜか日本政府がひたすら造るんだと言ってきて強行しようとしているちゅうことは,非常に遺憾に思います。 アメリカ政府ときちんと話せばいい
✑ アメリカの政治家でも地元民の反発を買って強行するのはプラスがない,マイナスだと思ってる人が多分多い。 ましてやあそこは,聞くところによると白いジュゴンの北限の棲みかだという。 こういうところにアメリカ自身が海岸を埋め立てて軍事基地を造ることは,アメリカ国内ではやらないんじゃないか。 きちっと言うべきだ


憲法改正,共謀罪
✑ 自民党は憲法の理念と4原則(基本的人権・国民主権・平和主義・国際協調)に抵触するような改正をしようとしている。それは絶対認められない。9条を含め俗に平和憲法と呼ばれる日本国憲法の理念と,4原則(基本的人権・国民主権・平和主義・国際協調)に抵触しない改正,そして国民にとって利益をもたらす改正でなくちゃいけない
✑ 教育無償化のために憲法改正する必要ないでしょ。 法律作りゃあいい。 教育の権利,義務は憲法で定められています。 わざわざ憲法の逐条に無償化という具体的な問題を盛り込むまでもない
✑ 緊急事態条項は,国民の権利を一時的に抑える,止める制度なんだよ。 だから,きちんと国民の権利が守られる,守るように,きちんとした仕組みにしておかなくちゃならない。 共謀罪も,犯罪の構成要件が抽象的な曖昧なものになる。 為政者の思うがままになっちゃう。 そういう法律では,本当の意味としての機能を外れた運営の仕方されることになりますから,軽々として作るべきではない


天皇の退位・特例法
✑ 政府の特例法には賛成できない。 明治以降,なぜ一世一元の制度を定めたか。 永い歴史のなかで,主に政治的要因から恣意的に天皇の退位,即位が行われてきた例があり,そういうことはよろしくないと,原則に定めた
✑ これは安倍総理のたいへんな不忠,不敬の結果だと思いますが,天皇陛下がああいう会見をなさった以上は,そのことについてきちんと対応せざるを得ないだろうと思っておりまして,党として答えをまとめ,衆参両院議長のときにも玉城デニー幹事長が意見を出しました


岩手県・達増知事
✑ 知事はとくに震災以降,非常に良くやっている。 地域住民の復興,福祉の増進のために,一生懸命やっている。 だから,各党,県民が認めているように,自民党を別にして各党全部,知事与党になってるんだよ

山本 太郎 代表
対・北朝鮮
✏ 北朝鮮には拉致の被害者の方がいらっしゃる。 その方々が影響を被ることになってしまう。 何よりもアメリカに対しても,冷静に対話を,力を抑制的にと,日本は真ん中に入ってやるべきだ

共謀罪審議
✏ 特定秘密,安保,共謀罪。 政権は最後のいちばん大きなルールの改正に向かうために,時間の問題というところにまで持ってきているから,これはやっぱり皆が怒らなきゃいけない

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ

https://www.youtube.com/watch?v=xYGM2WU5e_U
30:25

【 記者質疑 】
THE PRESS JAPAN
; 両代表に。日米合同演習についてどのようにお考えでしょうか。また,内閣府がポータルサイトに国民に対して(ミサイル攻撃を受けた際の)避難訓練のマニュアルを出し実際に避難訓練をするようにと指示をしているが。山本代表はかつて原発の攻撃について国会で質問されている。


山本 太郎 代表
 ありがとうございます。 2015年安保のときに,国民の生命財産を守るということをさんざん言いながら,私が質問した内容が 「北朝鮮など,まあ分かんないですけれども,外国からミサイル攻撃によって原発が標的になった場合,どのような被害が想定されるか」 ということを聞いたんですけれども,「被害の想定はしていない」という。 さんざん守る,守ると言いながら,その守るためのものが何も準備していないというような状況ですね。 その言い訳, 「いろんな種類のミサイルがあるから,それぞれによって影響が違うから,ちょっとよく分からない」 というような話ですよね。 それによって,今も仰ったとおり 「とにかく臥せる」 とか 「頑丈なビルの地下に入る」 とかっていうようなこと言ってますけど,よく分かんないなあってことだと思います。
 何よりもアメリカに対しての,アメリカが強行に行くっていうことに対して日本が,その北朝鮮との間に入ってちゃんと対話ができるような状況を作らなきゃですね,何よりも北朝鮮には拉致の被害者の方がいらっしゃるわけですから。 そんな物騒なことになってしまえば,影響というものはその方々が被ることになってしまうので,何よりも冷静にそういう力を抑制的にということを,日本は真ん中に入ってやるべきだというふうに思います。 

小沢 一郎 代表
 合同訓練ちゅうのは,恒例のやつじゃないの。 そうでしょ。 それを多少,今の状況と関連付けているかどうかは別として,安保条約でやってんだから,訓練する機会があるちゅうこと自体は別に不自然なことじゃないと思いますよ。
 避難ナントカちゅうのは,何なの? 

THE PRESS JAPAN ; 21日に内閣府が,ミサイル攻撃に対する避難訓練を実施するようにという通達を自治体に出している

小沢 一郎 代表
 ああ,ミサイル。 はああ。 それを,官邸が出したの?

THE PRESS JAPAN ; はい。 内閣府が出しています

山本 太郎 代表
 <小沢代表に> 行動マニュアルというものです。<小沢代表・読む>

小沢 一郎 代表
 こういう何か取って付けたような話は別として,状況判断を僕として言うと,北からミサイルなり核兵器なり,先に使用するちゅうことは,僕はあり得ないと思う。
 また,アメリカがシリアのようなことをやるっちゅうのも,極,可能性は少ないと思う。
 当面は,中国がどの程度まで北朝鮮をコントロールできるかっちゅうことに係ってると思う。
 ただ,極々,可能性少ないけれども,何かの拍子に北がまた威丈高ないろんな行動や言動をすれば,トランプ大統領が攻撃命令をひょっとして出す可能性は,無きにしも非ずと。
 だけど,まずすぐにそういう状況になるちゅうことは,あり得ないし。 シリアなんか攻撃するのとは違いますから,北朝鮮は。 あんなヤワな話じゃないから,もう,本気にやったら。 ですから,その覚悟がなきゃあ,アメリカもできませんし。
 ですから,そういうことはまずないと思う。
 何でもないときに,すぐミサイルが日本に飛んでくるなんちゅうことは,そんなバカなことしませんよ。
 そんなことして,何になるの。 何もなんないでしょ。 自分たちがやられるだけで。 だから,そんなことはあり得ないと思いますが,いずれにしろ,わずかだけど,何かの拍子に,危険性はあると思います。 その米朝間でだよ。

TBS ; 憲法改正についての自由党の考え方を。

小沢 一郎 代表
 党として,今改めて皆で話して,文章化して外へ出してるちゅうわけじゃあないけれども,基本的には,森(ゆうこ)君が今度NHKの討論会で代表として出ると思います。
 そこで話すのを聞いてくれりゃあいいんだけれども,我々としては日本国憲法,俗に平和憲法と言いますけれども,その理念と原則と,もちろん9条を含めて,それはしっかりと守っていくということが,我々の大きな立場で言えばそういうことです。

TBS ; 代表は以前,時代にそぐわないようなところは変えていくことに異存はないけれども,政府・自民党の言う憲法改正論議には賛成することはできないと仰っていた。

小沢 一郎 代表
 もちろん,もちろん。
 今言ったことですよ。それは自民党が,日本国憲法,俗に平和憲法と呼ばれる,この憲法の理念と基本原則に抵触するような改正をしようとしているから,それは絶対認められない。

TBS ; たとえば教育の無償化について,憲法改正の項目にすべきだと言う人もいるが。

小沢 一郎 代表
 教育無償化のために,憲法改正やんの?
 憲法改正する必要ないでしょ,そんなの。 法律作りゃあいいんだ。 うん。
 教育の権利,義務ちゅうのは,憲法で定められてますから,わざわざ憲法の逐条に 「無償化」 という具体的な問題を盛り込むまでもないことだと思う。

TBS ; 緊急事態条項というのはいかがでしょうか。

小沢 一郎 代表
 緊急事態については,日本国憲法および日本の法律に,一切ありませんから,そういうことは考える必要はあると思いますよ。
 ただ,飽くまでも,今度の政府案ちゅうのは あまりにも ちょっと酷過ぎると思いますけれども。
 国民の権利。
 緊急事態ちゅうのはね,何かちゅうと,国民の権利の抑制的な制度なんだよ。 あらゆること,そうでしょ。 緊急事態のとき,「 お前たち,ああしろ,こうしろ 」 ちゅう話でしょ。
 だから,国民の権利を抑制する法律なんだ。 あるいは,一時的に抑える,止める法制度ですから。
 それは,きちんとそれ(国民の権利)が守られる,守るように,きちんとした仕組みにしておかなくちゃならないし。

 それからね,今度の共謀罪なんちゅうこともあれだけれども。
 前から言ってるけれども,非常に犯罪の構成要件ちゅうのが曖昧なんだよ。
 だから,マスコミにも出てるでしょ。 何でもかんでも全部,これじゃ刑法罪になっちゃうじゃないかって。 非常に難しいんだよ,法律的に言うと。
 何の法律でもそうだけど,とくにこれは難しいんだ,犯罪構成要件が。 非常に抽象的な曖昧なものになる。
 だから,何でもいいちゅうことになっちゃう。 為政者の思うがままになっちゃう。
 そういう法律では,本当の意味の緊急事態法としての機能を外れた運営の仕方されることになりますから,そういうのを軽々として作るべきではない。

TBS ; 現状で,代表が時代にそぐわなくなっていて改正していくべきではないかと思われるところは?

小沢 一郎 代表
 それは,なんぼでもあるんじゃないの。 憲法逐条読むと,なんぼでもあるよ。 いちばん大きいことは,国会,衆参両院のあり方をどうすっかと。 大改正だよ。(それ)に始まって,なんぼでもある。
 そこは,ありますよ。 だけど,それは飽くまでも憲法の理念と4原則 (基本的人権・国民主権・平和主義・国際協調) に抵触しない,そして国民にとって利益をもたらす改正でなくちゃいけない。 

TBS ; 市民連合と4野党の合意で,安倍政権下での憲法改正には...

小沢 一郎 代表
 あとでいくらでも聞かしてやるから,聞きに来なさい。 

読売新聞 ; 小沢代表に。 次の衆院選がいつになるかまだ分かりませんが,小沢代表はかねて野党共闘の必要性を訴えていらっしゃる。 一方で,自由党の党勢を拡大するうえで,どんな戦略を描かれているのか。 また,次の衆院選に当選すれば,小沢代表は議員生活50年を迎えることになる。 所感を。

小沢 一郎 代表
 まず最初に,私個人のことは関係ありません。 どうでもいいです。
 それから,選挙については,自由党の党勢拡張ということを言っておりますけれども,それじゃダメだと言ってるわけで,今。

 民進だ,自由だ,社民だ,いや何だかんだと言ってたんでは,フランス流に言えばこの極右の政権をひっくり返すことはできないつってるんだよ。
 だから,そうでない各党,各政治家が団結して,これに対抗しろ,と。
 だから今の現時点においては,皆で団結して対抗し,政権を獲得する,ということしか考えておりません。 

岩手日報 ; 小沢代表に。 岩手県・達増知事は4月30日で就任から10年の節目になる。 知事のこの間の評価と,併せて国政復帰の可能性について。 知事は会見などで,岩手の国政に関する人材は豊富なので転身する必要性は感じないなどと仰っているが,小沢代表としては,4選目に出たほうがいいのか,あるいは国政復帰して活躍してほしいのかを。 

小沢 一郎 代表
 10年目といっても,3年の1年半か? 今。 3期目のね。 ですからまだ2年半以上の任期ありますから,そのあとのことは,知事が言っているその心境のとおりじゃないかな。 基本的に,知事の意向によって決める話ですから。
 それから,知事は非常に,とくに震災以降,良くやっていると思います。 他県を引き合いに出しちゃいけませんけれども,他の県よりもはるかに地域住民の復興,福祉の増進のために,彼 一生懸命やっていると思いますよ。
 だからけっきょく,自民党を別にして,各党全部,知事与党になってるんだよ。 それは各党,県民が認めてることじゃないかなと思います。

フリーランス・田中 ; 両代表に。 先週の 「キノコ採りが対象」 など序の口で,日増しに共謀罪の審議で,すごいことが起こっている。 支離滅裂と言うか,これはもう政治じゃないという状況になっている。 どうお考えでしょうか。 とくに自民党側の対応について。

小沢 一郎 代表
 政府・自民党はもう数で押しきろうっちゅうことでしょうが。 うん。 そんなことは分かりきってるんだから。 それに対して野党が,国民にしっかりした自分たちの考えと姿勢をアッピールできるように,断固として反対なら反対ということで,野党は国会闘争を進めるべきだと思います。 

山本 太郎 代表
 もうムチャクチャな話ですから。 起きていない犯罪。 起きてない犯罪を取り締まれるという,デタラメみたいな話ですよね。 言いがかりでもいける可能性が出てくるかもしれない。
 もちろん,その相談する,共謀するという時点において取り締まる法律というのは,すでにあって,凶悪犯罪であったりとか,テロに係るようなものに関しては,予備も陰謀も,いろんな罪っていうのが,もうすでにルールとして存在しているわけですから,改めてそれを 「テロ等準備罪」 として準備する必要がない。 もしもそれが必要なのであれば,今ある共謀罪,今ある陰謀罪,今ある予備罪,今ある準備罪というものに対して改正をするとか,付け加えていくということをやられるべきで,根本的に話がおかしいということだと思います。

フリーランス・田中 ; 野党議員,法律家などは,これはもう安倍独裁の最後の仕上げだと言われているが,どうお考えでしょうか。

小沢 一郎 代表
 憲法改正まで,やろうつってるんじゃないの,本人は。

フリーランス・田中 ; でもこれやったら,憲法改正の反対も何も,封じられる。

小沢 一郎 代表
 今でも封じられてるじゃないかな。 それに屈してるんじゃないの,皆。 うん。 情けない状況だわね。 頑張ってください。 私らも頑張りますから。

山本 太郎 代表
 もう,ほとんど欲しいものは揃えてると思いますね。 自分が欲しがったものは,ほとんど手に入れてる状態ですよね。 特定秘密もそうだし,安保もそうだし。 そう考えれば,この共謀罪ってのは絶対に外せないアイテム,ですよね。 最後のいちばん大きなルールの改正に向かうためには。も う時間の問題というところにまで持ってこられてますから。 これはやっぱり皆が怒らなきゃいけない部分だと思うんですよね。 

朝日新聞 ; 小沢代表に。 天皇陛下の退位に関する特例法案の骨子案が近く各党に示されそうだ。 政府案では,女性宮家が入っていない,天皇に陛下を付ける,などあるが,改めて自由党の考え方を。 

小沢 一郎 代表
 それはペーパーにしてまとめてありますから,それを読んでください。
 我々としては,まず基本的に,一世一元の制度ちゅうのは,なぜ明治以降これを定めたかちゅうことです。
 それは永いながい千年,二千年の歴史のなかで,主に政治的要因から恣意的に天皇の退位,即位というのが行われてきた例がある。 そういうことは,よろしくないということで,そうしたわけです。そういう原則に定めたわけだ。
 これは近くには,イギリスの女王陛下は90歳。 しかし,国民からも政治家からもマスコミからも,退位すべきだという意見は出てない。
 それは,なぜか。今言ったように,恣意的に国王,君主を退位,即位というようなことをしてはいけないという基本を,またここでも皆,分かってるからです。
 というのが,我々の基本的な考え方です。

 ただ,これは安倍総理のたいへんな不忠,不敬の結果だと思いますが,天皇陛下がああいう会見をなさったという以上は,そのことについてやはりきちんと対応せざるを得ないだろうというふうに思っておりまして,その点について党として答えをまとめ衆参両院議長のときにも我が党の代表の幹事長が,その意見を我々は,この特例法には賛成できないという意見を申しあげたとおりであります。  

青木 愛 副代表
 それでは時間となりましたので,最後の質問とさせてください。

北海道新聞 ; 小沢代表に。 政府が近々出す予定の退位に関する法案は特例法で,自由党がまさに仰った考え方とはまったく異なるものになりそうです。 これに対して反対と仰っているわけですが,国会の採決においてどういう態度を採られるかを。 

小沢 一郎 代表
 そのときに考えて行動しますので,それを見てください。 今から申しあげる必要性は,ない。

共同通信 ; 小沢代表に。 本日,政府が米軍・普天間飛行場の移設先の辺野古の護岸工事に着手したが,沖縄県との対立があるなかで工事に踏みきった政府の対応について。

小沢 一郎 代表
 これも私もずっと前から言ってますとおり,あすこに,海を埋め立ててヘリポートを造る必要性はない。
 多分,アメリカでも海兵隊以外は,アメリカの政治家ならば,こんな地元民の反発を買って強行するのはプラスがない,マイナスだというふうに思ってる人が,多分多いだろうと思います。
 なぜか日本政府が,ずっとこれをただひたすら造るんだ,造るんだと言ってきて,今もそれを強行しようとしているちゅうことは,非常に遺憾に思います。 アメリカときちんと話すべきだと思います。

 これ皆そうだけど,軍部も官僚なんだよ。
 だから,自分の管轄を増やそう,増やそう,予算を増やそうということは,同じなんだよ,皆,どこの官僚も。
 ですから,海兵隊の軍部としては基地が欲しいというのは言うと思うし,アメリカのほうも,それに対して,軍部に対して強硬にダメだとは言いきれないちゅう思いもあるだろうと思う。
 だけども,今のアメリカの軍事戦略から見れば,あすこに海兵隊を駐留させてる意味は,もうない。
 いわば何かの有事の際の司令塔や,その他の情報収集や警戒や,そういう機能は必要なことは当たり前だけれども,海兵隊の実戦部隊はすでにもうグァムに行っちゃってるんだ,皆。
 そうでしょ。 それは分かってるだろ,君らも。 うん。
 ということは,アメリカの軍事戦略が今までと違って,実戦部隊は後方に,あるいは本土に置いといていいと。 いざというときに緊急行動ができりゃあいいということだと思ってますんで。

 アメリカ政府ときちんと話せばいいと思います。
 ましてやあそこは,聞くところによると,白いジュゴンの北限の棲みかっちゅうじゃない。
 こういうところにアメリカ自身が海岸をね 埋め立ててね,軍事基地を造るちゅうことはね,アメリカ国内だったらやらないんじゃないかね。 うん。 きちっと言うべきだろうと思います。 

青木 愛 副代表
 それではこれで会見を終わらせていただきます。 ありがとうございました。<小沢代表・退出>

THE PRESS JAPAN ; 一問だけお願いします。 共謀罪について.共同通信の世論調査で賛成がゼロ点何%だけ,反対を上回っている。 

山本 太郎 代表
 それは,看板付け替えたのがいちばん効いてますね。 「テロ等準備罪」と。 一回,共謀罪をそういう名前に変わったというね。 結局蓋を開けたら,テロという文言はなかったということで揉めたじゃないですか。
 その最初のテロ,オリンピックを開くためにはこの法案が必要だということでちょっと大々的に宣伝されたってことが,かなり効いてる思いますね。
 これがなきゃあテロを防げないという 勘違い。
 もちろん 「キノコ・テロ」 は防げないかもしれないですね。 保安林に入って,キノコや山菜を摘む人は,これでちょっと減るかもしれないですけれどもね。 ははは <笑>

THE PRESS JAPAN ; それを上手くたとえば反対に持っていくという方法論はあると思いますか。

山本 太郎 代表
 方法論...これね,国会内ではほぼ厳しいと思ったほうがいいと思います。 結局,時間がくれば,衆議院から送られてくる。 で,衆議院の人たちが委員会室に入れないとかっていう行動ができれば,またやり方は変わると思いますけど,でも多分そこまではしないだろうから,おそらく参議院には送られてくることになると思うんですよね。 そうなったとしたら,もう,お尻は決まるってことです,要は。 法案とおることは。 それを防ぐと言うか...にはやっぱり,世の中が怒るしかないという方法なんですよ。 それ以外にない。

THE PRESS JAPAN ; ネットのなかでは,審議拒否したほうがいいんじゃないかという意見があるが。

山本 太郎 代表
 審議拒否してもね,審議は進むんですよ。 要は野党のほうが数が少ないから。 野党と言っても,維新は野党に入れてませんよ。 結局,維新は向こうに賛成するだろうし。 ってことになると,人数少ないなかで委員会が進むという話なんです。 そのまま無視して,ずっと進めることができるんですよ。
 たとえばそれに対して,衆議院,参議院,全体が,じゃあ他ももう動かさないという態度で,全部野党抜きで,維新以外の野党が動かないということになれば,おかしな動きになってるってことでマスコミが扱うかもしれないですよね。 そこまでの闘いをすれば,ちょっと報道される内容は変わってくるかもしれない,というのはあるかもしれないけど。 でも,そこまでの徹底抗戦というのは,されないだろうなと思いますね。 はっきり言って。
 だから審議拒否をしてもあまり影響がないということです。 委員会をまわせるから。
 要は,人数が少な過ぎると委員会は開催できないけれども,今のままじゃあ普通に,ちょっと椅子空いてるけど委員会やりますっていうことになる。
 だから審議拒否,本当に大胆な審議拒否を,国会全体でやっていくんだと,衆議院でも参議院でも。 ということになっていけば,話は変わるかもしれないけど,そこまでのことは期待できない。
 理事会とか,委員会とかいうところに,理事を入れない,委員を入れないというような行動をしない限りは,絶対もう数で決まっちゃうから。 今のパワー・バランスじゃ抗いようがないです。 そこまでの国会内での攻防をしなきゃ,止めようがないです。

THE PRESS JAPAN ;今日の参考人招致,ご覧になっていましたか。

山本 太郎 代表
 いや,いや,いや。 委員会だったので。

THE PRESS JAPAN ; ではあとで録画見てください。 私も見てないですが,小林よしのりさんが参考人だった。 次回のときにまた感想なりお伺いしたい。 よろしくお願いします。 ありがとうございました。 

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.seikatsu1.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小沢一郎「辺野古にヘリポートを造る必要性はない」「皆で団結して対抗し政権を獲得する」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる