銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎「今の政府のやり方は,すべて姑息で,よろしくない」

<<   作成日時 : 2017/03/15 14:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年03月14日(火)
定例記者会見 自 由 党


小沢 一郎 代表

天皇の退位と皇室典範
✑ 皇室典範に附則を付けるという,そんな姑息な方法とるのかね。今の政府のすべてのやり方がそうだが,もっと正面から正々堂々とやるべきで,非常に姑息なやり方はよろしくない
✑ 附則を付けることは,改正するということで,皇室典範をいじるっちゅうことじゃないの。 そんじゃ,やっぱり正面からやらざるを得ない。 皇室典範の改正をすればいいんじゃないですかね。 一時的な特例法には,賛意を表することはできない


森友学園の理事長との関係について二転三転する国会答弁でも,稲田防衛大臣は辞任しない
✑ 安倍政権の特徴でしょうね。 何をやっても,何しても,国民や野党の意見に耳を貸す必要はないということでしょう
✑ 国務大臣が,国会の委員会の場で,本人が忘れていたはずはないのに,意図的に当初は 「NO ,NO」 と言っていた
✑ 私どもとしてはこれを徹底的に追及して責任を取らせるというだけの力がない点は,残念に思っておりますけれども,そういうことをやって許される今の国会の現状,政治の現状を非常に憂慮しています


総選挙・野党共闘
✑ まず野党が一体となることが第一で,前提。 その中から,当然候補者が絞られてくる。 そういうことが順序だろ
✑ 小選挙区の候補者を1人に絞らないより 1人にしたほうがいいけれども,それだけでは自民党に勝てない。 もう一歩進めて,ほんとうに一体となった形で選挙戦をやんないと政権獲るまでには遠く遠く及ばないね
✑ 市民の皆さんの熱意も,,統一候補ってことで一生懸命頑張ってる人おられるのも,十分承知ですけれど,それを,もう一歩進めてもらいたい


民進党
✑ 自分たちの政策をしっかりと実現したいと思うなら政権を獲る以外ない。 野党第一党として,政権を獲る,総選挙に勝つという目的意識をはっきり持って,執念を持って,戦いに臨むことを頑張ってもらいたい

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ

https://www.youtube.com/watch?v=2nkK6c9PYFs
20:10

【 会 見 】
小沢 一郎 代表

 30分以上遅れまして,たいへん失礼しました。
 実は,明日,議長から天皇陛下の退位の件に関することが各党に案として示されるというお話があったもんですから,私どもとしてこの問題について,どう取り組むか改めて皆の意見で議論をしてきたところでございます。
 先般2月14日(定例共同記者会見)で,自由党としての見解を皆さまに申しあげたと思います。
 大前提は,一世一元の,この制度を基本とすべきである。
 英国においてもエリザベス女王は90歳において,なお王位について執務しておられると。国民からも政界からも退位の話は全く出ていない。
 それはまさに一世一元の基本を,皆がよく分かっておるからだというふうに思いますが,しかし,天皇陛下の国民に対するお言葉があったので,これにやはり対応しなくてはいけない。
 そのためには,いっときの特例法というものではなくて,皇室典範の改正によるべきである。
 そして,さらに皇室典範については,今後の天皇制の安泰を図っていくためにも,女性の宮家を創設すべきである。
 そういうことを含めた基本的な論議を早急に進めるべきだ。
 3人の宮様はすでに大きくなっておられますんで,これは,悠長にしておる問題ではない。
 という認識で,党の見解を発表したと思います。

 そこで,明日,議長から案が示されてみなければ何とも言いようがありませんけれども,幹事長が議長から案を受け取る。そして,その場で幹事長からそれについて申しあげる。 意見を申しあげるちゅうことになると思いますけれども,もちろん我々の主張,そして野党各党も,やはり,やるならば皇室典範の改正ということを当初主張しておったはずでございますので,我々としてはその考え方に基づいて,議長の案を見させていただくことになると思います。
 したがって今日の時点では言えませんが,もし議長の案が一時的な特例法という形であるとするならば,我々としてはそれに賛意を表することはできない。
 まあ,明日になってみなけりゃ分かりませんけれども,基本的な考え方は変わらないということを,今日全員で確認したということでありまして,その意見交換議論で少し長くなりましたので,たいへん失礼しました。以上です。

【 記 者 質 疑 】
フリーランス記者ホッタ
 ; 天皇陛下が退位して一般的には皇太子殿下が天皇になるが,もしも,この前例というものができた場合,権威に対して権力がこれを利用すると。一代限りではなくて,悪しき前例が作られるといった意見はありませんでしたか。


小沢 一郎 代表
 もちろん,ありました。
 しかし,まだ案が示されてないので,断定的なことを今日の段階で申しあげるわけにはいきません。
 明日,議長から案が示され,また17日かな...各党集めてやるそうですけれども。具体的に案が提示された段階で,また今日の議論等については詳しく申しあげます。

日経新聞 ; 文科省が出している 「新しい学習指導要領案」 で,中学校の教科書から聖徳太子という文字が消えて,「厩戸王 カッコ 聖徳太子 カッコトジ」 になるが,偉大な政治家として知られる聖徳太子の文字が消えることに何か受けとめがありましたら。

小沢 一郎 代表
 何で,そんなことしたの?

日経新聞 ; 厩戸王(うまやどのおう) が,風土記とか日本書紀に書いてある正式な名称で。

小沢 一郎 代表
 そう,そう。

日経新聞 ; 聖徳太子は死後の名称なので,学術的に整合性を取るために厩戸王にしたそうです。

小沢 一郎 代表
 学術的に正確を期して,そのようにしたっちゅうの? はああ。文部省が?

日経新聞 ; 学者たちが集まった審議会の答申を受けて,文科省がそうした。

小沢 一郎 代表
 はああ,それは,安倍晋三総理に聞いたのかな,ちゃんと。 お伺い立てたかな。はははは <笑>
 別に,そのことについてとやかくの意見はありません。
 国民も,厩戸王,皇子(みこ)と言うよりも 聖徳太子のほうが,皆分かってる名前だと思いますので。 私もそのように思っております。

日経新聞 ; 聖徳太子は10人の話を一度に聞けたそうだが,そういった政治家の先生たちは,今いらっしゃるのでしょうか。

小沢 一郎 代表
 ああ,なかなか,いないね。 10人いっぺんに聞けるっていうのはねえ。<笑って> 君は何人ぐらい聞ける? はは,1人か。 ははは。 とても,とても。 その逸話であろうけれども,非常に聡明な方だったということなんだろうね。

NHK ; 天皇の退位の件で,今,野党の議論としては,皇室典範の附則に特別法の根拠規定を設けて,特別法のほうに天皇陛下が退位したあとの地位,呼称を盛り込むことなどで,実質,先例とするという案で,民進党などは当初,皇室典範改正を主張していたが,合意の方向にまとまりそうな流れだ。
 もともとの主張に沿った形で特例法として一代限りの特例法ではなくて,紐付け等で根拠を置くという形でも,自由党としては反対されるのか。


小沢 一郎 代表
 何で,そんな姑息な方法,取るのかね。
 附則を付けるったって,改正じゃないの。 それ,皇室典範いじるっちゅうことじゃないの。
 そんじゃ,やっぱり正面からやらざるを得ない状況だけれども,今 皇室典範の改正をすればいいんじゃないですかね。

 非常に,今の政府のすべてのやり方がそうだけど,もっと正面から正々堂々とやるべきで,姑息なやり方はよろしくない。 そう思います。

朝日新聞 ; 稲田防衛大臣の森友学園の理事長との関係についての国会答弁が,二転三転して,今日,参議院の予算委員会でこれまでの発言を訂正して謝罪した。 辞任はしないそうだが,稲田大臣のこの間の姿勢や,職にとどまるという考え方について。

小沢 一郎 代表
 それも安倍政権の特徴でしょうね。
 何をやっても,何しても,国民や野党の意見に耳を貸す必要はない,ということでしょう。
 私どもとしては,これを徹底的に追及して責任を取らせるというだけの力がありませんので,その点,残念ですけれども。 残念に,私どもは思っておりますけれども。
 こういった いい加減な,しかも本人が忘れていたはずは,ないんですね。
 ですから,意図的に,当初は 「NO ,NO」 と言ってたわけでしょ。
 国務大臣が,国会の委員会の場で,そういうことをやって,許されるっちゅうことは,非常に今の国会の現状,政治の現状に,憂慮しております。

フリーランス記者ホッタ ; 昨日(13日)野党4党が,衆議院の東京25選挙区の野党共闘,統一候補を作るという趣の会合があり,ミニコミも含めて400人ぐらいが参加した。 衆議院第一議員会館の大会議室だけで足りず,小川敏男議員が参議院の講堂を取って中継をしたが,それは,全然,今日の新聞にも報道されないし,テレビも全然取材に来なかった。 私とIWJなんかは行っていた。 はっきり言って張り切っていたのは小池晃さんだけ。

小沢 一郎 代表
 共産党の(小池さん)。 はあ,はあ。

フリーランス記者ホッタ ; はい。 山本太郎さんも参議院の予算委員会があったんで来れなかった。 自由党からは渡辺浩一郎さんと,東京1区の野沢哲夫さんが来た。 1人に決めるというのは,どれぐらい熱を帯びてやっているかを。

小沢 一郎 代表
 この点については,前から言ってるとおり,1人に絞らないより1人にしたほうがいいけれども,それだけでは自民党に勝てないということを僕は言ってるんですよ。
 だからまあ,他のメディアもね,こんなんじゃ勝てないよと思ったから,来なかったんじゃないですか。
 だから,もう一歩進めて,ほんとうに一体となった形で選挙戦をやんないと,1人に絞らないよりは絞ったほうがいいけれども,政権獲るまでには遠く遠く及ばないね。
 それで,1人に絞るのも,4つの政党がそれぞれ候補者を擁立して選挙戦に臨むということになりゃ,1人に絞ることさえも容易じゃないね。
 そりゃ各党だって自分たちの勢力を1人でも増やそうと思えば,やっぱ当選する しないを別にして候補者立てるっちゅうことになっちゃうからね。
 だからそれじゃあ逆だって,僕は言ってんですよ。
 まず一体となることが第一。 前提。 そして,その中から,当然候補者が絞られてくる。 そういうことが,順序だろうと思います。
 市民の皆さんの熱意も良く分かるし,それぞれ一生懸命,統一候補ってことで頑張ってる人おられるのは十分承知ですけれども,それを,もう一歩進めてもらいたいなあと,僕としては,いつも,あの人たちにも言ってます。

日経新聞 ; 小池百合子都知事の都民ファーストが,公明党と連携することに加えて,小池都知事は国政の勉強会も立ち上げる意向を示しているが,こうした動きをどうご覧になっているか。

小沢 一郎 代表
 まあ,彼女が突然都知事に打って出て圧倒的な勝利を収め,こんにち少なくても東京都でもたいへんな大きな支持を得ているという事実がありますので,彼女のことだから国政を何らかの形で頭の中に入れてやっていくということは,私としては,多分そうだろうなあと,そう思います。 ただ,それがどういう形で,どういうふうに上手くいくかは分かりません。

日経新聞 ; 都議会・公明党と小池都知事の率いる都民ファーストが連携することが,解散総選挙に与える影響はいかがと思われるか。

小沢 一郎 代表
 それはだから今度は小池知事が少なくても東京で25(選挙区)全部立てるのか,あるいは幾つ立てるのかは知りませんが,衆議院にも,次の総選挙にも立ててくるということになると,多分,今の現状での評価で言えば,かなり当選するね。 そう思います。 そういう意味で,影響することは間違いない。
 ただ,総選挙がいつなのか分かんないから。 1年先,任期満了で,それでそこまで人気が続くかどうか,それは分からない。 現状では,そうだ。

日経新聞 ; 公明党側は都議選に小池都知事の影響が及ぶことを恐れて,ダブル選挙があるんじゃないかということも囁かれていた。 手を結べなかったときに都議選で小池百合子さんに票が奪われてしまうことを懸念して,手を結ぶ前に,都議選と衆院解散総選挙のダブル選挙があるんじゃないかと囁かれていた。
 今回,小池都知事が公明党と組めるとなったということは解散がなくなったという見方ができるのか。


小沢 一郎 代表
 解散って,この近々のだろ。 うーん,それは,公明と小池両氏が手を組んだからなくなったのかどうかは,分からないけれども。 公明・学会としては,都議選と衆院選のダブルちゅうことは考えてないんじゃないか,最初っから。

日経新聞 ; 民進党について。 原発ゼロ政策とか他のいろんな決定の手続きにおいて,党内での不満が噴出したり,そういった手続き論にこだわって分かりやすい政策が打ち出せない。 民進党は野党ボケしているんじゃないかという批判があるが,どう思われるかを。

小沢 一郎 代表
 与党ボケ? 野党ボケ? どっちつったの?

日経新聞 ; 与党ボケという批判もあるし,野党ボケという批判もある。

小沢 一郎 代表
 両方か。あっはっは <笑>
 要するに,どっちにしろボケてたんじゃ政権は獲れないから。
 何としても自分たちの政策をしっかりと実現したいと思うならば,政権を獲る以外ないんで。
 政権を獲る,総選挙に勝つ,と。もう少し,そういう目的意識をはっきり持って,執念を持って,戦いに臨むということを(野党)第一党として頑張ってもらいたいと思いますね。

◇ 参 考
自 由 党
http://www.seikatsu1.jp/

http://www.seikatsu1.jp/wp-content/uploads/20170220.pdf
天皇の退位等についての考え方
自由党

平成29年2月20日

◇ 関 連
http://4472752.at.webry.info/201702/article_8.html
小沢一郎「反対派も賛成派も両方とも,PKOの本質についての認識がない」
作成日時 : 2017/02/16 13:41


2017年 02月 14日(火)
定例共同記者会見 自 由 党

天皇の退位
✑ 天皇陛下の意思はかなり前から,政府のほうに内々伝えられたと聞いています。 ですからこれは,総理大臣の不見識と怠慢です。 天皇陛下に,こんなこと言わしちゃいかんのだよ。 天皇陛下は日本国のシンボルであって,その方に発言させるという状況を作ること自体が,政府,総理大臣のたいへんな不敬に当たる

 この一世一元というのは,明治以前の永いながい皇室の歴史のなかで,天皇の退位,それから即位,これが政治的な権力によっていろいろと左右されて,それを利用されることによって,またさらに混乱が大きくなってきたという,いろんな歴史上のこともあると。 だからこれはもう,天皇陛下がご健在である限りやってもらうということに決めたわけですよ。
 たとえばエリザベス女王は90歳になりますが,先に在位65年の祝いもやって,国民も皆,元気な限りやってほしいということになって,元気なうちに退位するというやり方は,よろしくないということも,すでに国民的なレヴェルに英国では達しているわけですね。
 何となくね,もう疲れてお歳になったからお辞めになっても良いんじゃないですか,みたいなね,メディアが全部そうだし,政府与党も全部そうだから,そういうふうに国民も思うんでしょうけれども,そこはもう少しね,ちょっと大事なことなので考えなくちゃいけないだろうということが前段だわね。
 だけど,天皇陛下がああやって国民に対してお話なさってしまったわけですから,それはその気持ちを踏まえて対処しなけりゃならないということです。
 私から言わせると,天皇陛下の意思はかなり前から,内々伝えられたと聞いています,政府筋に,政府のほうに。
 ですからこれは,総理大臣の怠慢ですね。 不見識と怠慢。 不忠の臣だわね。
 天皇陛下に,こんなこと言わしちゃいかんのだよ。
 大事な...大事なちゅうのは,天皇個人にとって大事じゃなくて,天皇制と日本にとって大事な問題なんだね。
 (天皇陛下は)シンボルだから,日本の。 その方にね,発言させるというような状況を作るちゅうこと自体が,政府,総理大臣のたいへんな不敬に当たるね,これはもう。 本来なら不敬罪で訴追しなきゃいかんね。 そういうくらいの問題だと思いますね。
 だからそういうことを意味していると同時に,最後は,たとえば今,皇太子が天皇陛下になるでしょ。 次の皇位継承者は,秋篠宮になっちゃうんだよね。 今の男系,男系ばかり言やあ。 次は秋篠宮の息子(悠仁 ひさひと)でしょ。 そうすっと,男系はそこだけになっちゃうわけだな。
 小林よしのりさんの話聞いたんだけど,今の愛子さんか,女性を皇太子にして天皇陛下,女性天皇を作るべきだという議論だけど,それは秋篠宮家に男子が生まれた以上,もう無理だよね,そういうこと。 だから,秋篠宮家の公子に第三位の継承権ということに...第二位か。 皇太子が天皇陛下になればね。 そこで,そんな重責を。 最後の一人なわけだからね。 重責を担ってね。 必ず男産まなきゃならないって,嫁さん来るかっちゅうのよ。 あるいは来る人いたとしても,男ができるかどうかってのは分かんないでしょうが。
 そんなことでね,この二千年の皇室が途絶えてはいかん,ということなんだな。  
 それと同時に,女性がなぜわるいと。 かつても,あったと。 何しろ皇室の先祖は,いちばん偉い神様は天照大御神。 女なんだから。 日本は女性の国なんだよ,そもそも。 それで何で女性がだめだっての。 これはね,江戸時代の儒教の武士階級のあれがね,明治にも家族制度や何かでしみ込んでるんだな。 だけど江戸時代でさえ,町人では,優秀な者を娘の亭主にして後を継がせてずっと来てるっちゅうのはもう皆知ってることなんだ。
 そういう意味でね,僕は,今 「愛子さんを」 つったって多分,政府は全然だめだし,すぐまあ女性天皇つったって,なかなか国民的な理解が進むかどうかも分からないし,いずれにしろ,そのためにはまず,女性天皇の前に,女性の宮家を認めろと。 今,愛子さんと,何子さんだ? (眞子。佳子) 秋篠宮のところに2人。全部で3人いるわけだ。 そろそろお婿さん貰わにゃならない。 だから早くその前に宮家を作って。 そうすれば皇統が絶えることはないと。 それで,女性が皇位継承して何わるい,ということにもなる。
 現にね,元明天皇と元正天皇ちゅう,43代,44代の天皇のあいだでは,女帝の娘がまた女帝になった。 そういう例もある。 大概は未亡人だけどね。 推古天皇,持統天皇,皆,未亡人だけども。 43代,44代の元明天皇と元正天皇のときには,親も女帝,そして娘を継いで女帝になった。 そういう例もあるわけだ。
 だいたいまあ,女性の国だから,日本は。 だから,女帝を認めていけないちゅうことはね,男が自信ないから,そういうことになるんじゃないかな。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小沢一郎「今の政府のやり方は,すべて姑息で,よろしくない」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる